日本には明太子スパゲッティが、タイにはスパゲッティ・キーマオがある

明太子スパゲッティに和風キノコスパゲティ、納豆スパゲッティなど、日本には日本独自のパスタ料理が多い。
タイにも、実はこういったパスタ料理がけっこうある。
グリーンカレーのスパゲッティ、トムヤムクンのスープパスタ、アヒル肉の醤油煮込みパスタ、などなど。
ご飯に合うタイ料理は、パスタと一緒に食べても美味しい。

こういった料理の中でも特に代表格と思われるのが、「スパゲッティ・キーマオ」。
パスタ料理のメニューがあるお店なら、かなり高い確率で食べられるタイの定番スパゲッティ♪♪

スパゲッティキーマオ

タイには、パット・キーマオと呼ばれる麺料理がある。
バジルとたっぷりの唐辛子、ニンニク、ナンプラーなどで味付けした、具だくさんの焼きそばのようなもの。
この料理で使う麺をパスタに変えた料理が、スパゲッティ・キーマオ。

ちなみに上の写真はカニが入ったスペシャル版だけど、普通は残念ながらカニは入ってない。
たいてい、豚肉または鶏肉や、エビなどのシーフードがメインの具として入っている。

img2

バジルと唐辛子の風味が、パスタと本当によく合っていると思う。
メニューにこの料理を見つけたら、ついつい頼んでしまう大のお気に入りメニュー。

注意しないといけないのは、お店によってはハンパなく辛いときがあること
そもそもこれの元になっているパットキーマオっていうのが、激辛の焼きそば。
少し食べただけで汗が出てきて胃が熱くなるくらい辛いときがあるので、胃が弱い私が注文するときは、必ず「辛くしないで下さい」と言うことにしている。

タイって、普通のイタリア料理のパスタでも、めちゃくちゃ辛いときがある。
辛いものを避けるためにイタリンレストランに行き、普通のトマトソースパスタを頼んだら、激辛で最後まで食べられなかった、なんてこともしばしばあったりする。
タイでは、タイ料理以外のレストランでも油断できない(−_−;)

一番最近食べたスパゲッティ・キーマオは、プーケットの旧市街地にある「ディブーク・レストラン(Dibuk restaurant)」のもの。

img6

写真がイマイチであんまり美味しく見えないけど、かなり美味しかった!
辛さが、かなり辛いけど食べられないことはない、という絶妙な辛さでGood。
値段はたしか200バーツぐらい(約630円)。
他のお店と比べるとちょっと高いけど、ムール貝や大ぶりの海老などがたっぷり入っていて、むしろ200バーツで安いぐらいの満足感。

ディブーク・レストランは、旧市街地の古民家を改築したとっても素敵なフレンチ・レストラン。
以前に見たガイドブックで名前を覚えていたので、通りすがりにひとりでフラっと行ってみた。
お店に入ってみて分かったけど、ジーンズにTシャツの人が一人で行くべきではないお店だったよ、ここ…………( ノД`)

img4
img3

民家にもともとあったらしき中華風の祭壇や折衷的なインテリアなどをそのまま残した、古い時代のプーケット文化を思わせる内装。
素敵すぎる。

テーブルのセッティングやスタッフの対応もしっかりしていて、かなり本格的なフレンチレストラン。
高級店ではないのでドレスコードはなかったけど、一人でパスタだけ注文して食べるのはとても肩身が狭かった。
次は絶対、誰かとデートで来ようと心に誓う。
大きな海老のスパゲッティ・キーマオ、またいつか絶対食べたい!


Dibuk Restaurant(ディブーク・レストラン)

img5

年に1回のプーケット旧市街地のお祭り!プーケット・オールドタウン・フェスティバル【タイ・プーケット】

SONY DSC

もう3週間ほど前のことなんだけど、プーケットタウンの旧市街地(オールドタウン)で「プーケット・オールドタウン・フェスティバル」が開催された。
開催期間の2月7日〜9日間の3日間は、旧市街地の3つのストリートが全面歩行者天国に!

かつて錫やゴムの貿易港として栄えたプーケットのオールドタウンは数百年の歴史があり、特に中華系の移民を中心にして栄えた街。
そんなプーケットタウンの歴史や文化を満喫するというのが、このお祭りの目的らしい。

オールドタウンの歴史あるコロニアル風の建物が提灯でライトアップされ、たくさんの人々が行き交う様子はなんだか幻想的。

phuket oldtown festival

オールドタウンの中心「タラン通り」では、道路の真ん中に様々な屋台・夜店が並ぶ。

phuket oldtown festival

Tシャツなどの衣類も売ってたけど、前回行ったシャロン寺院のお祭りよりさらに安かった!
なので、そのときは買うのをためらった服と同じものをみつけて思わず購入♪ ラッキー♪

⇒前回行ったお祭りの詳細
春節(中国の旧正月)のプーケットは、ワット・シャロンのお祭りへ!【タイ・プーケット】

どうでもいいけど、この↓日本語Tシャツがちょっとツボだった。
「東京」はわかるけど、「KUMAMOTO」? 
これ以外にもたくさん熊本Tシャツがあった。なんでそんなに熊本押し?
これらのTシャツも100バーツほどで激安。

phuket oldtown festival

プーケットタウンの文化を紹介する、のがこのイベントの目的とのことで、
通りのあちこちでパフォーマンスが行われいてた。

子どもたちによるタイの伝統楽器の演奏。

phuket oldtown festival

な……なんだこれ? のっぽの中国人。

phuket oldtown festival

この人達以外にも、これと同じパフォーマンスをしている二人組が何組かいたので、多分何か意味があるんだと思う。なんかの物語の登場人物とか?

そしてこっち↓も、正体不明のパフォーマンス。こ、怖い!! 一体何!?
多分これは、タイかプーケットに伝わる怪談話の一場面を表現しているのかなと思う。

phuket oldtown festival

あとなぜだか、コスプレイヤーもいっぱいいた。西遊記とか(なんか関係ない人も混じってるけど)。

phuket oldtown festival

プーケットタウンは中国の影響を強く受けている、ということで、中国にちなんだコスプレなんだと思う。
ほかにもチャイナドレスの女性やキョンシー(懐かしい)の衣装みたいなのを着た人とかもいた。
でもこっちは……!?

img19

これも中国文化・西遊記がらみといえばそうなのかもしれないけど、なんか違う気が〜〜
そして左の人は、一体何のコスプレなの?

と、以上がオールドタウン祭りでのタラン通りの様子の紹介。
タイらしいなんだか少しカオスな雰囲気でとっても楽しかった( ´ ▽ ` )ノ
隣のパンガー通りやその近くにある公園でもお祭りが開催されていて、そちらはまた違った見どころがあったので、それは次回のブログで☆

このお祭りは、年に1回2月頃に開催されていて、多分春節が終わった次の週末に開催されているのでは、と思う。
春節のプーケット言えばシャロン寺院のお祭りだけど、もしそれを見逃してしまったら、こちらのお祭がチャンスかも♪