バンコク郊外9つのお寺を巡礼

Pocket

7月17日、バンコクの友達と一緒に、乗り合いバスでバンコク郊外のサムット・ソンクラム周辺へ。

このあたりは、水上マーケットやワニ園などのテーマパークが点在していて、観光客も多く訪れる地域。
でも、この日の目的は、観光じゃなくて9つのお寺の巡礼

なぜ「9」なのかというと、 9はタイで縁起の良い数字とされているため。
1日で9つのお寺を回ってお祈りを捧げると、ご利益があると言われている。

参加メンバーは、私、友人のKatとその彼氏Peter(英在住ポーランド人、めっちゃ良い人)、友人Winnieとその妹さん。
妹さんがここの地元の人だったので、現地で待ち合わせをし、車を出してもらった。

若干話それるけど、この妹さんが、この日の一番のサプライズだった。
なぜかというと、姉のWinnieは、150cmほどの身長で華奢で、深キョン似のオシャレな女性。
きっと彼女の妹も、そういう小柄で可愛らしい人だろうと思っていたら、実際は……

身長180cm近く、おそらく体重は100kg以上ありそうな巨漢。顔立ちもまったく違う。
ボサボサの髪、しみだらけの服に、曇ったメガネ。ど迫力なしゃべり方。
同じ親から生まれた姉妹で、一体どうしてこんなに違うものか!?

でも、初対面の私に合掌をして挨拶をし、ふと見せた笑顔は、とっても可愛らしかった。
姉同様、きっと中身は可愛いに違いない。マイペースでサバサバした感じだったし。
でも、Katによると、彼女は地元の不良を取り仕切るボスだとかなんだとか?
冗談なのか本当なのかよくわかんないけど、でも、納得できるぐらいの迫力はあった(^^;

さて、現地でその妹さんと合流した私たちは、早速1つめのお寺へ。

お寺についたら、20バーツをお賽銭箱に入れて、お参りグッズを購入する。
お参りグッズは、お花・ろうそく・お線香・金箔の4点セット。
まずはお花やお線香を仏様に捧げお祈りをし、そして仏様の体に、金箔を貼付ける。
貼る場所はどこでも良いんだけど、私はとりあえず、お腹がもっと丈夫になりますようにと願いをこめて、お腹に貼り付けた。

ひと通りのお祈りがすんだら、2つ目のお寺へ。2つ目のお寺でも、同じことをする。

ところで、私はこの日、「バンコク郊外のお寺にお参りに行く」、とは事前に聞いていたけど、 9つのお寺を回るとは聞かされていなかった。

なので、2つめのお寺を回った後、 Katが「さあ、残りはあと7つよ!」って言ったとき、同じく何も聞かされていなかったPeterと一緒に「な、7つ!?」と思わず声を上げてしまった。

なぜなら、2つのお寺を回っただけで、けっこう時間がかかっていた。
これをあと7回も繰り返すのか……
め、めんどい〜〜!! 。゚(゚´Д`゚)゚。

でも、KatとWinnieは真剣だ。
なぜなら、彼女たちには絶対にかなえたい願いごとがある。

それは、ビザを取ること

Katは、タイを出てPeterと一緒に住むための、イギリスビザ。
Winnieは、留学するための、オーストラリアビザ。

タイ人にとって、外国のビザを取ることは、容易ではないらしい。
何ヶ月も待たされたり、待たされたあげく結局取れなかったりとか、そういうことが普通のようだ。

やっぱり、外国に行って不法滞在するタイ人が多いから、審査が厳しいということなんだろう。
それにしても、こういう風に仏様にお願いしないと、どうなるかわからないっていうことは、審査の基準があいまいで、運次第っていうことなんだろうか。

私たち日本人は、日本人だというだけで、たいがいの国はビザ無しで行ける。
これはやっぱり、幸運なことだと感謝しないといけないなと思う。

将来がかかっているビザ取得のため、仏様にお祈りを捧げる二人の横顔は、真剣そのものだった。
物珍しさでついて来ただけの私だったけど、彼女たちにつられて、真面目にお祈り。
家族やみんなの健康を祈り、過去のことを反省し、これからはもっと行いを良くしていくことを誓った。

そうやって回った、9つのお寺。

それぞれのお寺にいろんな特徴があって、同じタイのお寺でもずいぶん違うものだなと、興味深かった。
次回の日記では、特に変わっていたお寺を紹介します^^

※※ ちなみに後日談として、あれから約2ヶ月たった今、Katはまだ結果待ちの状態だけど、Winnieは最近無事にオーストラリアのビザが取れたとのこと。 どうやら、ご利益があったらしい!おめでとう♪♪

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>