今日はソンクラーン・タイの水かけ祭りの日☆プーケットタウンの水かけ祭りはこんな感じ【タイ・プーケット】

ソンクラーン

本日4月13日は、タイの旧正月・ソンクラーン
多くの人びとが街に繰り出し、桶・水鉄砲・ホースなどを駆使して水をかけあって新年を祝う、水かけ祭りとしてよく知られている。

前回のブログで、「次回はクラビ旅行記の続き」とか予告してたけど、せっかくのソンクラーンなので、今日撮影したプーケットのソンクラーンの様子をご紹介。
バイクに二人乗りしながら、防水カバーをつけたiPhoneで撮影した写真なので、なんかぼんやりしてるしあんまりうまく写ってないけど、とりあえず雰囲気は伝わるかな〜?

ソンクラーン
ソンクラーン
img4

こうして写真見てると、ピックアップトラックで遊びに行くのが正解だなーと思う。
普通の車では窓が開けられなくてつまらないし、バイクは水かけの集中攻撃に合うし事故の確率も高いし。
だからタイでは、ピックアップトラックが人気なんだろうか!?

ソンクラーンのプーケットタウンでは、多くのバイク・車が、サパーン・ヒンという海沿いの公園へと向かっていた。
サパーン・ヒンは、ソンクラーンはもちろん大晦日やロイクラトンなど、何かイベントがある日はなぜかみんなそこに集まるという、プーケットタウン市民の憩いの場。
上の写真も、旧市街地からサパーン・ヒンへと向かう通りで撮影。道は大渋滞。

通り沿いの商店の人たちはみんな外へ繰り出し、大音響でタイ演歌をかけて踊りながら、水をかけまくって盛り上がってた。
この通りは他のどこよりも盛り上がってるので、プーケットタウンでソンクラーンを楽しむなら、ここに行くのがおすすめだと思う。

img5

バイクで遊びに行くと、本当に水かけの的になってしまうんだけど、かけられる水の種類もさまざま。
赤や緑などの色に染まった謎の色水をかけてきたり、なぜかすごいいい匂いがする水をかけてくる人もいる。
何の匂いなのかはよく分からないけど、どれも全部同じ匂いだった。
暑さのせいで水の温度がぬるくなっているので、普通の水ならかけられても全然問題ないんだけど、たまにたっぷり氷の入った超冷たい水をぶっかけてくる人がいて、心臓に悪い(−_−;)

水だけじゃなく、白いパウダーのようなものをほっぺたにつけてくる人もときどきいる。
私も信号待ちで停車中に、突然後ろから現れたオカマさんから水で溶いた白いパウダーを顔にたっぷり塗られてしまった。

去年のソンクラーンはパトンビーチに行ったんだけど、曇り空で気温が低く、水をかけられるのはちょっぴりつらかった。
でも今年は快晴で気温も高く、氷水を浴びながらバイクに乗っていてもすぐに暖かくなるので快適で、去年よりもずっと楽しめた。
やっぱりソンクラーンの日は、こういうお天気じゃないと( ´ ▽ ` )ノ


去年のパトンビーチでのソンクラーンの模様はこちら
タイの水掛け祭り・ソンクラーン[タイ・プーケット]