タイ南部料理ロティとマタバが絶品♪プーケットオールドタウンのArun restaurantアルーンレストラン

最近のお気に入り、マレー系のタイ南部料理が楽しめる人気店「Arun restaurantアルーンレストラン)」♪
プーケットオールドタウンのメインストリートに店舗を構え、いつもたくさんのお客さんで賑わっている。

店内はけっこう古びていて、いかにもローカルタイ人向けといった雰囲気。
でもさまざまなガイドブックやネットで紹介されているせいか、店員さんが外国人の対応に慣れていて、わりと入りやすい。

英語が併記されたメニューには、ロティカオモックガイなど、タイ南部の名物料理がずらりと並ぶ。
他のレストランではあまり見たことがない、「マタバ・ガイ」「カオ・ヤム・パッタニー」という料理がこのお店の名物らしい。

「マタバ・ガイ」は、カレー風味に味付けされた鶏肉や野菜などの具を、ロッティの生地と一緒に焼いたオムレツ(お好み焼き?)のようなもの。

マタバ

とても優しい味付けで、ケチャップが欲しいような、いやそんなの無くても美味しく食べられるような、絶妙な塩味加減。
特別インパクトのある味ではないのに、一度食べたらなぜか忘れられない。また食べたくなる。そして何度も通ってしまう。この店で一番のお気に入りメニュー。

2番目のお気に入りのメニューは、プレーンロティとカレー

ロティ
ロティとは、マレー半島でよく食べられている、小麦粉や卵などの生地をたっぷりの油で焼いたシンプルな料理。
表面はサクッとしていながらもっちりとした絶妙な焼き具合のロティを、ピリ辛のイエローカレーにつけて食べる。
カレーの辛さもほどよく、最高〜〜♪♪
上記のマタバが若干味が薄い気がするので、カレーとマタバを一緒に食べても美味しい。

ちなみにこのお店のもうひとつの名物「カオ・ヤム・パッタニー」は、ヘルシーなタイ風混ぜごはん。
ハーブがたっぷりで少々くせがある味だけど、こちらもとても美味しいと思う。
「パッタニー」ってなんだろ?地名? カオ・ヤムは混ぜご飯っていう意味だけど……

このレストランの一番うれしいところは、なんといっても値段が安いこと。
今日はプレーンロッティ + チキンのカレー + マタバ + レモンティーと一人でたらふく食べて、合計95バーツ!
どのメニューも大体1品20〜40バーツ程度なので、安い予算で美味しい料理がたくさん食べれてしまう〜♪

お店の場所はプーケットオールドタウンの、タランロード(Thalang Rd)。
シリキット王妃公園側の交差点から数十メートルほどのところにある。
数軒隣に別のロティ屋さんがあって紛らわしいので注意。そのお店も、まあまあかなと思うけど。

あ、昼間だけの営業で夜はやっていないのでご注意を!


 

付近の地図(※アルーンレストランのすぐ近くのカフェがピンされてます)

プーケットでしか買えない、プーケットご当地おみやげいろいろ【タイ・プーケット】

プーケットのおみやげ

最近プーケットでは、「PHUKET(プーケット)」と書かれたTシャツ、バッグ、ポーチなどの”プーケットご当地グッズ”が増えてきた気がする。
数年前までは、プーケットで売られているみやげ物といえば「THAILAND(タイランド)」とか「BANGKOK(バンコク)」の文字が入っていたりして、バンコクで売られているのと同じものばかりだったのに。

下の写真は、先日日本に一時帰国したときに買い集めたおみやげたち。
手作り感のある素朴なものが多くて、高級感はないけれども個性があって可愛らしい。
プーケットオールドタウンの街並みや、ビーチをモチーフにしたデザインが多い。

プーケットのおみやげ

だけどこういうプーケットグッズを取り扱っている店は、案外限られている。
空港やデパート内のおみやげ屋さんの商品は、今もほとんどがバンコクでも売っているのとまったく同じ大量生産品ばかり。
「PHUKET」の文字が入っている商品はほとんど無いし、あっても古くさいキーホルダーだとかあまり可愛くないものが多い。

