春節(中国の旧正月)のプーケットは、ワット・シャロンのお祭りへ!【タイ・プーケット】

ワットシャロンのお祭り

毎年、春節(中国の旧正月)の日から1週間、プーケットのお寺ワット・シャロンでは大規模なお祭りが開催される。
ワット・シャロンは、プーケットタウンの市街地から少し南に行ったところにある、プーケットで一番有名なご利益あるお寺。

ワットシャロンの詳細記事はこちら
→「プーケットのお寺、ワット・シャロン

ワット・シャロンはタイ式のお寺で、このお祭りは春節をお祝いしているわけではなく、仏教関連の何かに関するお祭りらしい。(ごめんなさい、詳細不明)
タイでも以前は中国と同じ暦を使っていたとかで、毎年、春節と日が重なっているんだとか。

春節の時期にこういうお祭りがあるという話は、以前誰かから聞いたことあったのにすっかり忘れてた。
終了日の2日前に語学学校の先生に教えてもらって、あわててその夜にひとりで行ってきた。

夕方の6時頃に家を出たんだけど、付近の道路は大渋滞。
通常時なら駐車場になっているところが全部お祭りスペースになっていたので、とにかく車を止めるところを探すのが困難。一人でバイクで来て良かった♪
付近の住民が、自宅の庭をバイク用駐車スペースとして提供していたようだったので、住民の案内に導かれるままそこに停めた。

すると、「一台20バーツね☆」と。
え、え、お金とるの〜? まぁ、私有地なんだから当然か……。
近所の人たちにとっては、年に1回のボロい商売なんだろうな〜( ´ ▽ ` ;)。

人混みにもまれながらワット・シャロン入り口の門をくぐると、そこには驚くほどたくさんの屋台・屋台・屋台!! 
そしてたくさんの人に、ムンムンの熱気。
話には聞いていたけど、本当にお祭りの規模が大きい。

ワット・シャロンのお祭り

タイのお祭りの屋台といえば、やっぱり食べ物屋さん。

ワット・シャロンのお祭り

定番の揚げ物や焼き物はもちろん、お菓子やケーキ、天津甘栗にたこ焼きなど、本当にさまざまなお店があった。
そういえば虫の揚げ物の屋台も多かったな…… 毎回そばを通るたびに、目の焦点をそこに合わせないようにしてたけど。

雑貨や服の屋台も充実していて、ほかのマーケットとかより全体に少し安かったと思う。
Tシャツが50バーツ(約160円)ぐらいから、そこそこ使えそうなバッグが150バーツ(約500円)ぐらいからあって、いろいろと買いまくった。
↓大量売りされていた懐かしのアラレちゃん帽子。
なんで今、アラレちゃん……タイで流行ってるの?

ワット・シャロンのお祭り

ペットもいた。ウサギ、犬、猫など。
……扱いが良くないのか毛並みが悪い動物が多くて、ちょっとかわいそうだったかも。

ワット・シャロンのお祭り

数カ所にステージが設けられ、コンサートもやっていた。

ワット・シャロンのお祭り

そしてワット・シャロンの中心の建物の前に行ってみたら、土が盛られていてたくさんの旗が?

ワット・シャロンのお祭り
ワット・シャロンのお祭り

普段はもちろん、こんな盛り土はない。
みんながどこからともなく小さい旗を持ってきて、次々に土に突き刺していた。
一体どういう意味があるんだろう? 旗をさしたら何かのご利益があるのかな?

それにしてもこのお祭り、広いスペースに無数の屋台がごちゃごちゃとひしめきあって、全部じっくり見て回ったら数時間はかかるのではと思う。
実際自分も、買い物や買い食いをしながら遊んでたら、あっという間に3時間ぐらいたっていた。

そんな感じの、ワット・シャロンで年に1回行われる特別なお祭り。
ちょっと話が長くなりそうなのと、いまあまり時間がないこともあって、今日はここまで。
続きは次回のブログで♪

お気に入り♪エビ味噌ごはん「カオ・クルック・ガピ」【タイ料理】

カオ・クルック・ガピ

仕事が忙しいときは、近所の市場でお惣菜やお弁当を買って帰ることが多いんだけど、最近はまってるのが「カオ・クルック・ガピ」。

写真では分かりづらいけど、エビ味噌で味付けしたごはんの上に、刻み野菜や甘辛く炊いた豚肉などの具材をのせた料理。
私がいつも買っている「カオ・クルック・ガピ」は、ごはんの味はけっこう濃い目で、それだけで食べるのはちょっと苦しい。
でも、上にたっぷりとのった具と一緒にまぜまぜして食べると、ほどよい塩加減になってイイ感じ!

生野菜たっぷりで脂分が少ないので、胃がもたれているときでもさっぱりと食べられるので、お気に入り( ´ ▽ ` )ノ♪

日本とは少し違う、タイの野菜たち[タイ・プーケット]

前回の日記でタイの市場について書いたので、今回はその続きで、タイの野菜について( ´ ▽ ` )ノ

タイの市場で売られている野菜は、こんな感じ。

image

もうこの写真がすべてを物語っていると思うけど、タイの市場には、見慣れない野菜がいっぱい!
まん丸い緑の野菜、やたら細長い野菜、正体不明のこれらは一体!?

