「タイのアンコール・ワット」ピマーイ遺跡公園で、イサーンおばさんと友だちになる【タイ・ピマーイ】

ピマーイ遺跡

前々回のブログの続き♪
⇒「タイ・イサーン地方のピマーイ遺跡公園へ!まずはピマーイの名物料理に舌鼓【タイ・ピマーイ】

美味しい名物料理でお腹がいっぱいになったら、いよいよ遺跡公園へ。

ピマーイ遺跡公園の入場料はたしか100バーツ?150バーツだったかも? 
もちろん外国人料金で、タイ人よりも数倍高くとられるけど、このぐらいの金額ならまったく不満はない。

ピマーイ遺跡は、あの有名なアンコール・ワットと同じ、クメール様式の建物。
アンコール・ワットよりも規模はずっと小さいみたいだけど、外観は少し似ているので、ピマーイ遺跡は「タイのアンコール・ワット」と呼ばれているらしい。

アンコール・ワットに比べて小さい、とはいえ、城壁に囲まれた遺跡公園内は思ったよりも広かった。
そしてとても綺麗に整備されている。晴天の日だと本当に本当に美しい〜!!

ピマーイ遺跡

ピマーイ遺跡

ピマーイ遺跡

ピマーイ遺跡

遠くから見た外観だけでなく、遺跡の外壁や内側をじっくりと観察するのも楽しい。
建物に施された精巧な彫刻や、所々に置かれた仏像が、とても神秘的で見応えがある。

ピマーイ遺跡

ピマーイ遺跡

公園内に入ってすぐ右手には、ピマーイ遺跡の歴史が学べるパネルが展示された資料館があった。
なるほど、ピマーイ遺跡はアンコールワットのモデルになった建物だったんだ〜。
アンコール・ワットよりも、もう少し歴史が古いらしい。

ピマーイ遺跡

それにしてもこんなに素晴らしい遺跡なのに、場所が不便なせいか、観光客はとても少ない。
ほとんどがタイ人で、外国人は私以外では1組見かけただけだったなぁ〜。
でも、だからこそのんびりとリラックスしながら観光が楽しめる。
田舎だから空気もきれいで、そこにいるだけでなんだか気持ちが癒やされた。

遺跡をひと回りしたあと石段に座って休憩していたら、タイ人のおばさんグループが私のことをタイ人だと思って「写真を撮って下さい」と話しかけてきた。
私が日本人だと告げると、おばさんたち大喜び。
「日本人ですって〜!!私と一緒に写真とって!」と、なぜかおばさんたち一人ひとりとツーショットの写真を撮ることに。

おばさんたちは、ピマーイから車で数時間ぐらい離れた、イサーン(タイの東北地方)のどこかの街から観光にやってきたところらしい。
多分そこでは日本人なんかほとんどいないんだろうな…… 
日本人だというだけなのに、まるでスター(悪く言えば珍獣)のような扱いを受けてしまった。
「私とお友達になってね!」と、イサーンおばさんの一人と、LINEで友だち登録。

このイサーン旅行からもう2ヶ月以上たつけど、なんと今だにそのおばさんから2〜3日に一度LINEでメッセージが届いている。
単なるあいさつだけのときもあるし、おばさんがどこかに旅行に行ったときは、たくさんの写真を送ったりもしてくれる。
旅先でほんの数分だけ立ち話しただけの人なのに、こんなに親しく接してくれるなんて。

イサーン地方の人々は、とてもフレンドリーで心が温かい人が多いと思う。
このおばさん以外でもイサーン出身の知り合いが数人いるんだけど、みんな本当に明るくて世話焼きで、オープンな性格。
プーケットの人々も日本人と比べれば陽気で人懐こい人が多いんだけど、イサーン人と比べると若干冷たいような気がしてしまうぐらい。

タイはそれほど大きな国ではないけど、北部・東北部(イサーン)・中部・南部などいくつかの地方に分かれていて、地方ごとに際立った特色がある。
景色や植物、人の性格や顔立ち、名物料理など、それぞれ異なる。

私が住むタイ南部には無い魅力が、イサーン地方にはまだまだたくさんありそう。
またいつか行ってみたい♪

タイ・イサーン地方のピマーイ遺跡公園へ!まずはピマーイの名物料理に舌鼓【タイ・ピマーイ】

タイ東北地方(イサーン)の玄関口の都市、コラートから車で1時間ほどのところに、ピマーイ遺跡公園がある。

タイの東北地方(イサーン)はカンボジアと国境を接していて、古い時代にはカンボジアのクメール帝国に支配されていた時期がある。
そのため、イサーン地方の各地には、クメール様式の遺跡が数多く残っている。
今回のコラート小旅行で訪れたピマーイ遺跡公園も、そのうちのひとつ。

