衝撃閲覧注意!ベジタリアン・フェスティバルのパレードの様子【タイ・プーケット】

ベジタリアン・フェスティバルのパレード

毎年恒例、プーケットのベジタリアン・フェスティバルギンジェー)。
9日にわたるお祭りは、先週10月2日に幕を閉じた。
その間、私は風邪から気管支炎をこじらせて部屋にこもりきりになり、お祭をほとんどエンジョイできず……(T_T)

でもたまたま私が住んでいるコンドミニアムのすぐそばに、カトゥー寺のパレード隊がやってきたので、見学をすることが出来た。
朝の6時から鳴り響く爆竹とともに、神様がとり憑いてトランス状態になった人々(マーソンと呼ばれている)と、そのお供たちが大行列で通りをゆっくりと行進していく。

ベジタリアン・フェスティバルのパレード

ベジタリアン・フェスティバルのパレード

マーソンといえば、ベジタリアン・フェスティバル名物の「顔にいろんなもの突き刺した人々」。
バーベキュー串のようなものから、定規のようなもの、木の棒など、様々なものを突き刺して歩く。
舌にぶっ刺してる人もいた。うぎゃ〜〜

下は、そんなマーソンたちの素敵写真ギャラリー、2014年版。
かなり衝撃的な写真もあるので、興味のある方だけご覧ください。


(※サムネイルをクリックすると写真が拡大します。)

何枚も写真を撮っておきながらなんだけど、血とかグロいものは大の苦手な私。
朝早い時間だったせいもあってか、まだ傷が新しく血をダラダラ流しながら歩いてる人もいたりして、こっちが気を失いそうになったことが何度かあった。

パレードが通る道沿いにある企業やお店は、祭壇を作ってマーソンたちをお迎えする。
マーソンたちは、祭壇に対してお祈りを捧げたり、お供えのフルーツを持ち去って見物客に配ったり。

ベジタリアン・フェスティバルのパレード

ベジタリアン・フェスティバルのパレード

マーソンのインパクトに負けてしまってあまり目立たないけど、たくさんのお神輿もパレードの名物。
お神輿が通り過ぎるときは、通り沿いの人たちが爆竹を鳴らす。

ベジタリアン・フェスティバルのパレード

ベジタリアン・フェスティバルのパレード

パレードの最後尾に近づいたとき、大きなお神輿がやってきた。
お神輿を先導する人たちが、見物客たちに「頭を下げて!」と叫びながら歩いていたので、私含めて周囲の人々はみんな一斉にしゃがむ。
そして通り過ぎたのがこのお神輿。

ベジタリアン・フェスティバルのパレード

おぉ!? 「大」「帝」!?

ベジタリアン・フェスティバルには実はもうひとつ別名があって、「ナイン・エンペラー・フェスティバル」つまり「9人の神様のお祭り」と呼ばれている。
中国語では「九皇大帝」と書くらしく、この「九皇大帝」と書かれたのぼり旗が、お祭りの期間中街のいたるところに立てられる。
多分このお神輿は、その九皇大帝のうちのひとつを祀ったものなんだろうと思う。
お祭りの中心となる一番尊い神様が通りすぎるので、頭を下げて、って言ってたんだろうな、と。

プーケット島内にはたくさんの中華系寺院があり、私が見学したパレードはカトゥー寺のパレードだったけど、他の寺院でも同じようなパレードをする。
残りの8人の神様たちは、多分他の寺院に祀られているのかな?(※憶測です)
ちなみに「九皇大帝」が一体何なのか、いろいろ調べたけど今だによく分からない……

パレードはカトゥー寺を出発し、プーケットタウン市内を練り歩きながらサパーンヒン(プーケットタウンの海浜公園)に行き、また引き返してカトゥー寺に戻るというルートをたどる。
カトゥーからサパーンヒンは、車でも30分はかかるほど離れていて、気軽に歩いていけるような距離ではない。
現に、朝6〜7時ぐらいに出発して、また同じお寺に戻ってくるのに4時間ぐらいかかってたみたいだし。

それなのに、パレードに参加するマーソンたちは、みんな裸足で歩いているし、その上いろんなものを顔につきさしているし……あんな状態で4時間ぐらい歩きっぱなしなんて。
本当に、神様の力のなせるワザなのかもしれない……(−_−;)

そんなデンジャラスでアメージングなベジタリアン・フェスティバル、「今年はもう終わってしまったのか」と残念に思うのはまだ早いですよ〜

なんと今年は、2回あるらしいです。

ベジタリアン・フェスティバルはそもそも中国の旧暦を元にしていて、今年は旧暦で9月が2回あるために、ベジタリアン・フェスティバルも2回行うとのこと。
2回目は、2014年10月24日から11月1日まで。

パレードも、10月31日にカトゥー寺出発で行うらしいので、1回目を見逃した方はぜひ〜!

