タイ南部料理ロティとマタバが絶品♪プーケットオールドタウンのArun restaurantアルーンレストラン

最近のお気に入り、マレー系のタイ南部料理が楽しめる人気店「Arun restaurantアルーンレストラン)」♪
プーケットオールドタウンのメインストリートに店舗を構え、いつもたくさんのお客さんで賑わっている。

店内はけっこう古びていて、いかにもローカルタイ人向けといった雰囲気。
でもさまざまなガイドブックやネットで紹介されているせいか、店員さんが外国人の対応に慣れていて、わりと入りやすい。

英語が併記されたメニューには、ロティカオモックガイなど、タイ南部の名物料理がずらりと並ぶ。
他のレストランではあまり見たことがない、「マタバ・ガイ」「カオ・ヤム・パッタニー」という料理がこのお店の名物らしい。

「マタバ・ガイ」は、カレー風味に味付けされた鶏肉や野菜などの具を、ロッティの生地と一緒に焼いたオムレツ(お好み焼き?)のようなもの。

マタバ

とても優しい味付けで、ケチャップが欲しいような、いやそんなの無くても美味しく食べられるような、絶妙な塩味加減。
特別インパクトのある味ではないのに、一度食べたらなぜか忘れられない。また食べたくなる。そして何度も通ってしまう。この店で一番のお気に入りメニュー。

2番目のお気に入りのメニューは、プレーンロティとカレー

ロティ
ロティとは、マレー半島でよく食べられている、小麦粉や卵などの生地をたっぷりの油で焼いたシンプルな料理。
表面はサクッとしていながらもっちりとした絶妙な焼き具合のロティを、ピリ辛のイエローカレーにつけて食べる。
カレーの辛さもほどよく、最高〜〜♪♪
上記のマタバが若干味が薄い気がするので、カレーとマタバを一緒に食べても美味しい。

ちなみにこのお店のもうひとつの名物「カオ・ヤム・パッタニー」は、ヘルシーなタイ風混ぜごはん。
ハーブがたっぷりで少々くせがある味だけど、こちらもとても美味しいと思う。
「パッタニー」ってなんだろ?地名? カオ・ヤムは混ぜご飯っていう意味だけど……

このレストランの一番うれしいところは、なんといっても値段が安いこと。
今日はプレーンロッティ + チキンのカレー + マタバ + レモンティーと一人でたらふく食べて、合計95バーツ!
どのメニューも大体1品20〜40バーツ程度なので、安い予算で美味しい料理がたくさん食べれてしまう〜♪

お店の場所はプーケットオールドタウンの、タランロード(Thalang Rd)。
シリキット王妃公園側の交差点から数十メートルほどのところにある。
数軒隣に別のロティ屋さんがあって紛らわしいので注意。そのお店も、まあまあかなと思うけど。

あ、昼間だけの営業で夜はやっていないのでご注意を!


 

付近の地図(※アルーンレストランのすぐ近くのカフェがピンされてます)

プーケット名物?の海藻料理♪at レームヒン・シーフード【タイ・プーケット】

海に囲まれたプーケット島は、シーフードが名物。
島内には、先日のブログで紹介したガンエンやパトンのサボイ・シーフードなど、有名なシーフードレストランが数多く点在している。

⇒「海沿いのシーフードレストラン「ガンエン@ピア(Kan Eang@Pier)」【タイ・プーケット】

先週、そういったシーフードの有名店のひとつ、「レームヒン・シーフード」に行ってきた。

レームヒン・シーフード

レームヒン・シーフードは、プーケットタウン市街地の北東の方角にあり、ココナッツ島(ゴ・マプラーオ)に向かう船が出発する桟橋のすぐそば。
ここに至る道中ではイスラム教徒が多く住む集落を通るので、ムスリム独特の短い円筒形の帽子をかぶった男性たちがぞろぞろと通りを歩き、モスクでお祈りする姿を見れたりして、ちょっとだけ異国の雰囲気。

店内の写真を撮り忘れてしまったんだけど、テラス席のすぐ横は海。
海の向こうには、ココナッツ島が見える。
ロケーションも味も最高のお店 (*´ω`*)♪

このお店に、プーケットならではの一風変わったシーフード料理があったのでご紹介。
エビの揚げ物なんだけど、エビと一緒にあまり見たことがない不思議な植物のようなものがくっついている。