コラート滞在2日目に、コラートの新バスターミナルからピマーイ行きのバスに乗り、ピマーイの中心地へ。
遺跡を訪れるには、バスの終着点ではなく途中下車する必要があるので、バス乗車中は注意が必要かも。
具体的には「ホー・ナリガー」と呼ばれているバス停で降りる。目印はこの時計塔。

ピマーイ遺跡

時計塔から100mほどのところに遺跡公園の入り口があるんだけど、遺跡に入る前にまずは腹ごしらえ♪♪
遺跡と道路を挟んで反対側の細い路地を入ったところに、小さなレストランを見つけた。

ピマーイ

定番のタイ料理の名前が並ぶメニューの中に、「ピマーイ・ヌードル」という料理を発見。
旅行に来たらやっぱりその土地の名物を食べないと、ということで、迷わずこのピマーイ・ヌードルを注文した。

ピマーイ・ヌードル

見た目も麺の食感も、パッタイに良く似ているけど、パッタイよりもピリ辛で若干さっぱりめの味。
パッタイよりも私はこっちの方が好きかも〜!ハマる味、美味しい♪♪

遺跡公園の前に並んでいたおみやげ屋さんにいくと、「ピマーイ麺」と書かれた乾麺がたくさんが売られていた。

ピマーイ・ヌードル

パッタイの麺とどこが違うのか、実際食べてもよく分からなかったんだけど、どうやらこの麺がこの土地の名物らしい。
コラート市内でも同じような麺が「コラート・ヌードル」として売られていたんだけど、それとの違いも良く分からなかった。
名物というからには、何か違うんだろうとは思うけど…… とりあえず美味しかったから、まぁいいか!

それにしても気になるのは、ピマーイの街の人々のゆったりさ具合。
歩くのもゆっくりとしているし、店の軒先に座っている人々の動きはほとんど止まっているかのようだし、車やバイクもどれも驚くぐらいスピードが遅い。
あののんびりプーケットでさえ慌ただしい街に感じてしまうぐらい、時間の流れがとてもゆっくりとしている。
イサーンの田舎に行くと、どこもこういう感じなのかな〜。

次回ブログでは、いよいよピマーイ遺跡公園へ!

アユタヤのワット・マハータート

アユタヤ観光の目玉、「ワット・マハータート」。

木の中に埋まった仏様の頭部があることで、有名な遺跡だ。(※3枚目の写真参照。)
日本のテレビでもよく紹介されているので、ご存知の方も多いんじゃないかと思う。

これは、切り落とされた仏像の頭部が、その下から生えて来た木の生長にともなって持ち上げられ、木の幹の中に取り込まれていったもの。
本当に神秘的な光景だけど、常時ものすごい人だかりができているので、ゆっくりその姿を拝めないのが残念……

木の中の仏頭以外にも、今にも崩れそうなレンガ作りの仏塔、首を切り落とされた仏像が、広大な敷地の中にそのまま残されている。

安くて内容充実、バンコク初のアユタヤツアー

世界遺産にも登録された、かつての王朝の遺跡が残る「アユタヤ」。

アユタヤ王朝は、14世紀から18世紀の間栄えたが、ビルマ軍に攻め込まれ、滅ぼされてしまった。
遺跡には、破壊された仏塔や、首を落とされた仏像など、戦争の痛々しい爪痕が今も残されている。

私がここアユタヤを訪れるのは、これで2回目。

どちらもバンコク発のツアーを利用したんだけど、値段だけが高かっただけの前回のツアーと比べ、今回のツアーはとっても良かったと思う。

昼食付きで450バーツ(約1500円ぐらい)という超格安ツアーだから、最初はあまり期待していなかったんだけど。
ガイドさんたちがとにかくみんな親切で、各スポットの歴史や由来などの説明もとっても丁寧で好印象。
前回のツアーでは、3箇所のスポットしか回らなかったのに対し、今回のツアーでは1日で5つのアユタヤの有名スポットに行くことができた。

このお値段で、これだけの内容なの〜?!
と、何だかとても嬉しかったので、利用したツアー会社のリンクを貼っておこう♪

http://www.zipangutravel.com/index.html

ガイドさんが英語しか話せないから、英語が苦手な方にはちょっと厳しいかもしれないけど、ある程度できる方にはおススメします( ´ ▽ ` )ノ

バガン遺跡の風景ギャラリー2