早朝から活気にあふれるプーケットタウンの朝市場【タイ・プーケット】

プーケットの朝市

わりと最近まで存在を知らなかったんだけど、プーケットタウンロビンソンデパートの横に、けっこう大きな朝市場がある。
朝市場なので、当然昼はやっていない。朝9時過ぎぐらいには全部閉まってしまうらしい。
昼間この付近を通りすぎても中に誰もいないし商品も何も見当たらないので、最初の頃はてっきり廃墟なんだと思っていた。

プーケットの朝市

朝の6〜8時ぐらいの時間帯にここを訪れると、たくさんの買い物客でにぎわっていて、とても活気がある。
飲食店をやっている人たちが仕入れに来ているのかなー?

プーケットタウンの朝市

市場では、ありとあらゆる食材が売られている。
野菜や魚介類はもちろん、日用品や仏様へのお供え品まで。

プーケットタウンの朝市

プーケットタウンの朝市

↓おお! タルの中で暴れまわるたくさんのお魚たち!(ナマズ?)
何匹かは外に飛び出して床でのたうち回っていた。

プーケットタウンの朝市

↓何の肉なのか、そして何の部位なのか。
何十種類もの正体不明の肉が並べられたお肉屋さんは、ちょっとホラーっぽくて迫力〜。

プーケットタウンの朝市

↓鶏がほぼそのままの姿で、こんがりと焼きあがっている。
美味しそうなような、グロテスクなような……

プーケットタウンの朝市

市場内には食堂スペースもあり、出勤前と思しき人々がタイ料理の定番メニューを注文して食べている。
朝からみんなずいぶんとボリュームのある料理を食べているなぁ〜〜

プーケットの朝市

この市場で買える私のお気に入り食べ物は、レッドカレー&ロティ
カレーだけど辛さはほどほどで、お腹がとてもすいているときの朝食にピッタリ♪
↓こちらがロティのお店。

プーケットタウンの朝市

ロティはマレー半島南部の名物で、小麦粉等でできた生地を多めの油で焼いたクレープ風のお菓子。
カレーにつけて軽食として食べたり、バナナや練乳と一緒にデザートとして食べても美味しい。

ロティ

ロティ以外にも、肉まんや揚げパンなどの軽食を売るお店が数多くそろっていて、ここに来れば、タイならではの朝食メニューを食べ歩くことができる。

ちなみにこの市場、夜になるとシーフード料理の屋台街になっている。
朝は活気あふれる朝市、昼は廃墟、夜になれば賑やかな屋台街と、一日のうちにコロコロとその姿を変える様子は、本当に驚いてしまう。(;´∀`)

プーケットの歯医者さんで、歯のチェックとクリーニング【タイ・プーケット】

歯医者

タイに住み始めてから2年半、先週はじめてタイの歯医者さんに行ってきた。
日本にいた頃は、年に数回歯医者さんで検査&歯石取りをやっていたんだけど、タイに住んで以来まったく行っていなかったため、そろそろヤバいかなと思ったので。
自覚のある症状は何も無かったけど、とりあえず悪いところがないかのチェックと、歯のクリーニングが目的。

家から徒歩数分のところにある歯医者さんに行ってみたんだけど、受付のお姉さんはタイ語しか話せず、問診票もタイ語オンリー…… 完全タイ人向けの歯医者さん。
待合室は無駄に広くてとても清潔で、大きなソファーがたくさん並べてある。
ちょうど今は学校が夏休みなので、子どもたちがたくさんいた。

ソファーの座り心地がとても良いので、ソファーに寝転がっている子どもが多かったんだけど、ふと自分の右のソファーに座っている親子に目をやったら、はぁぁ!?と目が点になった。

どうみても高校生ぐらいの大柄な男の子が、どうみても普通のタイのおばちゃんといった風情のお母さんのひざの上に、頭をのせた状態で寝転がっている。
そして二人はひざまくらの状態で、見つめ合いながら何かしゃべっている。

!?!?!?

しゃべっている口調とか内容とかに耳をすますと、ごく普通の親子の会話という感じ。
その後しばらくして受付から名前が呼ばれたら、男の子はしゃきっと立ち上がって診察室に入っていったので、別に体のどこかが悪かったからそうしていたわけでもない。
高校生ぐらいの男の子って、お母さんと二人で出かけることすら照れくさくて嫌がりそうなものだけど……
こういうのも、国によって違うものなのかなー。

ひざまくら親子の話は置いておいて、本題の歯医者さんの話。

30分ぐらい待って、やっと私の番が来た。
日本では見たことがない何やら大掛かりな機器で歯のレントゲンをとり、診察室へ。

診察室の設備は日本の歯医者さんとほとんど同じ感じでちゃんとして、歯石取りや検査もとても丁寧にやってくれた。
歯医者さんはおじいちゃん先生だったけど、英語が話せる方だったので意思疎通も問題なかったし。
そういや何も考えずに近所の歯医者に突撃したけど、もしタイ語しか話せない先生だったら、歯の症状の話とかされてもちんぷんかんぷんだったかも。

