上海ぶらり歩き写真日記・上海旅行記その2【中国・上海】

上海

上海には数多くの観光スポットがあるようだけど、今回の滞在は時間がとても限られていたので、上海観光の定番人気スポット「豫園」に行ってみた。

豫園は明朝時代に作られた庭園らしい。

豫園

庭園内は想像していたよりもずっと広く、迷路みたいに入り組んでいる。
場所や建物ごとに何らかのテーマがあるらしくて、それぞれに趣や特徴が少しずつ違っていてとてもおもしろい。

豫園

豫園

仕切りの壁が、上の写真のように何らかの形にくり抜かれている場所があちこちにあった。
何百年も前の人が考えたとは思えない、ユーモアあるセンス。

豫園

池、建造物、木などの配置や組み合わせが、なんとなく兼六園を思い出させる……
詳しいことはよく分からないけど、日本庭園も中国文化の影響を多少受けているのかな。それとも逆?

img10

豫園

うねうねっとしたカーブを描いた屋根がとても特徴的。

豫園は少々の入場料を取られてしまうけど、充分その価値がある素晴らしい庭園だった。

豫園の周辺は「豫園商城」と呼ばれ、明・清朝の町並みが再現された風情ある街歩きスポットになっている。

豫園商城

たくさんのおみやげ屋さんやレストランが、迷路のように入り組んだ一帯に、所狭しと立ち並ぶ。

豫園商城

とりあえず、豫園商城内の人気店らしい「南翔饅頭店」という小籠包屋さんでランチ。

豫園商城

お持ち帰り小籠包を販売する窓口には大行列を作っていたけど、中のレストランはわりとすいていたので、迷わず中でお食事。

小籠包

カニ入り小籠包、松茸のスープ、黒烏龍茶(なぜかあった)の3品で約1,000円ぐらいだったかな?

小籠包、アツアツを覚悟してフーフーしながら口に入れたら、極度の猫舌の自分でも物足りないと思うほどスープがぬるくて拍子抜け……
味はとても美味しかったけど、やっぱ小籠包はハフハフ言いながら熱いスープで食べる方が美味しい。
個人的には、台湾の名店鼎泰豐で食べた小籠包の方が好きかも。

食べ終わってお店を出たら、レストランの入り口に何十人もの大行列ができていた。
私が来たときはまだ午前11時ぐらいで、時間が早かったので空いていただけだったらしい。
早めに食べておいて良かった!

上海

豫園商城の外側に出てみても、おみやげ屋さんの建物がまだまだ続く。

img16

とても広い範囲にたくさんのお店があって道も入り組んでいるので、方向音痴の人は確実に迷子になると思う。

おみやげ屋さんでこんなもの発見!

上海

飯島愛に蒼井そら、一体なんだこれ!?と思ってよくみたら、どうもトランプらしい。
中国では日本のAVが大人気なそうなので、こういうグッズも流行っているのかな?
ちなみにタイでも日本のAVは大人気で、日本人女性というとどうもそのイメージが強いらしく、そのせいでたまにごく一部の無礼なタイ人男性からしょーもないセクハラ発言をされたりとか、迷惑をこうむることがたまにある……なんとかならないかな、こういうの(−_−;)

このトランプシリーズ、AVだけじゃなくて、中国の有名皇后の肖像画や三国志の登場人物が描かれたシリーズとかもあって、そっちはちょっと欲しかったかも。

あとこんなおみやげも。

img18

「オバマオ」とか。可愛いしちょっとおもしろい。

それから、あちこちにおみやげ屋産でみつけたこの(↓)コスメシリーズ。
多分上海オリジナルのブランドと思われる。パッケージが上海らしくてとても可愛い。

img20

あんまりにも行く先々で出会うので、最後の方にはすっかり洗脳されてしまって、帰り際に滞在ホテル近くのおみやげ屋さんでついに1つ購入。
ローズフレグランスのボディークリーム。

値段は約450円ぐらいと随分安いわりに、使ってみたら意外と良かった。
お肌しっとりするしテクスチャーも良いし、何より香りがとても優しく上品。
もっといっぱい買っておけば良かった〜、しまったー。

とりあえず、上海旅行記はこれで終了。
1日だけの滞在ではやっぱり行ける場所はとても限られていて物足りなかったので、機会があればまたもう1回行ってみたいと思った (*´ω`*)

帰国ついでに上海にちょっとだけ寄ってきました〜・上海旅行記その1【中国・上海】

上海、浦東

長らくブログの更新が滞っておりまして、申し訳ございません m(_ _)m
約3週間ืの一時帰国と、その際に溜めこんでしまった数々の仕事の対応に追われて、ブログのことをすっかり忘れておりました……。
今週からまたぼちぼちと更新していくつもりなので、よろしくお願いします。


日本からプーケットに戻る際、春秋航空という今まで聞いたことのない中国の航空会社が安くチケットを出していたので、上海経由で利用してみた。

途中の乗り換えが22時間ぐらいあったので、ついでにちょっとだけ上海を観光( ´ ▽ ` )ノ

私にとってはじめての上海旅行。というか、はじめての中国旅行。(台湾・香港は行ったことがある)
実はこれまで、私の旅の行き先として中国本土はほとんど候補にあがらなかったんだけど、今回行ってみたら、何というか目からウロコ。
とっても楽しかったし、見どころがいっぱいなんだということがよく分かった♪

一部中国人のアグレッシブさや他の国では通用しない独自のマナーには、辟易してしまうところもあったけど、そうかと思えば物腰が柔らかく親切な人もとても多い。
若い女性に関してはスラっと背が高い人が多く、服装もわりと垢抜けていて、見ていて惚れ惚れするような綺麗な女性も結構いた(*´ω`*)

でもそんなことより何より気になったことは、食べ物や飲み物が「なんかどれもぬるい」ということ。

コンビニの冷蔵庫に入っている飲み物が、ぬるい。
ラーメンが、小籠包が、ぬるい。
おしゃれなカフェの本格的なミルクティーまでもが、とてもぬるい!!

