バンコクの中の日本2 ー シーロム・タニヤ通り

taniya1

色とりどりの日本語の看板に、行き交うたくさんの人と車。まさに、典型的な日本の歓楽街の風景。
でも、ここは日本じゃない。
バンコクの中心地のひとつ、シーロムエリアにあるタニヤ通り。

なんかどこかの地方都市で見たことがあるような〜〜?? ものすごい既視感ありまくり。
地元(福井)の歓楽街、片町にちょっと似てるかも?

taniya2

とにかくどこを見ても日本語がいっぱい。おお、なつかしい、牛角がある……
お店の名前とか看板のデザインが、ちょっと昭和っぽいかも。

このタニヤ通りは、日本人のお客さんだけを対象にした、日本と同じシステムのカラオケバーやらクラブなどのお店がたくさんあるらしい。
そのため、日本のおじさんたち向けのお店が多数集まっている。
この通りにあるショッピングモールにフラッと入ってみたら、1〜2階のテナントのほとんどがゴルフ用品店だった(−_−;)。
ウィンドウショッピングでもしようかと思って入った自分の、場違い感が半端ない。びっくりだ。

そもそもなぜこんなところに来たかというと、このタニヤ通りがあるシーロムエリアが、パスポート再発行のために行った日本大使館と近かったから。
バンコクに遊びにくるのはこれでもう7回目なのに、このエリアにはほとんど行ったことがなかったので、興味本位で立ち寄ってみた。
実際来てみてよく分かったけど、女性がひとりで散歩がてらに遊びに来てもしょうがない場所だった……
ただ、日本食のレストランがとても充実しているので、グルメ目当てに来るのには良いかもしれないけど。

タニヤ通りと平行して隣同士の場所に、おみやげ物や偽ブランドで有名な夜店街とゴーゴーバー(女性をお持ち帰りできるバー)で有名なパッポン通りがある。
この2つの通りがあるために、このあたりは本当にたくさんの男性観光客で賑わっている。

観光でバンコクを訪れた日本人のおじさんたちは、タニヤ通りの居酒屋で夕食を食べて、カラオケバーで歌って、そしてパッポン通りに移動して、お土産を見たりゴーゴーバーではしゃいだりするのが定番のコースだったりするのかな。

そして日本に帰ったら、家族にはその夜の話は秘密にするんだろうか……(´・ω・`)

taniya4

バンコクの中の日本 ー スクンビット・ソイ1/33を探検

soi31

風にたなびくたこ焼きののぼり旗が、郷愁を誘う。
BTSプロンポン駅を下りてすぐ、交通量激しいスクンビット通りから路地に入ると、そこにあるのはバンコクの中の日本!!

ここは、スクンビット通りソイ1/33。
「ソイ」とは、大通りに接している細い路地のことで、「ソイ1」「ソイ2」といった具合に番号で呼ばれる。
スクンビット通りのソイ1/33は、日本人駐在員が多いプロンポンエリアに位置し、在住日本人の生活を支える路地だ。

この通りにあるのは、日本人のためのお店ばかり。
日本食レストラン、お好み焼き屋、ラーメン屋、そして日本の書籍ばかりを取り扱った書店などもある。

tokyodo

「東京堂書店」。
店内はそこそこ広く、最新のものから少し古い雑誌のバックナンバーまで、品揃えもかなり充実している。
日本で買うよりも当然かなり割高ではあるけど、プーケットにはこういうお店は無いので、タイ語勉強本や旅行ガイドブックなど、全部で5,000円分ほどまとめ買い♪

そのほかにも、日本の100均商品らしきものを取り扱っている雑貨店もある。
60バーツ、80バーツといった具合に均一価格にはなっているけど、日本の倍近く、または倍以上の値段だ。

neo

ちょうどお腹がすいていたので、この通りでランチを食べることに。
私が入ったお店は、“日本の”昔ながらの洋食レストラン。名前は「洋々亭」。

yoyotei

店内に入ると、「いらっしゃいませ〜」の声と店員さんの笑顔。すぐに提供されるおしぼり。
いかにも日本の「町の喫茶店」といった感じの内装で、清掃が行き届いていて静かにくつろげる雰囲気。
本当に久しぶりだ〜 この空気感……

メニューは、ハンバーグやオムライスなど、定番の洋食がズラリ。
どれもプーケットでは食べられないので、どれにしようか相当悩んだんだけど、選んだのは大好きなナポリタン!

