プーケット最大(おそらく)の涅槃仏がある、ちょっと変わったお寺へ【タイ・プーケット】

プーケット

前回のブログでご紹介した、ワット・プラトーンに行く途中の道で、ちょっと気になる謎寺を発見したのでついでに立ち入ってみた。
通り沿いからでも見える涅槃仏がとてつもない存在感を放っているので、すぐ分かるかなと思う。

⇒前回の記事はこちら
不思議な伝説が残る黄金の仏像ープーケットのパワースポット「ワット・プラトーン」【タイ・プーケット】

場所はワット・プラトーンよりもプーケットタウン寄り、ヒロイン像のロータリーの近く。
お寺の名前はおそらく「ワット・シースントン?」(タイ語の読み方に自信無し)

ワット・シースントン

参拝者をまず出迎えてくれるのが、なんとも不思議な動物の像たち。

ワット・シースントン

パンダ、鹿、ワニ…… 順番に特に意味はないのかな?

ワット・シースントン

こちら↑には、お魚とピンクの象さん。一番右にはタイの妖怪(名前忘れた)、奥にはタイの鬼(ヤック)。

ああ! 今気づいたけど、この少年たちはキスをしている!? 
多分偶然そうみえるだけだろうけど、ちょっとあせった……

どれもこれも、何とも形容しがたい微妙なつくり。可愛いのか不気味なのか……
こういうのをお寺の中に作る意図は何なんだろう?

ワット・シースントン

お寺に入って正面の奥に、一番の目玉と思われる巨大な涅槃仏が建物の屋上部分に横たわっている。

ワット・シースントン

写真では分かりにくいけど、かなり大きい。
アユタヤの有名な涅槃仏に匹敵しそうなくらいで、多分プーケットで一番大きいのでは、と思う。
でもなんだか、こちらも何とも言えないユニークな表情をされているな〜。こういう顔の人、いそう。

小さいマイナーなお寺だけれども、観光バスが何台か止まっていて中国人観光客がチラホラ。
最近作られたばかりと思われるピカピカの神像の周囲には、中国語での説明書き。

ワット・シースントン

神像の奥の方に行くと、外壁に劇画調の仏画が描かれた建物がある。
この仏画もものすごく気になるけど、とりあえずそれはおいておき建物の中に入ってみる。

ワット・シースントン

建物の中は新しい仏像が置かれた礼拝堂で、お坊さんがたくさんの中国人観光客を集めて、なにやら説明をしていた。
観光客たちの周囲にはガラスのショーケースがズラッと並び、その中にはたくさんの仏像のお守り。
多分ほとんどが金でできているのではないかな? 値段をチラっと見たけどかなりの高額だった。

なんだかな〜…… ちょっと違和感を感じてしまう。
さっきの神像もこの金の仏像を売る礼拝堂も、本当にごく最近作られた感じで、いかにも中国人観光客のお金を狙っている感じがあからさまで。
残念ながらあまりありがたみを感じなかったので、このお寺ではお金の寄付やお参りはしなかった。

涅槃仏と動物像だけのままだったら、魅力あるお寺だったのにー。

不思議な伝説が残る黄金の仏像ープーケットのパワースポット「ワット・プラトーン」【タイ・プーケット】

ワット・プラトーン

「地球の歩き方」っていうガイドブックのタイ版に、プーケットの観光名所として、2箇所のお寺が紹介されている。
そのうちのひとつは、市内観光ツアーの定番にもなっている有名なお寺「ワット・シャロン」。
そしてもうひとつが、「ワット・プラトーン」というお寺。

⇒ワット・シャロンについての詳細はこちら
プーケットのお寺、ワット・シャロン

豪華で美しい外観のワット・シャロンは、プーケット観光では絶対に外せないスポットのひとつ。
強力なパワースポットとしても知られていて、私も何回も参拝に行っている。
でも、一方のワット・プラトーンに関しては、2年半もプーケットに住んでいるというのにまだ一度も行ったことがなかった。
そこで先週ふと思い立ち、ひとり原付に乗ってお参りに行ってみることに。

場所は、プーケット空港とプーケットタウンをつなぐ大通りの途中、タランエリアのテスコ・ロータスから少し空港寄りに行ったところある。
プーケットタウンからも各リゾート地からも遠く離れた、少々不便な場所。

途中道に迷いつつもなんとか辿り着いたお寺は、思っていたよりずっと小さく訪れる人も少ない。
建物は写真↓の2つだけ。そのうちの1つは扉が閉まっていて入ることができない。