レームヒン・シーフード

この植物の正体は、海藻
なんでも、タイの他の地域では食べられない、このあたりでしか取れない珍しい海藻とのこと(友人談)。
名前は「ブア」とか言うらしい。
タイ語では蓮のことも「ブア」っていうけど、多分発音か綴りが微妙に違うのではと思う。

食べてみたら、フライにしてあるせいかもしれないけど、風味や香りなどはほとんど無く、クセの全く無い味。
見た目は硬そうに見えるけど、全然そうでもなくて、サクサクとした軽い食感。
食感を楽しむ食べ物なのかな?
とりあえず、甘くプリッとしたエビたちと一緒にチリソースにつけて食べたら、とっても美味しかった。

プーケットの人たちは、以外と海藻を食べる。
他のお店でも、これとはまた違う種類の、ノリのような黒いワサワサとした海藻を食べたことがあるし。
プーケットのシーフード料理店に来たら、他では食べられない海藻料理にチャレンジするのも良いかも♪


 

レームヒン・シーフードへの地図

森の中のタイ料理レストラン♪ 未体験の食材に舌鼓[タイ・プーケット]

私が通っている語学学校の近くには、滝の名所がある。
名所といっても、プーケットでは滝がめずらしいというだけで、日本人からすれば、「こんな滝、日本なら山にいけば普通にいっぱいあるやろ……」というレベルのもの。

で、滝自体は全然面白く無いんだけど、そのすぐ近くに地元民や観光客に人気のレストランがある。
「クルア・パイリン」というお店。

森に囲まれていて、綺麗な川がすぐそばにあり、オープン席でとてもリラックした雰囲気。
味もおいしく、リーズナブル。

image

メニューを見ると、普通のタイ料理に混じって、サメ、蛇、ワニ、など、変わった食材の料理がチラホラ。
せっかくなので、私たちも変わった食材にチャレンジしてみた。

で、頼んだのがコチラの料理。

image

おお〜 見るからにおいしそう♪♪

料理の名前は、「パット・ペット・ゴップ」。
「パット」は「炒める」、「ペット」は「辛い」という意味。
そして、「ゴップ」は何かというと……
カエル!!

つまり、料理名を日本語に訳すと、「カエルの辛味炒め」といったところ。
カエルを食べたのは、多分人生初めてだと思うけど、予想外の美味しさだった♪( ´▽`)
身はプリっとしていて甘く、臭みやクセはまったく無い。

そして、ソースの味付けもとても良かった。
コショウや唐辛子、様々なハーブ等が使われていて、深みがあってクセになる味。かなり辛かったけど、大満足。

プーケットで、変わった食材を食べてみたい人、自然に囲まれた場所で食事をしてみたいという方は、ぜひこちらのレストランへどうぞ〜


大きな地図で見る

プーケットのたこ焼き屋さん[タイ・プーケット]

先日、うちのアパートのすぐ近くに、たこ焼き屋さんが新しくオープンしているのを発見!!
お店の名前は「こころ」。

たこ焼き屋さんなんて、バンコクの人たちには「ふーん」て感じで、珍しく無いのかもしれないけど。
うちの近所は、外国人はほとんど立ち寄ることの無い、ローカルタイ人向けの住宅地。
タイ料理の安食堂はたくさんあるけど、イタリアンも中華もないし、マクドナルドすら無いところ。

「たこ焼き」の看板がはじめて目に入ったとき、「うそ〜、マジでぇ〜!?」って飛び上がって喜びそうになった。
夕ご飯に、市場でおかずを買おうと思っていたのをとりやめて、早速お店に入ってみる。

日本人も働いてるかな〜?と期待したけど、スタッフはみんなタイ人だった。
カウンターで注文しようとすると、
「まず、たこ焼きの具を選んで下さい」と言われた。

メニュー見ると、何種類かの具が書いてある。
たこ焼きなので当然「タコ」、そして「エビ」、さらに「チーズ」などなど……

たこ焼き屋さんなのに、タコ以外の具が選べると!?
大丈夫か、このお店……(´∀`;)
と、最初は心配したけれども。

運ばれて来たたこ焼きを一口食べて、再び嬉しさで飛び上がりそうになった。
外側はカリっとしていて、中はふわふわ、とろ〜り。
美味しいっっ!