検査の結果、虫歯は無いと言われて一安心。
でも、親知らずがそのうちやばくなりそうかもということで、6ヶ月後にまた来てくださいと言われた。
親知らずかー。。。今までに何度か抜いたけど、言われてみればあと1本残ってたわ。
親知らずを抜くときのあの痛みを思い出し、いつかもう1回やらないといけないのかなと思うと、とても憂鬱。(´・ω・`)

診察が終わったら、すぐに受付でお会計。
チェックとクリーニングだけだったし、500バーツぐらいかな?とか思ってたら、
「1,500バーツです(約5,000円強)」と言われ、大ショック!!
タイの物価を考えると、高すぎない!?

たまたま高い歯医者さんに行ってしまったからなのか、それとも私が外国人だからぼられたのか、と思ったけど、あとでタイ人の友人に聞いてみたら「普通の値段」とのこと。
そうなのかー。まぁ、保険なしでこの値段は、日本と比べればすごく安いのかも。

タイの歯医者さんってどうなんだろう、と実は少し心配していたんだけど、設備や技術は日本とほとんど変わらなかったので安心した。
プーケットには外国人対応の歯医者さんもたくさんあるようなので、次回はそちらに行ってみようかな。

スープが絶品!プーケットタウンのスープ&おかゆの専門店ゴーベン(Ko benz)【タイ・プーケット】

カオトム

クイッティオ(タイ風ラーメン)から麺だけを抜いたような、具だくさんのスープ料理のことをガオラオと呼ぶ。
プーケットタウンオールドタウンの近くに、このガオラオとカオトムタイ風おかゆ)の人気店があると聞いて、行ってみた♪

このお店を教えてくれたのは、先日プーケットに遊びにきてくれた日本人の友人たち (*´ω`*)
彼女たちはプーケットに何度か遊びに来ていて、私以外のローカルの知り合いがいるので、私がまだ知らないお店もたくさん知っている。

お店の名前は、ゴーベン(タイ語表記はโกเบ๊นช์)。
私の家から徒歩10分ぐらいの場所にあり、日頃からバイクでしょっちゅうお店の前を通ってるんだけど、いつ見てもお客さんがいっぱいで、たまに並んでいる人もいたりする。
何のお店かなーとずっと気になってはいたんだけど、ローカルの家族連れや友だち連れが多く、ひとりでは何となく入りづらい雰囲気だったので今まで行く機会がなかった。

友人たちに教えてもらって、そのお店がかなりの有名店だったことをはじめて知る。
あとで調べたら、私がずいぶん前に買ったプーケットのガイドブック(タイ人向けのタイ語のガイドブック)にも載ってた!
なんで今まで気が付かなかったんだ〜〜

お店の外観はこんな感じ。
タイではよくある、壁が無くて全体がオープンになった食堂スタイルのお店。

ゴーベン

とりあえず、壁に貼られていた人気メニューを何種類か注文して、4人メンバーでシェアすることに。
メニュー表に値段が書いてないし割り勘で払ったので正確な値段は分からないんだけど、ガイドブックによると1品45バーツ〜とのこと。

ゴーベン

注文したのは、カオトム(おかゆ)、ガオラオ(スープ)、クワイジャップ(麺料理)、そして豚の骨付き肉の煮込み。
クワイジャップは、タイ料理の麺類の種類のひとつで、平べったい麺がクルっと丸まっている。見た目はパスタの一種のようだけど米麺。

ゴーベン

写真にはうつってないけど、このあと追加でカオトム・ヘン汁なしおかゆ)とインスタント麺入のスープも追加注文。
汁なしおかゆは、盛りだくさんの具がのせられた白米に、別の器に入ったスープをかけて食べる。
お茶漬けのような食べ方で、最初から煮こまれた状態で出てくるカオトムとはまたひと味違った味わい。

いろいろ頼んだけど、どのメニューも基本は同じスープを使っているようだった。
コショウがぴりっと効いていて、あっさりめだけど深みがある豚ダシのスープ、どれを食べてもめちゃめちゃウマイ!!
いつ見ても満席になっているだけのことはあると思った。家から徒歩圏内だし、これからしょっちゅう通いそう〜。

特に私が気に入ったメニューは、クワイジャップと汁なしおかゆ♪♪
このお店のFacebookを見ると、「汁なしおかゆの店 ゴーベン」と書いてあるので、汁なしおかゆが一番人気のメニューなのかも。

このお店、営業時間が19時からなんと深夜の3時まで。
どのメニューも食欲がなくてもさらっと食べられる味とボリュームなので、プーケットタウンのバーで飲んだ後、小腹がすいたときの夜食に良さそうかも。

教えてくれたみんな、本当にありがとう!
短い間だったけど一緒に過ごせて楽しかったです。また会おうねー!


