初のイサーン旅行♪ コラートは意外と静かな街だった?【タイ・コラート(ナコーン・ラーチャシーマー)】

Pocket

コラート

「タイの鉄道に乗ってみたい」というだけの目的で訪れた、タイ・東北地方の街コラート
別名をナコーン・ラーチャシーマーと言い、タイ東北地方で一番大きな都市らしい。
たしかに街の規模はかなり大きく、発展している印象。


タイの鉄道の旅の様子は前回・前々回の記事をご参考ください。
⇒「タイ鉄道の旅!列車に乗って、ドンムアン駅からタイ東北地方のコラートへ【タイ・バンコク】
⇒「旅情あふれるタイ鉄道の旅、バラエティー豊かな車内販売【タイ・バンコク&コラート】


コラートの街は、古い時代に城壁で囲まれていたらしく、城門の跡やお堀があちこちに残っていて、そんな街並みはちょっぴりチェンマイと似ているなーと思った。

korat

korat

コラート市街地のメインシンボルとなっているのが、このターオ・スラナーリー像

コラート

その昔、この街がラオス軍に襲撃されたときに、この像の女性の策略のおかげでタイ軍がラオス軍を撃退することができたらしい。
その活躍をたたえて像が作られ、毎日たくさんの人々がお祈りを捧げに訪れる。

そういえばプーケットにも、ミャンマー軍を撃退したという女性英雄の姉妹像があって、地元民から崇められている。
タイの女性は、昔から強かったんだな〜。

私は、このターオ・スラナーリー像から徒歩5分ぐらいのホテルに宿泊。
このあたりは、コラートの中でも一番賑やかな繁華街エリアだと、ガイドブックには書いてあった。
でも多くのお店のシャッターが閉まっていて、夕方ぐらいからどっと人の気配が減り、夜にはすっかり静かになってしまっていた。

ターオ・スラナーリー像の近くのナイト・マーケットに行ってみたけど、ほんの100mぐらいの距離に10〜15軒程度のお店があっただけで、買い物客もあまり多くなく少し寂しい雰囲気。

コラート

幹線道路では車やバイクがたくさん走っていて人口は多そうなだけに、この夜の静かさはとても意外な感じがした。
市街地から少し外れた場所に、大きなショッピングモールがいくつかあるらしいので、地元の人たちはみんなそっちに行ってしまうのかなぁ……
それとも、私がプーケットやバンコクの賑わいに慣れてしまったから、寂しく感じてしまうんだろうか。

タイの東北地方は別名イサーン地方と呼ばれていて、イサーンといえばソムタム(パパイヤサラダ)やガイ・ヤーン(鶏の炭火焼)などで知られる、イサーン料理の発祥の地。
イサーン料理は今やタイ全土で定番料理となっているので、プーケットでも多くのレストランで食べることができるけど、一度本場のソムタムを食べてみたかった♪
本場イサーンのソムタムは、プーケットで食べるのとはかなり違うのかな?

今回のコラートでは、美味しいソムタムを満喫すべく、ネットであらかじめ評判の良いレストランをチェックしていた。
でも実際にその場所に行ってみたら、どうやらお店はすでに閉店してしまっていたらしく、何もない……
周りを見ても、どのお店もシャッターが閉まっていて、イサーン料理の専門店どころか普通の食堂すら見つからない。
とても楽しみにしていただけに、激しくショック……(´;ω;`)

仕方なく、ナイト・マーケットを散策していたときにたまたま通りかかったこのお店に入ってみる。

コラート

あまり清潔とは言いがたい古いお店だったけど、お客さんがたくさんいるので、きっと美味しいのではと期待。
ソムタム(パパイヤサラダ)、豚の串焼き、もち米、何かのジュース(忘れた)を注文。
全部で70バーツ、プーケットのレストランより断然安い〜!!

コラート

ソムタムは少し辛さを控えめにしてもらったので、ひとりでも無理なく全部平らげることができた。
味は美味しかったけど、プーケットで食べていたソムタムとほとんど変わらなかったような。。。お店によるのかな。

ホテルおよびターオ・スラナーリー像の近くには、とても大きな市場があったので、コラート最終日の朝に行ってみる。

コラートの市場

外から見るとそれほど大きく見えなかったけど、中に入るととてつもなく広い。
ここまで大きな常設市場は、プーケットでは見たことがない。本当に様々なものが売られていて、その商品の種類の多さに圧倒される。

コラートの市場

コラートの市場

コラートの市場

うわぁ、死んでいるのに笑ってる!
プーケットの市場ではこんなの見たこと無い。衝撃。

コラートの市場

建物の老朽ぶりを見ると、ずっと昔からこのあたりの人々の生活を支えてきたんだろうな、ということが伝わってくる。

コラートの市場

市場の入り口付近では、プーケット&バンコクではおそらく絶滅したと思われる、人力タクシー(サムロー)が!
古き良きタイの庶民文化が、ここではまだまだ残っているんだな〜。

コラートの市場

コラートの夜はちょっぴり寂しかったけど、人々は皆にこやかでフレンドリーだったし、プーケットよりもさらに時間の流れがゆったりとしている印象。
たまたま私がいたときだけだったのかもしれないけど、気候もカラッとしていて過ごしやすかったし。
コラート、住むにはとても心地良さそうなところだなーと思った。

Pocket

初のイサーン旅行♪ コラートは意外と静かな街だった?【タイ・コラート(ナコーン・ラーチャシーマー)】” への2件のコメント

  1. クメール王朝時代も重要都市となっていましたので、そんな時代の城壁が残っているのですね。こういった歴史的な遺構が残っているところには興味が惹かれます。コラートには行ったことがありませんが、行く機会があればぜひピマーイ歴史公園まで足を延ばしてみたいと思っています。

    事前調べていた料理屋さんがなかったのは残念でしたね。飲食店ですと移り変わりも激しい所があるのかもしれませんね。ソムタムはいろいろと、派生レシピがあったりするのでお店によっても味はかわってくるように思います。私が好きなのは、カノムジーンが入ったものでカノムジーンが辛さを少し中和してくれるような気がします。

    豚の頭が陳列してあるのは私も何度も目にしていますが、違和感を感じなかったのは変な免疫ができているのかもしれません(笑)

    • こんにちは、ま〜くさん。いつもコメント本当にありがとうございます。お返事遅くなって申し訳ないです。
      コラートのこの城壁や城門跡は、行ってみるまで知りませんでした。古くからある都市だったんですね〜。
      ピマーイは行って来ましたよ!とても素晴らしかったです。詳しくは次のブログで書こうと思っています。
      カノムジーン入りのソムタム、とても美味しそうですね♪ 今回の旅行は一人だったので、あまり多くの種類の食べ物を楽しむことができず、とても心残りです。いつかイサーン地方食い倒れの旅をやってみたいです。
      豚の頭は衝撃です…… 沖縄の市場でも同じようなものがあったような気がするので、タイだけのものでもないようですが、プーケットでは見かけたことがないですね〜。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>