プライベートビーチと森のバンガロー♪ピピ島のバイキング・ネイチャー・リゾート【タイ・ピピ島】

バイキング・ネイチャー・リゾート

今回のピピ島滞在で利用したリゾートホテルが、なかなか素敵だったのでご紹介♪

ホテルの名前は、バイキング・ネイチャー・リゾートViking Nature Resort)。
ピピ島の繁華街からは少し距離がある、海と森に囲まれたリゾート施設。
リゾート、というか、リゾートとキャンプ場の中間、といった位置づけが一番近いかもしれない。

南国の植物が生い茂る森の中に、宿泊客用のたくさんのバンガローが立ち並ぶ。
バンガローはどれも素朴な作りの木造で、タイの田舎のおうちのような懐かしさもありながら、統一感のあるインテリアでオシャレさもある。

バイキング・ネイチャー・リゾート

バイキング・ネイチャー・リゾート

バイキング・ネイチャー・リゾート

写真では見えないけれど、バルコニーを囲む木々の向こうには、海が見える。
こんな素敵なバルコニーのハンモックでお昼寝なんて、本当に夢の様な環境♪
でも実際は、蚊が多いせいであまりくつろげなかった……長袖長ズボンの重装備で昼寝していたら、むき出しの顔を蚊にさされまくった(ToT)
蚊取り線香を用意していたら良かったのかも。

バンガローの価格はピンキリで、私たちは2番目に安い「スタンダードルーム」を予約。
1番安い部屋タイプは、どうやらシャワーが屋外のようなので女性が泊まる場合は注意が必要かも。
スタンダードルームなら、ちゃんと屋内のシャワーで温水も出てくる。

部屋はかなり狭くて、ベッド周りは人ふたりがようやくすれ違えるぐらいのスペースしかなかった。
もっと優雅な気分で過ごしたい方は、もう1〜2ランク上の部屋が良いかも。
多少ランクを上げても、それほど高くはないと思う。私たちが泊まった部屋も二人で約6,000円だったし。

ホテルの敷地内には、いくつかのプライベートビーチがあって、宿泊客以外の人はほとんど入ってこないのでビーチを独り占めできる。

バイキング・ネイチャー・リゾート

バイキング・ネイチャー・リゾート

施設内のレストランも、素朴なアジアンテイストのインテリアで雰囲気が良く、とっても素敵〜♪
お料理の味もなかなか良かったと思う。

バイキング・ネイチャー・リゾート

難点といえば、自分のバンガローからレストランやレセプションに行くまでの道が、かなりの獣道だということ。
一応遊歩道は作ってあるけれども、小石が多くて転倒しやすく、でかくて不気味な虫(巨大ミミズ?)がそこらじゅうにいて怖い。
でもそういった野性味が、この宿の魅力でもあるかな、と思った。

バイキング・ネイチャー・リゾートに行くには2通りの方法があって、ピピ島の船着場から船で行くか、獣道チックな遊歩道を自力で歩いていくか。
船着場との距離は船なら5分ぐらい、徒歩なら15分ぐらいかなと思う。
ホテルを予約すれば船での送迎が無料でついてくるけど、それ以外で街に出るときなどは獣道をがんばって歩かなければいけない。

交通の面では若干不便ではあるけれど、そのおかげで外界からは隔たれた感があって、大自然のリゾート気分を満喫することができる♪
虫嫌い&蚊アレルギーの私には少々きつい部分もあったけど、機会があればまた泊まっても良いかなーと思える宿で、大満足!