蒸し暑い気候の中歩きまわったあと、立ち寄ったコンビニで買った飲み物が全然冷えてないのは、気分的に非常につらいものがある。
プーケットに着いて、ガンガンに冷えた空港の中でキンキンに冷えたペットボトルの水を買って飲んだら、なぜかとてもほっとしてしまった。

今回、上海には夜9時頃到着して、南京東路にある某ホテルに1泊。
夜景で有名なバンド(外灘)まで歩いてすぐのところだったので、散歩がてら行ってみた。

バンドは、古い時代の重厚感ある歴史建築が川沿いに並んだ観光名所。夜になるとライトアップされてとても綺麗。

band2
上海、バンド

こんな感じ。素敵〜!!

バンドの対岸は、浦東と呼ばれる地域で、こちらは近未来的な摩天楼で有名。
川を挟んだ両側の景色が、まるで正反対な雰囲気で驚き。
古い時代の名残と現代中国の発展ぶりが共在する、上海ならではの光景だと思う。

写真ではちょっと分かりにくいけど、上海の空はかなりモヤがかっていた。

上海、浦東

雪国出身の方ならきっと分かっていただけるのではと思うけど、雪が降る日の夜のような、ぼんやり赤い色の空。
地上のあかりが、厚いスモッグに反射しているんだろうか?

上海、浦東

昼間でも、遠くにあるビルは上の方がスモッグで見えなくなっていた。
1日いただけなので体調に変化は無かったけど、気管支が弱く元・喘息持ちなので、長期滞在したらヤバいことになるかも〜。

年に1回のプーケット旧市街地のお祭り!プーケット・オールドタウン・フェスティバル【タイ・プーケット】

SONY DSC

もう3週間ほど前のことなんだけど、プーケットタウンの旧市街地(オールドタウン)で「プーケット・オールドタウン・フェスティバル」が開催された。
開催期間の2月7日〜9日間の3日間は、旧市街地の3つのストリートが全面歩行者天国に!

かつて錫やゴムの貿易港として栄えたプーケットのオールドタウンは数百年の歴史があり、特に中華系の移民を中心にして栄えた街。
そんなプーケットタウンの歴史や文化を満喫するというのが、このお祭りの目的らしい。

オールドタウンの歴史あるコロニアル風の建物が提灯でライトアップされ、たくさんの人々が行き交う様子はなんだか幻想的。

phuket oldtown festival

オールドタウンの中心「タラン通り」では、道路の真ん中に様々な屋台・夜店が並ぶ。

phuket oldtown festival

Tシャツなどの衣類も売ってたけど、前回行ったシャロン寺院のお祭りよりさらに安かった!
なので、そのときは買うのをためらった服と同じものをみつけて思わず購入♪ ラッキー♪

⇒前回行ったお祭りの詳細
春節(中国の旧正月)のプーケットは、ワット・シャロンのお祭りへ!【タイ・プーケット】

どうでもいいけど、この↓日本語Tシャツがちょっとツボだった。
「東京」はわかるけど、「KUMAMOTO」? 
これ以外にもたくさん熊本Tシャツがあった。なんでそんなに熊本押し?
これらのTシャツも100バーツほどで激安。

phuket oldtown festival

プーケットタウンの文化を紹介する、のがこのイベントの目的とのことで、
通りのあちこちでパフォーマンスが行われいてた。

子どもたちによるタイの伝統楽器の演奏。

phuket oldtown festival

な……なんだこれ? のっぽの中国人。

phuket oldtown festival

この人達以外にも、これと同じパフォーマンスをしている二人組が何組かいたので、多分何か意味があるんだと思う。なんかの物語の登場人物とか?

そしてこっち↓も、正体不明のパフォーマンス。こ、怖い!! 一体何!?
多分これは、タイかプーケットに伝わる怪談話の一場面を表現しているのかなと思う。

phuket oldtown festival

あとなぜだか、コスプレイヤーもいっぱいいた。西遊記とか(なんか関係ない人も混じってるけど)。

phuket oldtown festival

プーケットタウンは中国の影響を強く受けている、ということで、中国にちなんだコスプレなんだと思う。
ほかにもチャイナドレスの女性やキョンシー(懐かしい)の衣装みたいなのを着た人とかもいた。
でもこっちは……!?

img19

これも中国文化・西遊記がらみといえばそうなのかもしれないけど、なんか違う気が〜〜
そして左の人は、一体何のコスプレなの?

と、以上がオールドタウン祭りでのタラン通りの様子の紹介。
タイらしいなんだか少しカオスな雰囲気でとっても楽しかった( ´ ▽ ` )ノ
隣のパンガー通りやその近くにある公園でもお祭りが開催されていて、そちらはまた違った見どころがあったので、それは次回のブログで☆

このお祭りは、年に1回2月頃に開催されていて、多分春節が終わった次の週末に開催されているのでは、と思う。
春節のプーケット言えばシャロン寺院のお祭りだけど、もしそれを見逃してしまったら、こちらのお祭がチャンスかも♪