プーケットのカルチャーを楽しむイベント!プーケット・オールドタウン祭り【タイ・プーケット】

プーケット・オールドタウン・フェスティバル

前回の日記に続き、今回もプーケット・オールドタウン・フェスティバルのお話。

↓前回の日記
年に1回のプーケット旧市街地のお祭り!プーケット・オールドタウン・フェスティバル【タイ・プーケット】

前回はタラン通りでのお祭りの様子について書いたけど、今回はその隣のパンガー通りの様子をご紹介。
パンガー通りは、以前の日記で少し触れたことがあるんだけど、アーティストのギャラリーやアトリエが多い。

⇒詳細記事
プーケットタウン「オールドタウン(旧市街地)」を探検!おすすめスポット紹介 ★パンガー通り編★

そのためか、お祭りの期間中のパンガー通りには、たくさんのアーティストの作品が展示されていて、青空絵画展状態になっていた。
(急に通り雨降ったらどうするんやろ……)

プーケット・オールドタウン・フェスティバル
プーケット・オールドタウン・フェスティバル
プーケット・オールドタウン・フェスティバル

タイらしい、仏画っぽいものやアジアンテイストな作品が多く、どれもとても見応えがある。
こういう絵を、ぽーんとその場の思いつきで買って、部屋にかざって楽しむような生活を、いつかやってみたい……

展示だけじゃなく、アートな生パフォーマンスも行われていた。

プーケット・オールドタウン・フェスティバル

ギターの生演奏に合わせて、生で絵を仕上げていくというもの。
写真右手にいるのが、大きなブラシを使って大胆に色を塗っていくアーティスト。
このときはまだはじまったばかりだったので、どんな絵になっていくのか全然予想がつかない。

写真左側にいるギタリストの腕前はプロ級で、ツェッペリンの「Stairway to heaven」やガンズの「Sweet child o’mine」など、(私には)馴染み深い、懐かしいロックバラードの名曲の数々を情感あふれる美しい音色で奏でていた。
でも、絵画のパフォーマンスとなんか全然合ってない気が……ギターいらないんじゃ?

絵画だけじゃなく、手作りのアクセサリーやシルクスクリーンのオリジナルTシャツなどを売るお店などもあり、特設ステージ上ではバンドの演奏が行われ、タラン通りとは全く違って完全にアートフェスティバル!
いいなー、いいなー。
プーケットに住んでからはアートに触れる機会がめっきり少なくなったので、こういうイベントに来れたのはとてもうれしい。

パンガー通りには中国寺院があるんだけど、そこに入ったら「なんか」やってた。

プーケット・オールドタウン・フェスティバル

上半身ハダカの男性が、祭壇のようなを囲んでる……?
しばらく見てると、男性たちが「えいっ」と祭壇を持ち上げて寺院の外へ出発。

プーケット・オールドタウン・フェスティバル
プーケット・オールドタウン・フェスティバル

この感じ……日本の神社のおみこしそっくり

中国にも、おみこしがあるの!?
このあと、どこからともなく同じようなおみこしが多数集まってきて、みんなで一斉にどこかに向かって出発して行った。
一体なんだったんだろう? これも、プーケットの文化のひとつ??

パンガー通りをあとにして近くの広場に行くと、こちらは完全に中華風の飾り付けになっていて、かなり大きなステージの上では剣舞やカンフーのパフォーマンスが行われていた。
プーケットタウンは中華系移民が多いので、それにちなんだものなんだと思う。

プーケット・オールドタウン・フェスティバル
プーケット・オールドタウン・フェスティバル
プーケット・オールドタウン・フェスティバル

タイ流のお祭りが楽しめるタラン通りに、地元のアートが楽しめるパンガー通り。
そして、中華風の文化を楽しめる広場。

プーケットのミックスカルチャーが一度に楽しめる、内容盛りだくさんで充実度満点のお祭でした〜♪