タイ南部のリゾートアイランド、ピピ島の旅行記のこれまでの記事はこちら。

⇒「映画「ザ・ビーチ」の舞台になったピピ島に1泊旅行【タイ・プーケット】
⇒「のんびりとピピ島(ピピ・ドン島)を散策。ビーチと高台のビューポイントへ。【タイ・ピピ島】
⇒「透き通ったエメラルドグリーンの海!ピピ・レイ島でシュノーケリング【タイ・ピピ島】

雄大なタイのジャングル国立公園・カオソックに1泊旅行してみた【タイ・カオラック】

カオソック国立公園

プーケットから車で北方へ2時間ほど行ったところにある、カオソック国立公園
切り立った崖が特徴的な無数の岩山と、うっとうと生い茂る熱帯雨林が作り出す独特の雄大な風景は、圧巻の一言。
ジャングルを流れる川の水も澄んでいて、とてもきれい。

カオソック国立公園

カオソックは野生生物の保護地域に指定され、象、虎、シカ、バクなど数多くのめずらしい野生動物が生息し、10月〜1月頃にかけては世界最大の花ラフレシアが見られるらしい。
ラフレシアが、タイでも見られるなんて知らなかった〜!

そんなカオソック国立公園に、友人8人で1泊旅行に行ってきた。
(※もう数ヶ月前の話だけど……)

カオソックを訪れる観光客はそれほど多くなく、あるのは手付かずの大自然。
観光客が滞在するための小さな町はあるけど、コンビニや銀行などは一切無く、素朴な昔ながらの商店がいくつかあるだけ。
賑やかなバーや高級リゾートホテルなども、ほとんど見られない。

多くの宿が、野趣あふれるバンガロースタイル。
私たちが泊まったホテル「Art’s river view lodge & travel」も、そんなバンガロースタイルの宿のひとつ。
4人部屋で、たしか1000バーツだったかなと思う。かなり安い。

カオソック国立公園

安いだけのことはあって、部屋の作りはとても簡素でワイルド。
壁や床は隙間だらけで虫が入り放題なので、ベッドは蚊帳が取り付けられている。

バンガロー宿
バンガロー宿

そしてバスルームは、なんと屋外!

カオソック国立公園

壁から滝のように放出される水シャワーは、ずっと浴びているのがつらくなるくらい水が冷たく、シャワー後は寒さで震えてしまう。
便器周辺は夜中になると変な虫が集まってくるので、虫嫌いにはかなり厳しい状況かも……

でも南国ジャングルに囲まれたバンガローの外観は、“森の奥の隠れ家”といった風情でとても素敵。

バンガロー宿

ホテルは「リバー・ビュー」という名前の通り川沿いに作られているので、ヒマな時間にはのんびりと川遊びが楽しめる。
ワイワイ言いながらターザンロープにチャレンジする外国人親子の姿を見かけて、なんだか気分がなごむ。
ビビる子供たちに手本を見せる、勇気あるお父さん。

カオソック国立公園

ホテル内のレストランは、美しい渓流を見下ろすロケーションで景色抜群。
お料理の味も◎!

カオソック国立公園

というわけで、価格を考慮すれば充分に良いお宿だったと思う。

ホテル到着時にスタッフから注意事項として、
「夕方以降はよく泥棒が出るので、部屋の窓やドアは開けっ放しにしないでくださいね」と言われる。

こんな山奥に泥棒が? まさか山賊?

と思いながらよくよく話を聞いたら、その泥棒の正体とは、野生の猿のことだった。

実際、夕方頃はたくさんの猿が宿の周辺に集まっていて、被害にあう宿泊客たちが続出。
隣のバンガローからバタバタと妙な音がするので見てみたら、その部屋の窓から猿が勢い良く飛び出し、お菓子の袋を手にジャングルの奥へと素早く逃げていった。
残されたその部屋のお客さんは、猿が逃げ去る様子を窓から見ながらただただ苦笑い。

私たちは被害に合わなかったけど、レストランで食事していたら四方を猿に取り囲まれて、ちょっぴり怖かったかも。
でもタイの猿はわりと臆病なので、こっちが威嚇するとすぐ逃げていく。