napolitan

お味は、見ての通りのトマトソースたっぷりの濃いめ系。でも、めっちゃ美味しい〜〜!!
量は結構多かったんだけど、ペロッと全部食べてしまった。ごちそうさまでした。

ランチに満足したら、次は路地の一番奥にある「フジスーパー」へ。

fuji

ここは、在住日本人奥様たちの御用達スーパー。
店内に入ると、「え、ここは日本ですか?」って笑ってしまいそうなくらい、日本でおなじみの商品ばかりが並ぶ。

私も何か買おうと思って、そういえばプーケットのスーパーではカツオブシが見つからなかったことを思い出し、カツオブシのコーナーへ。
何種類かあったけど、どれもバカ高い!
小分けにされたカツオブシが5袋入ったやつが、約130バーツ(約400円)。
1袋約25バーツって、私がプーケットの市場でたまに夕ご飯に買ってる20バーツのパット・バミー(タイ風焼きそば)より高いじゃないか!
そう思ったらアホらしくなって、買うのをやめた。

スーパーの店内を見渡すと、来ているお客さんのほとんどは、日本人の奥様方。
ひさしぶりにたくさんの日本人に囲まれて思ったけど、日本人て、背が高い!

私も身長163cmぐらいあるので、プーケットではかなり大きい人の部類。
プーケットは、バンコクより全般的に身長が低い印象で、私は大体いつも周りの女性を見下ろす状態になっている。5cm以上のヒールをはくと、半分ぐらいの男性を見下ろしている。
でも、このスーパーでは私の身長はごく標準的で、なんだか新鮮に感じた。まあ当たり前なんだけど……

最近のタイでは、昔のイメージとは異なり、ぽっちゃりした体型の人が激増している。
ぽっちゃりさんと、モデルのようなスリムさんが混在状態。
でも日本人女性って、みんな本当に同じような「やや細め」の体型。体型のバラエティーが少ないと感じた。

スラッとしていて背が高く、肌が透き通るように白く、着ている服も上品、な日本人奥様方。
色黒で露店で買ったTシャツ&ジーンズの私は、完全に浮きまくっているよ……( ´ ▽ `;)
なぜタイの人たちが日本人に憧れるのか、なぜ私がタイ人から日本人だと思われないのか、分かった気がした。

スーパーを出たら、次は日本風の総菜パンを売っているパン屋さんへ。

nakamura

このお店、たまたま前日に読んだ在住日本人向けのフリーペーパーのコラムで、ミュージカル歌手の新妻聖子さんが、以前よく通っていたお店として紹介されていた。
全然知らなかったけど、新妻聖子さんは10代の頃ご両親のお仕事の都合で、バンコクに住んでいたらしい。

私はここで、翌日の朝ご飯用にカレーパンとシュークリームを購入。
どちらもとても美味しかった。

散歩のあとは、滞在ホテルに戻り、フジスーパーで買ったたい焼きで3時のおやつ♪

taiyaki

つかの間に日本に帰国したような気分を味わえた、充実したひとときでした〜( ´ ▽ ` )ノ

この近辺に住んでたら、ホームシックなんてまったく感じなさそうだな……

私がタイを好きな理由と、日本とタイの違い[チェンマイの思い出]

image

過去の写真の整理をしていて、見つけたこの写真。

2010年のチェンマイ、クリスマスの日。
宿泊したホテルがある狭い路地で、出会ったかわいい子供たち。

これを見ていたら、写真とは直接関係ないんだけど、この日遭遇した、ちょっぴり心温まった出来事を思い出したので、書いてみることにした。


このとき私は、日本から数日間の短い日程で、友人二人とチェンマイに遊びに来ていた。

チェンマイは、タイの北部にある街で、首都バンコクに次いでタイ第二の都市と言われている。

第二の都市とはいっても、高層ビルはほとんど無く、人や車の流れはとてもゆるやか。
大都会バンコクとは比較にならないくらい、のんびりとした時間が流れる街だ。

一緒に来ていた友人たちは、2泊のみの弾丸スケジュール。
クリスマスのディナーを食べた後、二人は空港へ出発し、先に日本へ帰ってしまった。
もう1泊滞在の私はひとり残り、夜のチェンマイを散策することに。

クリスマスのチェンマイは、街全体でフェスティバルが繰り広げられていた。
あちこちで特設ステージが作られ、バンドの演奏や子供たちのダンスが披露されている。
広場や通りにはたくさんの屋台が立ち並び、タイ料理独特のスパイシーで香ばしい匂いに包まれていた。

私は、色とりどりのイルミネーションに飾られたクリスマスの町中を、おみやげのショッピングを楽しみつつの一人歩き
でも、1〜2時間ほど歩き回ったら、なんとなく寂しくなってきたので、ホテルに戻ることにした。