 

プーケットに来てから今まで、いろんな日本食レストランでたこ焼きを食べて来たけど、その度にガッカリしていた。
毎回、明らかに冷凍物(しかもイマイチの部類の)と分かる味だったから。

でも、このたこ焼き屋さんは、ちゃんと全部一から作って、本格的なたこ焼き器で焼いている。
しかも、ソース、紅ショウガ、マヨネーズ、青のり、すべてがちゃんと日本の味!
どっちかといえば、「銀だこ」に近いタイプかな〜、と思う。
外側を、たっぷりの油で揚げてカリッとさせているような感じ。

関西の人が食べたら、「こんなんたこ焼き違う」とか思うかもしれないけど、私はとても美味しいと思った。
日本にいても、近所にあったら普通に買いに行くレベル。
一緒に注文した抹茶ドリンクは、「かき氷抹茶シロップの味で、ちょっと残念な感じだったけど……

心配なのは、こんなローカルなエリアに作ってしまって、流行るのかな〜、ってこと。
お値段は、たこ焼き6個+抹茶ドリンクで、99バーツ(約300円)。
45バーツで、タイ風チャーハンをお腹いっぱい食べられるようなお店に囲まれているので、ちょっとお高く感じてしまう。

この日の客入りは、半分ぐらいの席が埋まっていてまあまあだったけど。
完全日本人好みの味の食べ物が、タイ人にも好まれるかどうか……
タイ人が高いお金を出して買ってくれるかどうか……心配。

どうか、つぶれないで〜〜 いっぱい買いに行くから!

プーケットの中華料理屋さん

ベジタリアン・フェスティバル期間真っただ中の今、プーケットでは、どこに行っても中国語が書かれた黄色い旗が無数に掲げられている。
漢字を見ていると、だんだん、中華料理が食べたくてしょうがなくなってきた。
「菜食の誓い」? なにそれ。知らないな〜。

というわけで行って来た、プーケットタウンの「台湾小吃」。
現地在住の日本人の方が、ブログで紹介していたお店だ。
日本人の方が美味しいと言うのだから、きっと私の口にも合うはずと思って行ってみた。

そうしたら、当たりだった!!
日本の、町の中華屋さんで食べるような、昔ながらの優しい中華の味。
特に麻婆豆腐が、辛さ控えめで日本人好みのマイルドな味付けで、美味しかった。

ほとんどの料理が、一品50〜100バーツ(日本円で約125円〜250円程度)とやたら安いので、きっと量が少ないんだろうと思って、麻婆豆腐、酢豚、空心菜炒め、ラーメン、と4品注文したら、1品1品やたら量が多くて、二人ではとても食べきれなかった。
なので、手をつけられなかった酢豚はお持ち帰り。

こんな安いお値段で、美味しい中華がお腹いっぱい食べられる♪♪
絶対また来よ〜っと。

一緒に来た友人は、「中華料理あんまり食べたこと無い」って言ってたので、
口に合うか心配だったけど、実際食べてみたら、友人の方が「美味しい、美味しい」ってがっついていた。

そういえば、プーケットに住み始めてから、和食やイタリアンはよく食べていたけど、中華料理は一回も食べたことが無かった。
タイ料理は、中華料理の影響も少し受けているので、中華料理に良く似た味付けの料理も多い。
でも、やっぱり中華料理は、タイ料理とはまた違った美味しさがあるなーと思った。

ちょっと気になったのは、店に入って席に着いたあと、私は一言も言葉を発していないのに、店員さんが持って来たメニューは、中国語&韓国語で書かれていたものだった。
読めんし!
日本語のメニューをお願いします、と言ったら持って来てくれたけど、2ページだけの手書きのメニュー。

中国語&韓国語は、きちんと印刷された、10ページほどある豪華メニューだったのに。

最近は、めっきり日本人観光客が減っていて、プーケットで見かけるアジア人は中国人か韓国人ばかりらしい。
日本語メニューの物寂しさが、時代の変化を物語っていた。