ーー 実は、見た目が全然違っているだけで、どれも、日本でもおなじみの野菜ばかり。
丸い緑のものは、なんとナス。長細いのは、いんげんのようなもの。
写真をよく見ると、他にも白菜や人参など、なじみのある野菜が他にも色々並んでいる。
和食、洋食、どんな料理でも、大体のものは、市場で手に入る食材で作ることができる。

一方で、タイには、日本に無い種類の野菜もたくさんある。
特によく目にするのは、鍋や炒め物に使われる、雑草っぽい葉野菜類。
名前はわからないんだけど、いろんな種類があって、意外とクセが無くどれも美味しい。
でも、どういう風に料理したら良いのか
まだイマイチわからないので、自炊用には買わないけど。

ところで、以前アメリカに行ったとき、ナスやカボチャ等の野菜がやたら大きくて、ビックリしたことがあった。
タイに住む前は、タイも大きい野菜が多いのかな、なんて想像してたけど、実際はそうでもなかった。
むしろ、日本より小さい野菜が多い。

たとえばキャベツなんかは、手のひらサイズ!

image

……まあこの写真はちょっと極端な例で、実際はもう少し大きいものが多いんだけど、それにしても日本よりずっと小さい。

白菜、大根、人参、ゴーヤーなども、やたらと小さい。
日本より大きいなーと思ったのは、かぼちゃぐらいかな。
あとはたいてい、可愛らしいミニサイズ。どうしてなんだろう?
味は普通に美味しいから、別にいいけど〜〜。

タイの人々の生活に欠かせない市場[タイ・プーケット]

タイに住んでいて、日用品や食料品を買いに行く場所といえば、日本と同じように、スーパーマーケットとコンビニが挙げられる。

でもそれとは別に、昔ながらの市場(タラートと呼ばれる)も、多くのタイ人に日常的に利用されている。

image

写真は、うちのすぐ近所の市場。
屋根付きで、様々なものがとても安く売られている。

野菜や果物はもちろん、肉や魚介類、調味料、日用品、さらにはCDや化粧品、洋服なんていったものまである。
小規模なスーパーマーケット並みの品揃えで、スーパーより安い。
タイ国内の、そこそこ大きい街なら、どこの地区にもたいてい一か所は市場があるのではないかと思う。

こういった市場で目立つのが、カレーや炒め物など、様々な料理を売るお惣菜屋さん。

image

バットに入ったおかずの中から、好きなものを選ぶと、袋に入れてもらえる。
1種類40バーツ、一人で食べるんだったら、おかず1種類と白いご飯でお腹がいっぱいになる量。

見た目に美味しそうなので、今までいろんなおかずをチャレンジして買ってみたんだけど、なんか……どれもこれも口に合わなかった。
異常に辛かったり、酸っぱすぎたり、生臭かったり、これアク取ってないでしょ?って味だったりーー。

「ローカル向けの市場の味は、やっぱり日本人には合わないのかな?」と、ずっと思っていたんだけど。
先日、用事で遠くのエリアに行くことがあったので、そこの地区の市場でお惣菜(カレーと野菜炒め)を買ってみたら、めっちゃ美味しかった!
要は、うちの近所の市場のお惣菜が、イマイチだったってことみたい……なんだ、残念(;_;)

行く時間帯によって、売られているものが違うっていうのも面白い。
朝早く行くと揚げパン屋さんだった場所が、夕方頃になると夜ごはん向けのお惣菜屋さんにチェンジしていたりする。

市場は、いつ行ってもたくさんの人で賑わっている。
外資系のこぎれいなスーパーやコンビニが、どんなにたくさん作られても、市場を訪れる人が減ることは無いのでは?
タイの人々にとって、市場は欠かすことのできない存在なんだと思う。

バガン名物の漆器と、町一番のマーケット[ミャンマー・バガン]

バガン旅行で、私が滞在した宿のすぐ近くに、町で一番大きなマーケットがあった。

ここでは、旅行者向けのおみやげ物が種類豊富に売られている。

おみやげ物で一番目につくのは、手作り感満載の、素朴な色とりどりの漆器の数々。
どうやらバガンは、漆器が名産らしい。
ミャンマーの他の地域では見られない、独特のデザインの漆器は、かつてバガンの王宮で使われていたとか。

小さいものだと、1ドルぐらいからある。
私は、ゾウの絵が描かれた小物入れを、2つ購入。
アクセサリー入れとして今も大活躍している。 可愛いし丈夫だし、お気に入り♪

このマーケットは、地元の人も利用するようで、日用品や食料品を売るお店も多い。
そういったお店の中をのぞくと、私たち外国人には、さっぱり正体がわからない不思議な雑貨や食べ物がたくさん売られている。
ミャンマーの人々の生活が垣間見えるようで、なかなか楽しかった ♪( ´▽`)