↓ゴーベン(Ko Benz、โกเบ๊นช์)の場所

プーケット・オールドタウンの風情ある週末ストリートマーケット【タイ・プーケット】

phuket old town

毎週日曜日の夕方4時頃から、プーケットタウンのタラン通りで、ストリートマーケット(ウォーキングストリート)が開催される。
タラン通りは、古い時代の建物が並ぶプーケット・オールドタウンの中心的ストリート。

私がプーケットに来た当初はこのマーケットは存在せず、ちょうど1年ぐらい前からおそらく観光客誘致の目的で開かれるようになった。
まだ新しいせいか、ガイドブックなどにもあまり載っておらず、観光客にはまだ知名度が低い様子。
でも毎週たくさんの人で大賑わい。

phuket old town

数百メートルほどの距離の区間が歩行者天国になって、たくさんの屋台や露店が並ぶ。
豚肉の串焼きやパッタイなどのタイの市場ではおなじみの軽食を取り扱う食べ物屋さんが多いけど、変わった食べ物を売るお店もチラホラ。

phuket old town

おー カブトガニまで!!
タイでしかみられない様々な食べ物がそろっているので、見ているだけでも楽しい。もちろん食べ歩けばもっと楽しいし、どれを食べてもたいてい美味しい♪

そのほか、手作りの雑貨を売っているお店やお土産屋さんなどもたくさん。
値段はパトンなどのビーチリゾート周辺のお店と比較すれば、格段に安い。
プーケットの名所の写真やイラストなどがプリントされたおみやげTシャツは、100バーツぐらいからある。

日が沈み暗くなってくると、シノ・ポルトガル様式(※)の古い建物がライトアップされて、幻想的な雰囲気になってくる。
(※中国、ポルトガルなどの影響を受けた古い時代のプーケット独特の建築様式)

phuket old town

唯一残念なところは、この通り沿いには古い時代の建物を改築したオシャレなカフェがたくさんあるんだけど、
そういったカフェが、マーケット開催中は軒並み休業になってしまうということ。
露店めぐりを楽しんだ後、そういったカフェでゆっくりお茶でもできたら最高なんだけどな〜。


プーケット初上陸の「UNIQLO(ユニクロ)」がプーケットタウンにオープン!

phuket-uniqlo

12月6日(金)、プーケットタウンのショッピングモール「Tesco Lotus」内に、日本が誇るファストファッション・ブランド「UNIQLO(ユニクロ)」のショップがオープン!!
私の住むコンドミニアムからはバイクで5分、今まで特別ユニクロ好きでもなかったけど、プーケットと日本がまた近くなったようで、これはかなりうれしい。

初日朝は先着500名限定で、かわいいトートバッグを無料プレゼントしていたらしい。
オープン前に並びに行きたかったけど、仕事が忙しくてそれどころじゃなく……
でも初日の夜遅く、仕事が少し落ち着いたので早速行ってみた。

写真では分かりづらいけど、夜9時近かったのに店内は大盛況、レジも長蛇の列。
Tシャツ100バーツ(約300円)とか、オープン記念のセールを大々的にやっていた。
あんまりにも混んでいたので、仕事で疲れていた私は何か買おうという気がおきず、店内をウロウロしただけで帰った。
セールはまだ1週間ぐらいやってるみたいなので、終わり頃をねらってまた行こうかなーっと。

それにしても、店内に並んでいる商品は、モコモコしたフリースや厚手のシャツなど、タイでは着ることがない冬物がほとんど。
ヒートテックを買ってるタイ人を見かけたけど、ヒートテックの機能を知らなくて、普通のTシャツだと思って買っているんだと思う。

……そしてそれを着たタイ人が、
「暑ーー!!なんだこのシャツ、熱がこもって使えない!だめだこのブランド」
とか悪い印象を持ってしまうんじゃないだろうか…… 
なんて想像して、勝手に心配してしまう(−_−;)
戦略として、オープンする時期をミスしてるんじゃないだろうか。

話は少し変わるけど、冬物衣料といえば、ユニクロに行く前に立ち寄った別のスーパーマーケットでこんなものを見かけた。

uniqlo2

大量の、バラエティー豊かなイヤーマフ。
しかもレジ近くのすごい良い場所に、特設コーナーを作って。

タイのショッピングモールでは、海外からの旅行者や、逆に海外に旅行するタイ人向けに、冬物の衣料を少し販売していたりするけど、ちょっとこれはやりすぎでは。
日本みたいな寒い国の人でも、イヤーマフなんてあんまり買わないんですけど? 
しかもタイにいてこんなものを買おうとは思わないし。

全部ちゃんとさばけるのかどうか、またひとりで勝手に心配。

↓UNIQLOがある「Tesco Lotus」の地図

大きな地図で見る