ホテルへと続く裏通りは、どこか懐かしい雰囲気の古い食堂や小さな商店が立ち並ぶ。
時間はすでに22時近かったので、どのお店もすでに閉まっていた。

ふと前方を見ると、暗闇の中に人だかりができているのに気付いた。
おそらく散髪屋さんと思われる店舗の入り口に、15人くらいの人が集まっている。ほとんどは子供たち。

「なんだろう? 何かあったのかな?」
と思っていると、聞き慣れたメロディーが耳に飛び込んできた。

「ハッピーバースデー・トゥー・ユー♪」
「ハッピーバースデー・トゥー・ユー♪」


よく見ると、男性がひとり、大きなバースデーケーキをお店の中へと運んでいる。
そして、ケーキを取り囲みながら、子供たちが近所中響くような大声で歌っていた。

「こんな時間に、こんな大声出して大丈夫かな。近所の人が文句言ってこないかな?」
と思う私の心配は、ここではまったく的外れなものだった。

歌を聞きつけた近所の人たちが、続々と笑顔で家を飛び出していたのだ。
そして、バースデーケーキの輪の中に、一緒に加わっていた。

街灯の消えた真っ暗な裏通りで、ケーキにのせられたたくさんのキャンドルの光が、ケーキを取り囲む人たちの笑顔をほのかに照らし出す。
子供たちも、後から集まってきた大人も、みんな満面の笑顔だ。
なんて、温かい光景なんだろう。

私はこのとき思った。こういう光景こそが、私がタイを好きな理由なんだと。
タイには良いところがたくさんある。
タイ料理、美しいビーチ、マッサージ、仏教文化、綺麗な女性とオカマちゃん、どれをとっても素晴らしい。
だけどそれ以上に私が惹かれるのは、こういった、人と人との温かいつながりなんだと思う。

日本では、多くの家が窓と門を固く閉ざし、外とのつながりをシャットアウトしてしまっている。
家の外で賑やかに騒いでいる他人たちは、目の敵になってしまうことが多い。

私には、チェンマイでのこの出来事と、とても対象的な日本での思い出がある。
学生のころ、友人たちと公園で花火をしながら談笑していたら、近くの家に住む男性が、どなりこんできた、というもの。
まだ時刻は夜の8時過ぎ。しかも、その家は50mぐらい離れていた。
私たちの笑い声も、それほど大きくは無かった。

こういうのは、たぶん、音自体は実はそれほど迷惑でもなんでもないんだと思う。
こういう行為を非常識だと定義してしまうから、相手のことが許せなくなるし、また、無関係な他人だと思うから、容赦のない対応をしてくるんだろうと思う。
幸せなひとときを楽しんでいる人たちを、温かく放っておく心の余裕が、どうしてみんな無いんだろうか。

タイの社会ではごく当たり前の、“迷惑はお互い様”の精神からくる寛容さと、他人との間の低い垣根
日本人はいつのまにかそれを失ってしまったのか、それとももともと無かったのかは、私にはよくわからないけど。

タイのこういう感覚が、私にとってはとても新鮮で、うらやましく感じる。
そして私も、タイの人々のようにもっとおおらかに、他人のことを受け入れられたら、と思う。

チェンマイの人たちは、ひとりぼっちのクリスマスの夜に、幸せな気持ちを私に分けてくれて、いろいろなことを考えさせてくれた。

日本人男性が、バンコクの電車で……

バンコクで、待ち合わせの場所に行くために、電車に乗っていたとき。

途中の停車駅で、若い日本人男性2人組が入ってきて、私の真正面で吊革につかまった。
そして、日本語で、超エロい会話をはじめた。

真昼なのに、女の子を買って行為をした直後だったらしく、どんな子だったとか、あんなことをしてもらったかとか、二人でペラペラ話してる。

どうやら、目の前にいる私を完全にタイ人だと思ったみたいで、生々しい恥ずかしい話を、包み隠さずぶっちゃけてくれていた。
私は……笑いをこらえるのに必死。

あのーー……( ;´Д`)
私、日本人ですよ?全部聞こえてますよ?

って言いたくなったけど、さすがに可哀想なのでやめておいた。
日本人男性、海外だからって、はしゃいで油断するのはやめましょうよ。
どこに耳があるのかわからないから。

それにしても、日本人からも日本人だと認識されない今の私って一体……
たった一ヶ月の滞在で、平均的なタイ人と同じ肌の色になり、完全にタイの風景に溶け込んでいる。
「えっ!あなた日本人?タイ人だと思った」 ってセリフ、何回言われたことか。

でもおかげで、こういう面白い事態に遭遇できる( ´ ▽ ` )ノ