ワット・プラトーン

入り口が開いている建物に入ってみると、そこには体の半分が床に埋まった黄金の仏様が。
ちなみに「ワット・プラトーン」とは、「黄金の仏像のお寺」という意味。

ワット・プラトーン

この仏様については、不思議な伝説が語り継がれているらしい。
内容は以下の様なもの。(※お寺の看板に書かれていた説明文をざっと翻訳)


何百年も前、この仏像は頭の先の部分だけを地上に出した状態で、牧草地に完全に埋まっていた。
ある少年がそれを発見したが、それが仏像だとは気が付かず単なる棒だと思いこんで、仏像の頭の先に牛をくくりつけたところ、少年と牛は死んでしまった。
父親がその事実に気がつき、村人みんなで仏像を掘り起こそうとしたが、蜂の大群におそわれたり体調を崩して死ぬ人が出たりなどして、掘り起こすことができなかった。

時代は流れ、ビルマ軍がこの地を攻めてきた時、ビルマ軍がこの仏像の存在に気づき掘り起こそうとした。
しかし不思議なことにまたも蜂の大群があらわれ、掘り起こそうとする人々を襲い、何百人もの人が病に倒れたり死んだりしたという。

その後、偉いお坊さまがやってきて、ここにお寺を作ってこの仏様を祀りなさい、と助言をした。
こうして、このお寺(ワット・プラトーン)が作られることになった。
<おしまい>


なるほど〜 この手の伝説とか言い伝えって、どこにでもあるもんだなー。
切ろうとすると関係者が死んでしまうご神木とか。日本でもよく聞く話。

何百人ものビルマ軍を壊滅させたほどのパワーがあるのだから、きっとご利益があるに違いない。
私も、いくらかのお金を寄付してお線香でお参りした。

それにしても、伝説が本当だとすれば、この仏像は相当昔に作られたもののはずだけど、まるでつい最近作られたかのようにピカピカだ。

ワット・プラトーン

日本だったら、こういった仏像は塗り直しせずにそのままの状態で保存するんだろうけど、タイではどこのお寺にいっても仏像はたいていピッカピカ。
ミャンマーあたりだと、極彩色にペイントされたりしている。
多分、何度も塗りなおしたり補強したりして、常に見た目が新しい状態になるようにしているような感じ。

日本人の感覚だと、歴史の古いものはそれを感じさせてこそ価値があるように見えるものだけど、東南アジアではそこらへんの考え方が違うのかも。
仏様を敬うため、いつの時代でも常に綺麗な状態を保つようにした方が良い、という思いがあるのかもしれない。

黄金の仏様が安置されている建物の裏に行くと、かなり雑な作りの謎の少年像が。

ワット・プラトーン

なんだこれ…… 多分言い伝えの中に出てくる、仏様を発見した少年の像なんだろうと思うけど。
左に立てかけられた看板には「タバコと健康だったら健康を選ぶ」とか書いてある。
いや、そりゃまったくその通りだと思うけど…… だから一体何なんだろう??

少年の前にお供えされた赤い飲み物の理由や、この少年を拝むことで得られるご利益とか、まったく分からない。
なんなんだー すごく気になる〜〜
この赤い飲み物は、いろんな場所でお供え物になっているのを見かけるんだけど、詳細は今だに不明。

「地球の歩き方」では、ワット・シャロンと同じぐらいの扱いで掲載されているワット・プラトーン。
実際行ってみたら、ワット・シャロンよりもずっと規模が小さく、観光地としての魅力はそれほどでも無いかなというのが正直なところ。
でもきっと、パワースポットとしては相当のご利益があるのではと思う。

黄金の仏様、パワーをありがとうございます。良いことがありますように!

お猿さんがいっぱい、洞窟の中にあるお寺「スワンクハ寺院」【タイ・パンガー湾ツアー記その2】

スワンクハ寺院

※前回の記事、タイ・パンガー湾ツアー記その1はこちら
⇒「風光明媚な観光スポット、パンガー湾のカヌーツアーに参加!(これで3回目……)【タイ・パンガー湾ツアー記その1】


今回参加したパンガー湾ツアーで、まず最初に向かったのはパンガー県のお寺「スワンクハ寺院」。
天然の洞窟の中に作られたお寺だ。

寺院の入り口はこんな感じ。
周辺にはお猿さんがいっぱい!!

