プーケットの歯医者さんで、歯のチェックとクリーニング【タイ・プーケット】

歯医者

タイに住み始めてから2年半、先週はじめてタイの歯医者さんに行ってきた。
日本にいた頃は、年に数回歯医者さんで検査&歯石取りをやっていたんだけど、タイに住んで以来まったく行っていなかったため、そろそろヤバいかなと思ったので。
自覚のある症状は何も無かったけど、とりあえず悪いところがないかのチェックと、歯のクリーニングが目的。

家から徒歩数分のところにある歯医者さんに行ってみたんだけど、受付のお姉さんはタイ語しか話せず、問診票もタイ語オンリー…… 完全タイ人向けの歯医者さん。
待合室は無駄に広くてとても清潔で、大きなソファーがたくさん並べてある。
ちょうど今は学校が夏休みなので、子どもたちがたくさんいた。

ソファーの座り心地がとても良いので、ソファーに寝転がっている子どもが多かったんだけど、ふと自分の右のソファーに座っている親子に目をやったら、はぁぁ!?と目が点になった。

どうみても高校生ぐらいの大柄な男の子が、どうみても普通のタイのおばちゃんといった風情のお母さんのひざの上に、頭をのせた状態で寝転がっている。
そして二人はひざまくらの状態で、見つめ合いながら何かしゃべっている。

!?!?!?

しゃべっている口調とか内容とかに耳をすますと、ごく普通の親子の会話という感じ。
その後しばらくして受付から名前が呼ばれたら、男の子はしゃきっと立ち上がって診察室に入っていったので、別に体のどこかが悪かったからそうしていたわけでもない。
高校生ぐらいの男の子って、お母さんと二人で出かけることすら照れくさくて嫌がりそうなものだけど……
こういうのも、国によって違うものなのかなー。

ひざまくら親子の話は置いておいて、本題の歯医者さんの話。

30分ぐらい待って、やっと私の番が来た。
日本では見たことがない何やら大掛かりな機器で歯のレントゲンをとり、診察室へ。

診察室の設備は日本の歯医者さんとほとんど同じ感じでちゃんとして、歯石取りや検査もとても丁寧にやってくれた。
歯医者さんはおじいちゃん先生だったけど、英語が話せる方だったので意思疎通も問題なかったし。
そういや何も考えずに近所の歯医者に突撃したけど、もしタイ語しか話せない先生だったら、歯の症状の話とかされてもちんぷんかんぷんだったかも。

検査の結果、虫歯は無いと言われて一安心。
でも、親知らずがそのうちやばくなりそうかもということで、6ヶ月後にまた来てくださいと言われた。
親知らずかー。。。今までに何度か抜いたけど、言われてみればあと1本残ってたわ。
親知らずを抜くときのあの痛みを思い出し、いつかもう1回やらないといけないのかなと思うと、とても憂鬱。(´・ω・`)

診察が終わったら、すぐに受付でお会計。
チェックとクリーニングだけだったし、500バーツぐらいかな?とか思ってたら、
「1,500バーツです(約5,000円強)」と言われ、大ショック!!
タイの物価を考えると、高すぎない!?

たまたま高い歯医者さんに行ってしまったからなのか、それとも私が外国人だからぼられたのか、と思ったけど、あとでタイ人の友人に聞いてみたら「普通の値段」とのこと。
そうなのかー。まぁ、保険なしでこの値段は、日本と比べればすごく安いのかも。

タイの歯医者さんってどうなんだろう、と実は少し心配していたんだけど、設備や技術は日本とほとんど変わらなかったので安心した。
プーケットには外国人対応の歯医者さんもたくさんあるようなので、次回はそちらに行ってみようかな。

私の血液は、バイオハザードだったらしい[fromタイ・プーケット]

先月末ぐらいから、くしゃみ鼻水がひどいので、今日は病院へ検査に行った。
数ヶ月前にやけどしたときと同じ、「プーケット・バンコク病院」。

診断結果は、アレルギー性鼻炎。まあ、やっぱりなという感じだけど。
でも、何に反応してのアレルギーかがわからないので、血液検査をすることになった。

慣れた手つきで、私の血液を採取する看護婦さん。
大きな注射器でたっぷりと取られた血液は、透明の小袋に入れられた。

その小袋には、赤くでっかい文字で、
BIOHAZARD(バイオハザード)」 と書かれていた。
こういう↓マーク付きで。

image

「バイオハザード」。

同名のゾンビ映画およびゾンビゲームが有名だけど、意味としては、
生物学的有害物質」または「病原体」。

わ、私の血液は、病原体ですか〜〜 ( ;´Д`)!?

……まぁただ単に、余った袋を活用していただけだろうけど。
さすがタイ、大病院でも適当だなー、と思った。

話変わるけど、映画&ゲームの「バイオハザード」って、アメリカだとタイトルが違ってた。
「レジデント・イービル(邪悪な居住者?)」って言うらしい。
どうしてだろう……ゲームよりも先に、アメリカにバイオハザードってバンドがいたから?
(話がマニアックすぎ……)

ちなみにタイでのタイトルも、 「レジデント・イービル」です!