ホテル周辺にはお店が一切ないため、夜になるとあたりは真っ暗。
虫や野鳥の声だけが鳴り響く、完全に山奥キャンプ状態。
ちょうど大人数で来たせいもあって、なんだか学生時代に戻って林間学校だとか部活の合宿でもやっているような気分だった。
たまにはこういうノリもいいね〜 (*´∀`)

カオソックにはプーケットから1日ツアーなども出ているので、南国ジャングルを満喫したい方、ラフレシアを見てみたい方にはオススメ♪

プーケット近郊のリゾート地・クラビーに遊びに行ってきました〜♪【タイ・クラビー】

krabi paradise resort

ここ数ヶ月間ぐらい、ほとんど休日を取らず仕事ばかりの日々で、せっかくプーケットに住んでいるにも関わらずリゾート気分を全く満喫できていなかった(−_−;)
そんな毎日にそろそろ爆発しそうになってきたので、先週末に意を決して3日間の休日をとってバカンスに行ってきた♪♪
タイの人気リゾート地クラビー

クラビーは海(パンガー湾)を挟んでプーケットの東側の対岸に位置し、プーケットから車で行くと2〜3時間ほどの距離。
プーケットからフェリーで行くこともできる。
今までも、クラビーの近くを素通りしたりちょこっと立ち寄ったりしたことはあったんだけど、滞在したり旅行したり、っていうのははじめて。

プーケットからわりと近い場所にあるけど、プーケットとはまた違う魅力や見どころがあって、私は今回の滞在でかなり気に入ってしまった〜♪ クラビー、いいな!
市街地でも人がそれほど多くなく落ち着いているし、美味しいお店も多かったし。

何よりクラビーがプーケットと違うのは、その独特の美しい風景。
海にも陸にも、いたるところに切り立った崖のような石灰岩の岩山がある。

krabi

クラビーの郊外は、熱帯植物のジャングルやパームツリーの畑が広がり、そのあちこちに石灰岩の岩山がそびえ立ち、圧巻の景色。
プーケットを出発して、パンガー県からクラビー県に至るドライブの道中は、とにかく景色が素晴らしく、窓の外をずっと眺めていても全く飽きなかった。

krabi

今回滞在したホテルは、クラビーで一番賑やかなビーチエリア・アオナンビーチにある「アオナン・パラダイス・リゾート(aonang paradise resort)」。
海岸からは徒歩約10分と少し距離があるけど、ホテルからの景観はこのとおり、すばらしいの一言。

krabi paradise resort
krabi paradise resort
krabi paradise resort

部屋はこんな感じ。
コテージタイプでシンプル&モダンな内装。部屋の入り口がバルコニーを兼ねている。
バルコニーに出るとすぐそこには切り立った崖と、蓮などの水生植物が生い茂る自然の湿地帯が見える。

krabi paradise resort

ホテル自体の入り口は賑やかな大通りに面しているのに、中に入ると大自然と静寂に包まれた別世界。
この界隈の他のホテルと比べると比較的リーズナブルで、宿泊料は1泊1室6,000円ほど。
この値段でこの景色が楽しめるなら、蚊が多かろうと蟻が部屋に忍び込んでこようと文句は言えない。大満足♪♪

次回のブログは、滞在先ホテルの周辺の様子を紹介します☆


アオナン・パラダイス・リゾート(aonang paradise resort)
予約・ホテルの詳細はこちら

アットホームな宿「インワ・ゲストハウス」と、 スタッフのジョウさん[ミャンマー・バガン]

bagan 2  アットホームな宿「インワ・ゲストハウス」と、 スタッフのジョウさん[ミャンマー・バガン]

バガンの旅、初日の朝。

予約しておいた宿「インワ・ゲストハウス」のスタッフが、空港までお迎えにきてくれた。
私ひとりのために、男性がなんと3人も。
「Akiko」と書かれた紙を持った3人は、私を見つけてニコニコと微笑んでくれた。

一泊20ドルと決して高くはない宿なのに、なんて手厚い歓迎だろう♪
と、感心していたのに、ロビーから駐車場に向かうまでの間、誰一人として、私の重たい荷物を持ってくれる人がいない。アレ……?

