Facebookに見られるタイ人独自の傾向……自分写真大好き&グロ画像に抵抗なし

日本でもたくさんのネットユーザーが利用している、世界的なSNSサイトのFacebook(フェイスブック)。
ここでいまさらそんな説明する必要もないほど、ここ数年ですっかり一般的に定着したWebサービスだ。
私もアカウントを持っていて、Facebook上で私が友達になっている人たちのうち、1/3が日本人、1/3がタイ人、1/3がそれ以外の国の人たち、という割合になっている。

だいたいどこの国の人も、FacebookにUPしていることはほとんど同じような感じ。
日々感じていることとか、誰かの名言、旅行や食べ物の写真、子どもやペットの写真、または気に入った動画や記事のシェアとか。
こういうのは国籍を問わず共通で、大きな違いはない。

だけど、「タイ人」と「日本含むそれ以外の国の人達」との間で、明確に違う傾向が2つある。

ひとつは、とにかく自分の写真をたくさん載せるのが好きだということ。
欧米人や日本人は、自分の写真を載せるのはどっちかというと避けてる人が多くて、旅行に行っても旅先の風景や料理の写真ばかり載せている人が多いけど、タイ人は自分や連れがバッチリ映った写真をUPしていることが多い。

自撮り写真もとても多い。
キメ顔・キメポーズでいろんな角度から自撮りして、さらにアプリで画像補正してキレイに仕上げた素敵な自分写真の数々を、みんな抵抗なくたくさんUPする。
こういうのをやってるのは、別に美人とか若い子に限らない。女性だけじゃなくて、男性でも普通にやってる。
もし私がタイ人と同じように自撮り写真を何枚も何枚もUPしたら、間違いなく日本人の友達から引かれる……(−_−;)
けどタイ人はみんな気にしてないみたい。

これに関連するけど、スマホの待受画像が自分のキメ顔画像、って人もすごい多い。
スマホをどこかに置き忘れた時に、良い目印になるからと思ってやっているのかもしれないけど。
スマホ立ち上げるたびに自分の顔を見なきゃいけないのって………
私はものすごい抵抗あるんだけど、タイ人は平気なのかな。

そして、Facebookにおけるタイ人独特の傾向のもうひとつは、
グロ画像を平気でUPするということ

具体的には、奇病で苦しむ人の実際の写真とか、事故・事件の被害者の写真とか。
最近見たやつで強烈だったのは、裁断機か何かに巻き込まれた直後の患部の写真。(!!!!!)
こういうのを、平気でシェアしてFacebookに載せてくる。
数日ぐらいトラウマになって夢に出てきそうな写真もたまにある。

もちろんこういう画像のUPはしょっちゅうではないんだけど、月に1〜2回ぐらいはこういうの見る気がするし、なぜか最近ますます増えてきたような気がする。
私は仕事の合間にリラックスするためにFacebookを閲覧することが多いんだけど、そんな私を予告なしに襲ってくる、恐ろしい通り魔のような存在になっている。

グロ画像の多くは、「こんなひどい目に遭った人を、寄付で助けよう」っていう目的でシェアしているようだけど、それにしたって、ご丁寧に写真まで付けなくていいでしょーー!!
しかもこういうのシェアしてるのは、なぜか男性より女性が多い。
そしてそんな写真をUPする友達に対して、文句を言うタイ人は誰もいない。どうやら普通のことらしい。

上の「自分写真大好き」は、多分タイ人だけじゃなくて東南アジア人・日本以外のアジア人全般に見られる傾向かもしれない。
だけどこのグロ画像UPは、多分タイ人だけじゃないかと思う。

タイって、新聞やテレビとかでもモザイク無しに死体画像を載せることがたまにあって、それも影響してるのか、みんなこういうことに抵抗があまり無いっぽい。
かといって、残酷なことに別に無感情なわけではなくて、「可哀想」とか「ひどい」とかは普通に思うらしいんだけど、そういう写真を見たくないとは思わないらしい……

もちろんタイ人も人それぞれだろうから「絶対見たくない」って思ってる人もいるだろうけど、こういう写真を載せることがタイ人の間では容認されているのは確か。
国によって常識は異なるものだとは思うけど、のんびりとしていて心優しいタイ人の多くが、なぜ残虐グロ画像が平気なのかは、私にとって大きな謎だ。(´・ω・)