そして、私の血液検査結果は、1週間後に……

バンコク病院、異空間の皮膚科

昨日またプーケット・バンコク病院に行って、外科の先生に傷の治り具合を見てもらった。
(※ややこしいけど、プーケットにある「バンコク病院」という名前の病院)

火傷の傷口はもう全く問題が無く、感染症もかなり良くなってきているけど、アレルギー症状を起こしている部分が、治りがイマイチとのことだった。

火傷をしたのは直径7cmほど。
でも、ふくらはぎ全体がかゆくて、色素が赤黒く沈着しはじめている。
このままでは、かゆみはいずれ治ったとしても色が残ってしまうおそれがあるので、外科じゃなく皮膚科に行った方が良いとのことで、 皮膚科に移動になった。

病院の2階にある皮膚科に行ってみると、えええーーーここ、本当に病院!?
待ち合いスペースは、まるでリゾートホテルかスパのロビーのような、豪華なアジアンテイストのインテリア。
タイシルク製品などの、オシャレなタイ雑貨も売られている。

多分、皮膚科ではエステのようなこともやっているから、こういう内装なのかな?と思っていたら、日本語通訳の方いわく、
「インテリアは皮膚科の先生の趣味なのよ〜。趣味で、雑貨を仕入れたりして売ってるみたい」と。

えええーーー趣味ですか!?
単なる趣味で、総合病院の一部を
自分好みに改築してしまうとは ( ̄◇ ̄;)

待ち合いスペースで、雑誌を見ながらしばらくのんびりしていると、白衣を着た若い女性が奥から出てきた。
まるで、TVドラマにでも出てきそうな、オーラのある美女!
看護婦さんかなー、タイの美人って、本当に綺麗だよなーとか思いながら、ボケーっと見とれてしまった私に、女性は通りすがりににっこりと微笑んでくれた。

自分の診察の番が来て、診察室に入ると、さっきの美女が。
看護婦さんじゃなく、皮膚科の先生だった!
近くで見ると、肌は20歳前後にしか見えないくらいキレイ。さすが皮膚科。
こんな綺麗な人が、大病院の先生だなんて。カッコいいな〜〜。
天は二物を与える……うらやましい限り(>_<)
(※インテリアを改装したりしてるのは、この人ではなくもっと偉い先生らしい)

皮膚科での診察が終わった後、ロビーで新しい薬を受け取る。
数日分の塗り薬や抗生物質に加えて、色素が沈着するのを防ぐというカプセル薬をもらった。
この薬、シミを防ぐ効果や美白効果もあるらしい。それをなんと1ヶ月分も!

普通に買ったら、日本円で3万円近くするらしいけど、保険が効くので全部タダ。
つまりは、3万円もの美白の薬をタダでもらってしまった〜 ( ´ ▽ ` )ノ
なんてラッキー。

ちなみに、新しい塗り薬が良かったのか、今日は昨日と比べると段違いに良くなってきた。
昨晩蚊に刺されたんだけど、そっちの方がかゆく感じるくらい、患部のかゆみがなくなってきている。
もう心配は無さそう♪♪

[報告]病院に行ってきました

前回の日記で火傷をしたことを書いたら、心配してメールやお電話を下さった方々、本当にありがとうございます。
ご心配をおかけして、ごめんなさい……(;_;)

腫れ方とカユさが尋常じゃなかったので、あれから病院に行ってきました。
看護師さんが、ふくらはぎ全体が真っ赤に晴れ上がった様子を見て、一体何があったのかとちょっとびっくりしていました。

お医者さんの診断によれば、傷口からの感染症と、薬局で買った軟膏が合わなかったことによるカブレが、同時に起こっている状態だと。
完治するには1〜2週間かかるらしいです。
火傷した直後は、すぐに水や氷で冷やし、わりときちんとケアをしていたんだけど、その後数日間何ともなかったので、油断して適当に扱いはじめたのが悪かったんだと思います。

おとといから、毎日病院に通って手当してもらってます。明日明後日も行く予定です。
きちんと保険に入っていたので、費用はタダ。
「プーケット・バンコク病院」っていう、ここらへんでは高級な部類の病院に通ってるんだけど、すごく綺麗で設備が新しい!
患者さんは大多数が外国人。やっぱり、治療費が高いからだろうなーと思います。

病院に行くと、毎回、日本人女性が通訳をしてくれています。
私も、一応お医者さんと英語でなら会話はできるけど、日本語で会話ができるのはやっぱり安心感が全然違う。
それにその女性がとても親切で親しみやすいので、気分的にすごく助かっています。
タイ語をネイティブ並みにペラペラと話し、しかも医学用語も使いこなしているんだろうから、本当にすごいなーと思う。カッコいい!私も、いずれこのぐらいのレベルになりたい。

傷については、少しずつだけど、良くなって来ている感じはします。
ただ、四六時中かゆいので、イライラするし、何をしても集中できないです。なので、ここ数日は仕事をストップして、ほとんどの時間はテレビ見るかふて寝しています。
そして、体温が上がると猛烈にかゆくなってくるので、部屋のエアコンをガンガンつけて常に体を冷やしている状態です。

とりあえず、抗生物質を毎日飲んでいるので、いずれは完治するはず。
命に関わったりはしないので、大丈夫です♪♪♪
メールのお返事は、ぼちぼちとやっていきます。すみませんが、もう少々お待ち下さい(^◇^;)