髪が生え続けるタイのお坊さんのミイラ in ナコーンシータマラート

mummy1

タイ語学校の先生たちとともに訪れた、ナコーンシータマラートのプラ・タート修道院。
修道院内の長い階段とケモノ道を登った小山の頂上に、5年前に亡くなったという偉いお坊さんのミイラが安置されていた。

ミイラって……もしかしたら、人生ではじめて見たかも。なかなか衝撃的 (;゚д゚)
死後まだ5年しかたっていないせいか、輪郭や皮膚感はまだ人間らしくしっかりしている。
でも、なぜか全身金色に塗られていた。よくわからないけど、金箔を貼られているのかな?

下の写真の建物の中に、お坊さんのミイラは安置されていた。
中には入ることができず、上の写真はガラス戸越しに撮影。

mummy2

横で一緒に写真を撮っていた校長先生が言うには、なんと今も髪が生え続けているとのこと
そう言われてみて良く見ると、たしかに髪の毛がまばらに3〜4cmぐらい生えている。
いやまさか、もともとあった毛でしょ?と思ったけど、よくよく考えるとお坊さんって全部剃るよね……

「体は死んでしまったけど、今もまだそこにいらっしゃるんだよ」と校長先生。
もしかしたら本当にそうなのかもしれない。
不思議と恐ろしさや不気味さは感じなくて、むしろどことなく、優しさを感じるような神々しいオーラに包まれていた。

お坊さんのミイラといえば、日本でも即身仏がよく知られているので、日本人にとってはそれほど驚くべき話でも無いかもと思う。
子供の頃、家にホラー話ばかりを集めた児童書があって(って自分が買ったんだけど)、その本の中に「即身仏になる方法」みたいな話が紹介されていたのを思い出す。

ーー自ら即身仏(ミイラ)となることを選んだお坊さんは、死後に体が腐らないように木の実だけを食べて体の脂肪を無くす修行をして、生きながら埋められる。
そして、地中で鈴を鳴らしながらお経を読み続け……その音が聞こえなくなったら、ミイラの完成☆
って怖すぎるよぅ〜〜 この話 (´;ω;`)

このお坊さんのミイラは、そういった日本の即身仏のように厳しい修行の後に自らミイラとなったわけではなく、自然に亡くなられた後に何らかの処置を施されてミイラになったみたい。
タイにも即身仏の習慣があったかどうかは良く知らないけど、気候を考えると、日本みたいに何百年も腐らずに残るのは無理なのではという気がする。

タイでは、徳の高い偉いお坊さんが亡くなると、死後にその姿そっくりの像を作って崇める慣習がある。
お坊さんの遺体をこうやってミイラとして保存しておくことも、多分それと同じような感覚なんだと思う。
特別珍しいことでも無いようで、たしかリゾート地で有名なサムイ島にもお坊さんのミイラがあると聞いたことがあるし、他の場所でも何か聞いたことがあるような気がする。

なんだかちょっと興味が湧いてきた。お坊さんのミイラ。
今度サムイ島のミイラを見に行ってみようかな (*´∇`*)

↓この場所への地図

大きな地図で見る