こういうプーケットグッズがどこで売られているかというと、確実に見つかるのはプーケットオールドタウン周辺。
この周辺にあるおみやげ屋さんや、日曜日に開催されるプーケットウォーキングストリートに行けば、必ず見つかる。
ウィークエンドマーケットでもチラホラ見かけるけど、オールドタウン周辺と比べると少ないかも。

プーケットウォーキングストリートの詳細はこちら

そして、私の最近のお気に入りプーケットみやげは、カラフルな家の形をした外箱がとっても可愛いこちら↓。
中身はタイ南部名物のお菓子、クッキー、カシューナッツなど、何種類かある。

プーケットのおみやげ

この箱のデザインのモデルになっているのは、プーケットのオールドタウン周辺で見られる、シノ・ポルトガルスタイルという独特の建築様式の建物。
中身もパッケージもプーケットらしさ満点だし、写真左の缶タイプの方は食べ終わった後も小物入れとして使えるのが嬉しい♪

この商品は、プーケットオールドタウンのタラン通りにあるおみやげ屋さんと、この商品を作っている「ポーンティップ(Pornthip)」の専門ショップで買うことができる。

ポーンティップ(Pornthip)の詳細はこちらのページで。
Pornthip Facebook
Pornthip地図と詳細

タイの場合、食べ物系のおみやげはバリエーションが少ないから、こういうおみやげがもっともっと増えるといいなー。

スープが絶品!プーケットタウンのスープ&おかゆの専門店ゴーベン(Ko benz)【タイ・プーケット】

カオトム

クイッティオ(タイ風ラーメン)から麺だけを抜いたような、具だくさんのスープ料理のことをガオラオと呼ぶ。
プーケットタウンオールドタウンの近くに、このガオラオとカオトムタイ風おかゆ)の人気店があると聞いて、行ってみた♪

このお店を教えてくれたのは、先日プーケットに遊びにきてくれた日本人の友人たち (*´ω`*)
彼女たちはプーケットに何度か遊びに来ていて、私以外のローカルの知り合いがいるので、私がまだ知らないお店もたくさん知っている。

お店の名前は、ゴーベン(タイ語表記はโกเบ๊นช์)。
私の家から徒歩10分ぐらいの場所にあり、日頃からバイクでしょっちゅうお店の前を通ってるんだけど、いつ見てもお客さんがいっぱいで、たまに並んでいる人もいたりする。
何のお店かなーとずっと気になってはいたんだけど、ローカルの家族連れや友だち連れが多く、ひとりでは何となく入りづらい雰囲気だったので今まで行く機会がなかった。

友人たちに教えてもらって、そのお店がかなりの有名店だったことをはじめて知る。
あとで調べたら、私がずいぶん前に買ったプーケットのガイドブック(タイ人向けのタイ語のガイドブック)にも載ってた!
なんで今まで気が付かなかったんだ〜〜

お店の外観はこんな感じ。
タイではよくある、壁が無くて全体がオープンになった食堂スタイルのお店。

ゴーベン

とりあえず、壁に貼られていた人気メニューを何種類か注文して、4人メンバーでシェアすることに。
メニュー表に値段が書いてないし割り勘で払ったので正確な値段は分からないんだけど、ガイドブックによると1品45バーツ〜とのこと。

ゴーベン

注文したのは、カオトム(おかゆ)、ガオラオ(スープ)、クワイジャップ(麺料理)、そして豚の骨付き肉の煮込み。
クワイジャップは、タイ料理の麺類の種類のひとつで、平べったい麺がクルっと丸まっている。見た目はパスタの一種のようだけど米麺。

ゴーベン

写真にはうつってないけど、このあと追加でカオトム・ヘン汁なしおかゆ)とインスタント麺入のスープも追加注文。
汁なしおかゆは、盛りだくさんの具がのせられた白米に、別の器に入ったスープをかけて食べる。
お茶漬けのような食べ方で、最初から煮こまれた状態で出てくるカオトムとはまたひと味違った味わい。