車に乗り込んでからも、私のことはそっちのけで、3人で談笑。
運転手以外の2人は、一体何しに来たんや〜〜!  単にヒマだっただけ!?

と、スタートはこんな感じだったけど、「インワ・ゲストハウス」は、素晴らしい宿だった。
町の中心に位置していて、周りにはたくさんのレストランや、おみやげを売っている大きな市場があり、とても便利。
朝食は、眺めの良い屋上のテラスで食べるので、朝から清々しい気分になれる。
上の写真は、そのテラスから撮影した。

部屋はまあまあ清潔で広くて、エアコン付き。
シャワーは水しか出ないけど、バガンの気候がとても暑く乾燥しているので、それほど気にならない。

問題点といえば、洗濯を頼むと、なんと川で洗われてしまうこと。
私はそれを知らずに頼んでしまったので、戻ってきた洗濯物は、ちょっと砂埃のにおいがしてゴワゴワしていた。まあ、見た目にはまったく問題なかったけど。

何より一番良かったのは、スタッフが本当にみんなフレンドリーで、親切だったこと。
特に印象深いのは、日本語を上手に話せる若い男性スタッフ、ジョウさん。

バガン滞在初日の朝、チェックインを対応してくれたジョウさんは、私が3日間の滞在だと聞くと、
「じゃあ1日目は馬車ツアーはどうですか? 明日はポッパ山に行くのはどうですか?」
「レストランは、ここから100mぐらい行ったところの○○がおすすめですよ」
などと、いろんなプランの提案をしてくれたり、宿や周辺のお店の説明をしてくれたりした。

バガンは思っていた以上に田舎で、公共の交通機関はまともに無いし、周辺にツアー代理店などもほとんど見当たらない。
なので、彼が最初に対応してくれなかったら、私は3日間一体何をすれば良いのか分からなくなっていたと思う。

ジョウさんは、一人旅の私を気遣ってくれてか、私がロビーを通りかかるたびにいつも日本語で声をかけてくれた。
どういうわけかルックスも日本人に近いというか、日本に普通にいそうな、親近感を感じる顔立ち。
不慣れなミャンマーの田舎での滞在でも、心細さを感じることがなかったのは、彼のおかげだったと思う。

ある晩、私は同じ宿に泊まっていたヨーロッパからの旅行者たちと一緒に、バーに飲みに行った。
夜遅くにみんなで宿に戻ると、ロビーは真っ暗。
よく見ると、狭いロビーの床の上に何人かの人が、横になって寝ていた。

そのうちの一人がむくっと起きた。ジョウさんだった。
ジョウさんは寝ぼけまなこで、私たちに「Good night(おやすみなさい)」と声をかけた。

他の旅行者たちの話によれば、宿のスタッフは、どうやら毎晩こうやってロビーで雑魚寝しているらしい。
早朝から夜遅くまで働いているのに、プライベートも何も無い、タイル貼りのロビーの床で、布団も枕も使わずにゴロ寝って。

ジョウさん、日本語も英語も堪能で、まあまあのイケメンなのに……こういう暮らしなんだ。
一方で、静かな個室のフカフカのベッドに寝て、好き勝手に毎日遊び回っている私たち。
彼は、私たち外国人旅行者の面倒を毎日見ながら、この現実の差を、どういう風に感じているんだろう。

最終日、出発まで少し時間があまったので、ジョウさんとふたりでロビーでおしゃべり。
彼の実家の話、ミャンマーの若い人たちの考え方や生活など、いろいろと教えてもらった。
そして最後に、二人で写真を撮って、お別れした。