スワンクハ寺院

スワンクハ寺院は、別名「モンキーケイブ(猿の洞窟)」とも呼ばれている。

スワンクハ寺院

タイの猿は、見た目は少し日本の猿と似ている気がするけど、アグレッシブな日本猿と比べてとてもおとなしく無害な印象。
昔のベッカムのヘアスタイルみたいな、尖った頭が可愛い (*´ω`*)

スワンクハ寺院

そして寺院の中に入ってみると、金色の大きな涅槃像が横たわっていた。

スワンクハ寺院

暗い洞窟の中ぼんやりと光る仏様は、とてもパワーがありそう。
私たちも、タイ人に混じってお花とお線香でお参り。

タイのお寺には、おみくじがあることが多い。
ここは観光客が多いせいか英語のおみくじがあったので、私もひいてみた。すると、

「今は、幸運とは川をはさんで反対側の岸辺にいる。
川を渡るための橋を地道に作っていけば、将来は幸福になれる」

というようなことが書いてあった。
未来に希望が持てそうな内容♪
このおみくじは大事にとっておくことにしよう (*´∇`*)

涅槃像だけでなく、洞窟の中には様々な仏様の像があり、神秘的で厳かな独特の雰囲気が漂う。

スハンクハ寺院
スハンクハ寺院
スハンクハ寺院

涅槃像の奥にあった階段をのぼってみると、その奥にさらに洞窟が続いているようだった。

スハンクハ寺院

探検してみたかったけど、寺院に入る前に私がトイレでモタモタしていたせいで、そこまで行く時間がなくなってしまっていた。
洞窟の外に戻ったあと、お猿さんにエサをあげたかったけど、それも時間がなくて断念。ああぁぁ〜〜

一日で色々な場所を周るツアーなので、1箇所1箇所を短時間で切り上げるのは仕方ないことなんだけど、このお寺はもっとじっくり見学したかったなあ〜

プーケットから車で1時間ぐらいで行ける場所なので、機会があればまたドライブがてら来てみようかな。


スワンクハ寺院の地図

髪が生え続けるタイのお坊さんのミイラ in ナコーンシータマラート

mummy1

タイ語学校の先生たちとともに訪れた、ナコーンシータマラートのプラ・タート修道院。
修道院内の長い階段とケモノ道を登った小山の頂上に、5年前に亡くなったという偉いお坊さんのミイラが安置されていた。

ミイラって……もしかしたら、人生ではじめて見たかも。なかなか衝撃的 (;゚д゚)
死後まだ5年しかたっていないせいか、輪郭や皮膚感はまだ人間らしくしっかりしている。
でも、なぜか全身金色に塗られていた。よくわからないけど、金箔を貼られているのかな?

下の写真の建物の中に、お坊さんのミイラは安置されていた。
中には入ることができず、上の写真はガラス戸越しに撮影。

mummy2

横で一緒に写真を撮っていた校長先生が言うには、なんと今も髪が生え続けているとのこと
そう言われてみて良く見ると、たしかに髪の毛がまばらに3〜4cmぐらい生えている。
いやまさか、もともとあった毛でしょ?と思ったけど、よくよく考えるとお坊さんって全部剃るよね……

「体は死んでしまったけど、今もまだそこにいらっしゃるんだよ」と校長先生。
もしかしたら本当にそうなのかもしれない。
不思議と恐ろしさや不気味さは感じなくて、むしろどことなく、優しさを感じるような神々しいオーラに包まれていた。

お坊さんのミイラといえば、日本でも即身仏がよく知られているので、日本人にとってはそれほど驚くべき話でも無いかもと思う。
子供の頃、家にホラー話ばかりを集めた児童書があって(って自分が買ったんだけど)、その本の中に「即身仏になる方法」みたいな話が紹介されていたのを思い出す。

ーー自ら即身仏(ミイラ)となることを選んだお坊さんは、死後に体が腐らないように木の実だけを食べて体の脂肪を無くす修行をして、生きながら埋められる。
そして、地中で鈴を鳴らしながらお経を読み続け……その音が聞こえなくなったら、ミイラの完成☆
って怖すぎるよぅ〜〜 この話 (´;ω;`)

このお坊さんのミイラは、そういった日本の即身仏のように厳しい修行の後に自らミイラとなったわけではなく、自然に亡くなられた後に何らかの処置を施されてミイラになったみたい。
タイにも即身仏の習慣があったかどうかは良く知らないけど、気候を考えると、日本みたいに何百年も腐らずに残るのは無理なのではという気がする。

タイでは、徳の高い偉いお坊さんが亡くなると、死後にその姿そっくりの像を作って崇める慣習がある。
お坊さんの遺体をこうやってミイラとして保存しておくことも、多分それと同じような感覚なんだと思う。
特別珍しいことでも無いようで、たしかリゾート地で有名なサムイ島にもお坊さんのミイラがあると聞いたことがあるし、他の場所でも何か聞いたことがあるような気がする。