いろいろ頼んだけど、どのメニューも基本は同じスープを使っているようだった。
コショウがぴりっと効いていて、あっさりめだけど深みがある豚ダシのスープ、どれを食べてもめちゃめちゃウマイ!!
いつ見ても満席になっているだけのことはあると思った。家から徒歩圏内だし、これからしょっちゅう通いそう〜。

特に私が気に入ったメニューは、クワイジャップと汁なしおかゆ♪♪
このお店のFacebookを見ると、「汁なしおかゆの店 ゴーベン」と書いてあるので、汁なしおかゆが一番人気のメニューなのかも。

このお店、営業時間が19時からなんと深夜の3時まで。
どのメニューも食欲がなくてもさらっと食べられる味とボリュームなので、プーケットタウンのバーで飲んだ後、小腹がすいたときの夜食に良さそうかも。

教えてくれたみんな、本当にありがとう!
短い間だったけど一緒に過ごせて楽しかったです。また会おうねー!


↓ゴーベン(Ko Benz、โกเบ๊นช์)の場所

プーケット・オールドタウンの風情ある週末ストリートマーケット【タイ・プーケット】

phuket old town

毎週日曜日の夕方4時頃から、プーケットタウンのタラン通りで、ストリートマーケット(ウォーキングストリート)が開催される。
タラン通りは、古い時代の建物が並ぶプーケット・オールドタウンの中心的ストリート。

私がプーケットに来た当初はこのマーケットは存在せず、ちょうど1年ぐらい前からおそらく観光客誘致の目的で開かれるようになった。
まだ新しいせいか、ガイドブックなどにもあまり載っておらず、観光客にはまだ知名度が低い様子。
でも毎週たくさんの人で大賑わい。

phuket old town

数百メートルほどの距離の区間が歩行者天国になって、たくさんの屋台や露店が並ぶ。
豚肉の串焼きやパッタイなどのタイの市場ではおなじみの軽食を取り扱う食べ物屋さんが多いけど、変わった食べ物を売るお店もチラホラ。

phuket old town

おー カブトガニまで!!
タイでしかみられない様々な食べ物がそろっているので、見ているだけでも楽しい。もちろん食べ歩けばもっと楽しいし、どれを食べてもたいてい美味しい♪

そのほか、手作りの雑貨を売っているお店やお土産屋さんなどもたくさん。
値段はパトンなどのビーチリゾート周辺のお店と比較すれば、格段に安い。
プーケットの名所の写真やイラストなどがプリントされたおみやげTシャツは、100バーツぐらいからある。

日が沈み暗くなってくると、シノ・ポルトガル様式(※)の古い建物がライトアップされて、幻想的な雰囲気になってくる。
(※中国、ポルトガルなどの影響を受けた古い時代のプーケット独特の建築様式)

phuket old town

唯一残念なところは、この通り沿いには古い時代の建物を改築したオシャレなカフェがたくさんあるんだけど、
そういったカフェが、マーケット開催中は軒並み休業になってしまうということ。
露店めぐりを楽しんだ後、そういったカフェでゆっくりお茶でもできたら最高なんだけどな〜。


オールドタウンinプーケット、夜のライトアップ

phuket old town

phuket old town

プーケットタウンの中心地にある、オールドタウン(旧市街地)。
100〜200年ほど前、プーケットは錫の採掘や貿易などで栄え、中国やヨーロッパなど様々な国から来た人々が住んでいた。
オールドタウンは、そんな古い時代のプーケットの面影を今も残すプーケットの観光名所。

夜になると、通り沿いの家々の窓がライトアップされる。
ライトの色は、時間の経過とともにブルーやグリーンなど、様々な色に変化する。
赤いライトに照らされた古いコロニアル調の町並みは、なんだか幻想的な雰囲気。


今、私は日本に3週間ほど一時帰国してます。
こちらにいる間は事情があって色々と忙しいので、ブログの更新はあまりできないかもしれません m(_ _)m
今月20日頃にまたプーケットに戻る予定です。