ミャンマーの旅を終えてしばらくしてから、ジョウさんからメールが来た。
最後の日に、二人で撮った写真を送って欲しいとのことだった。
私のことを、単なる通りすがりのお客さんじゃなくて、友達として認識してくれたのかな? と思って、うれしくなった。

もちろん、写真をすぐに送って、
「いつかまた絶対、バガンに遊びに行きますね」とメッセージを添えた。

バガンの滞在が素晴らしいものになったのは、この宿とジョウさんのおかげが大きいと思う。
本当に、いつかまた、この宿の泊まりに行けたらいいなと思った。

あ、でも、そのときは一人じゃなく、誰かと一緒がいいな〜 ( ´▽`)
友達や家族にも、この素晴らしい景色を見せてあげたい。

ヤンゴンにまた来ても、もう泊まりたくない。 ゲストハウス「CHAN MYAYE」

民主化の波の中にあるせいか、ヤンゴンは、どこの宿泊施設も満室。

滞在初日の晩は、タクシードライバーの手助けで、そこそこ良いゲストハウスに泊まれた。
でも、翌日から予約でいっぱいになっていたらしく、一晩で追い出された。

仕方なく、その宿から徒歩数分ほどの、「CHAN MYAYE」ゲストハウスへお引っ越し。

「CHAN MYAYE」は、古いアパートの一部を改装して、客室を作ったゲストハウス。
なんと、フロントロビーが建物の4階にあり、そこまでのエレベーターはなし

重い荷物を背負いながら、暑さと湿気の中、汗びっしょりになって階段を上がる。
ところどころに、「がんばれ!あと少し!」みたいな励ましの張り紙があったけど、余計いらつく (−_−#)

なんとかフロントにたどり着き、無事チェックイン。
そして言われた衝撃の一言は、
「お部屋は8階です

8階まで、やっぱりエレベーター無し!! おおおおい!!
どこかに出かける度に、8階を上り下りしないといけない。なんてこった……

そして、通されたお部屋は、ベッドをのぞけばわずか一畳分ほどのスペース。
壁に取り付けられた小さな板が、テーブル替わり。それ以外は何も無い。
家具もシーツも、正直言って、あまり綺麗ではない。
正体不明の小さい虫の群れが、部屋の壁の穴から穴へ、行列を作って通り抜けている。

そして、バストイレは共同。
シャワーは温水ではなく、水シャワーのみ。
でも、水シャワーよりもっとイヤだったのは、シャワー室の半分が、謎の貯水プールになっていたこと

約1m四方、おそらく水深1メートルぐらいありそうな水溜めが、シャワーを浴びる私の真横で、異様な冷気を放つ。
水はどす黒く、底がまったく見えない。

うっかりシャンプーボトルなどをプールに落としてしまったら、二度と戻ってこないだろう。
シャワーを浴びている間中、緊張感がつきまとう。
真っ黒な水と薄暗い明かりのせいで、昔見た「リング」とか「仄暗い水の底で」とか、怖い映画の場面が何度もフラッシュバックする。
一日の疲れを癒すはずのシャワータイムが、全然リラックスできない。

これで、1泊1,000円。
マレーシアで泊まった約800円の宿は、数倍まともだったぞーー!
タイでも、1,000円も出したら、もっとノーマルなところに泊まれるはず。

今、急激に物価が上昇しているので、おそらく数ヶ月前なら半分くらいの価格だったのかもしれない。
タイミングが悪かったものと、あきらめるしかなかった。

この宿に関して唯一良かったのは、朝ごはん。
目玉焼きがのって、野菜がたっぷり入ったラーメンが出てきた。
香辛料の入ってない、ほっとする味。インスタントだけど、とても美味しかった。
このラーメンの価格が、宿代の半分の500円だったんだと思うことにした。

でも、この宿には、長期間滞在する旅人がたくさんいた。
アットホームな雰囲気があったので、居心地が良いのかもしれない。
でも私は、もう二度と泊まらないよ、と思った。