なんだかちょっと興味が湧いてきた。お坊さんのミイラ。
今度サムイ島のミイラを見に行ってみようかな (*´∇`*)

↓この場所への地図

大きな地図で見る

南部タイの仏教の中心地、ナコーンシータマラートへ

ナコンシータマラート

先週、タイ語学校の先生たちから「タンブン(功徳)に行かない?」と誘われ、ナコーンシータマラートへ日帰りドライブへ♪

ナコーンシータマラートは、タイ南部の小さな街。
プーケットがマレー半島の西側にあるのに対して、ナコンシータマラートはちょうど反対側の東海岸に面している。
地図で見るとプーケットのすぐ近くにあるように見えるんだけど、実際行ってみると、車で飛ばしまくっても4〜5時間はかかる距離だった。

プーケットにも立派なお寺がいくつかあるのに、どうしてわざわざ?
と思って調べたら、ナコーンシータマラートは、古くから南部タイの仏教の中心地だった場所で、由緒正しいお寺がたくさんあるらしい。
タイで2番目に高い仏塔があるワット・プラ・マハータートというお寺が特に有名、ということらしいんだけど、今回私たちはそこには行かなかった。

私たちが訪れたのは、どうも普通のお寺ではなくて、お坊さんが修行したりする場所。
iPhoneの地図によると、名前は「Phra That religion practice center」と書いてある。
辺りに何も無い、山奥にひっそりと佇む修道院。
訪れる参拝客も、私たちしかいなかった。

ひとつの小さな山全体が修道院の敷地になっていて、山のいたるところに、上の写真の蛇の像のような不思議なものがたくさんある。

こちら↓は、願いごとをひとつだけ叶えてくれる神様の像らしい。正体はよくわからない。

ナコーンシータマラート

「何かお祈りしてみたら?」と横にいた先生に急に言われ、何にも考えてなかった私は、とっさに「ヨーロッパ旅行に行けますように」とお祈り。
ここに来る道中の車に同乗していた男性から、先月ヨーロッパ旅行に行ったという話をずっと聞かされていた影響で、とっさに出てきた願いごとだったんだけど、今考えれば、もっと叶わなそうなことをお祈りしとけばよかった (´・ω・`)

山登りの途中、校長先生が山肌の少し岩が崩れた部分を指差して、こんな話を教えてくれた。

「昔、生活に困った人たちがお坊さんにどうすれば良いか相談したら、お坊さんがここを掘りなさいと教えてくれて、その通りにこの場所を掘ったら、本当に金(きん)がたくさん出てきたんだよ」

ふ〜ん、古い言い伝えなのかな、と思って聞いていたら、なんとまだ10年ぐらい前の話らしい!
金を掘り出した人たちは3人いて、それぞれどこかに持ち去ってしまったそうな。
おとぎ話のようなことが今も現実に起こる、不思議の国タイランド……( ´ ▽ `;)
いいな〜、誰か私にも金のありかを教えてくれないかな〜。

山の散策が終わったら、そもそもの目的であるタンブン(功徳)をするために、偉いお坊さんの像がある本堂へ。

お坊さんの像

ここで、先生たちが参加メンバー(全部で8人)からタンブンのお金を集める。
これに学校の運営資金の一部を加えて、合わせて約4,000バーツほどの寄付金をお坊さんに渡した。
4,000バーツ(約12,000円強)といったら、タイの物価を考えると結構な高額。
お寺への寄付に、こんなにたくさんお金を出すなんて。

あ、そうか、これは多分、日本で会社の重役や経営者が社運隆昌を願って神社で寄進や祈祷を行うのと、同じなのかもしれない。
タイではそれを、お寺でやるんだな、と思った。

そういえばうちの親も会社経営者なので、毎年1回、京都の伏見稲荷神社に祈祷に通っていたなあ〜。
やっていることがそれと似ているような気がして、伏見稲荷の思い出がたくさん蘇ってきた。

寄付金を受け取ったお坊さんは、頭を下げて合掌する私たちに対して短いお経をあげた後、小さいほうきのような器具を振りながら、聖水をパシャ、パシャ、と頭にふりかけてくれた。
これもなんとなく、祝詞をあげて紙垂を左右に降りながらお祓いをしてくれる神主さんと、イメージが少しかぶる。

もちろん、タイの仏教と神道とはあまり関わりはないと思うので、こうした共通点は偶然だろうと思うけど。
でも、人々が仏様や神様にすがってお祈りする気持ちは、どんな宗教でも同じなんだな〜と思った。

↓この場所への地図

大きな地図で見る