「タイのアンコール・ワット」ピマーイ遺跡公園で、イサーンおばさんと友だちになる【タイ・ピマーイ】

Pocket

ピマーイ遺跡

前々回のブログの続き♪
⇒「タイ・イサーン地方のピマーイ遺跡公園へ!まずはピマーイの名物料理に舌鼓【タイ・ピマーイ】

美味しい名物料理でお腹がいっぱいになったら、いよいよ遺跡公園へ。

ピマーイ遺跡公園の入場料はたしか100バーツ?150バーツだったかも? 
もちろん外国人料金で、タイ人よりも数倍高くとられるけど、このぐらいの金額ならまったく不満はない。

ピマーイ遺跡は、あの有名なアンコール・ワットと同じ、クメール様式の建物。
アンコール・ワットよりも規模はずっと小さいみたいだけど、外観は少し似ているので、ピマーイ遺跡は「タイのアンコール・ワット」と呼ばれているらしい。

アンコール・ワットに比べて小さい、とはいえ、城壁に囲まれた遺跡公園内は思ったよりも広かった。
そしてとても綺麗に整備されている。晴天の日だと本当に本当に美しい〜!!

ピマーイ遺跡

ピマーイ遺跡

ピマーイ遺跡

ピマーイ遺跡

遠くから見た外観だけでなく、遺跡の外壁や内側をじっくりと観察するのも楽しい。
建物に施された精巧な彫刻や、所々に置かれた仏像が、とても神秘的で見応えがある。

ピマーイ遺跡

ピマーイ遺跡

公園内に入ってすぐ右手には、ピマーイ遺跡の歴史が学べるパネルが展示された資料館があった。
なるほど、ピマーイ遺跡はアンコールワットのモデルになった建物だったんだ〜。
アンコール・ワットよりも、もう少し歴史が古いらしい。

ピマーイ遺跡

それにしてもこんなに素晴らしい遺跡なのに、場所が不便なせいか、観光客はとても少ない。
ほとんどがタイ人で、外国人は私以外では1組見かけただけだったなぁ〜。
でも、だからこそのんびりとリラックスしながら観光が楽しめる。
田舎だから空気もきれいで、そこにいるだけでなんだか気持ちが癒やされた。

遺跡をひと回りしたあと石段に座って休憩していたら、タイ人のおばさんグループが私のことをタイ人だと思って「写真を撮って下さい」と話しかけてきた。
私が日本人だと告げると、おばさんたち大喜び。
「日本人ですって〜!!私と一緒に写真とって!」と、なぜかおばさんたち一人ひとりとツーショットの写真を撮ることに。

おばさんたちは、ピマーイから車で数時間ぐらい離れた、イサーン(タイの東北地方)のどこかの街から観光にやってきたところらしい。
多分そこでは日本人なんかほとんどいないんだろうな…… 
日本人だというだけなのに、まるでスター(悪く言えば珍獣)のような扱いを受けてしまった。
「私とお友達になってね!」と、イサーンおばさんの一人と、LINEで友だち登録。

このイサーン旅行からもう2ヶ月以上たつけど、なんと今だにそのおばさんから2〜3日に一度LINEでメッセージが届いている。
単なるあいさつだけのときもあるし、おばさんがどこかに旅行に行ったときは、たくさんの写真を送ったりもしてくれる。
旅先でほんの数分だけ立ち話しただけの人なのに、こんなに親しく接してくれるなんて。

イサーン地方の人々は、とてもフレンドリーで心が温かい人が多いと思う。
このおばさん以外でもイサーン出身の知り合いが数人いるんだけど、みんな本当に明るくて世話焼きで、オープンな性格。
プーケットの人々も日本人と比べれば陽気で人懐こい人が多いんだけど、イサーン人と比べると若干冷たいような気がしてしまうぐらい。

タイはそれほど大きな国ではないけど、北部・東北部(イサーン)・中部・南部などいくつかの地方に分かれていて、地方ごとに際立った特色がある。
景色や植物、人の性格や顔立ち、名物料理など、それぞれ異なる。

私が住むタイ南部には無い魅力が、イサーン地方にはまだまだたくさんありそう。
またいつか行ってみたい♪

Pocket

「タイのアンコール・ワット」ピマーイ遺跡公園で、イサーンおばさんと友だちになる【タイ・ピマーイ】” への8件のコメント

  1. ピーマイ遺跡に関しては知識のみで実際に行ったことがありませんが写真を拝見するとやはりクメール様式を反映しているようですね。イサーンからアユタヤあたりまでは現在のカンボジアやビルマなどと群雄割拠した歴史がありますので文化的にも融合がみられ興味深いです。

    旅先で出会ったおばさん、イサーンのどちらの街なんでしょうね。イサーンでも場所によっては日本人が結構いる街があったりしますが、やはり中には日本人がほとんど立ち入らないところもありますからね。

    • こんにちは、ま〜くさん。またお返事大変遅くなってしまいました……ごめんなさい。最近ブログの存在をよく忘れてしまいます(^^;
      ピマーイ遺跡とても素晴らしかったです。イサーン地方には、ここ以外にもこういった遺跡がたくさんあるようですね。他の遺跡も行ってみたいと思いました。

      おばさんがどこの街の方か、一応教えてくれていたのですが、あまりなじみの無い名前だったので忘れてしまいました。
      そういえば、コラートでは日本人が結構多かったような気がします。タイはわりとどこに行っても日本人を見かけますが、田舎の方へ行けば、日本人に一度も会ったことが無いっていう方も結構いらっしゃるんでしょうね〜。

  2. Akikoさん、はじめまして。
    年末年始プーケットを旅行していたのですが、実は以前ピマーイに住んでいたことがあり、プーケットとイサーンのことを調べていてこちらのHPに辿り着きました。
    ちょうど旅行してきたプーケットに在住されている方が、大好きな町であるピマーイに訪れてブログに書かれているなんて!と思わずコメントをしています。
    ピマーイ遺跡はあまり知られていませんが、本当に素敵なところです。そしてピマーイも、小さな町ですが、遺跡に囲まれ、時間がゆったり流れ、人が温かく、私にとっては第二の故郷です。ピマーイの良さを伝えてくださってありがとうございます。

    • ららさん、はじめましてこんにちは!コメントありがとうございます♪
      ピマーイに住んでいらっしゃったんですか!お仕事だったのでしょうか?日本人の方が住んでいるような雰囲気は全く無かったので、少々驚きです。
      1日だけの滞在でしたが、ピマーイ遺跡もピマーイの街も、とても良いところだと私も思いました。本当に時間の流れがゆったりとしていますよね。記事の中でも書きましたが、プーケットがせわしなく感じてしまうぐらいです。こういった場所で暮らすのも素敵だなーと思いました。
      もし良かったら、またブログを見に来ていただけると嬉しいです。これからもよろしくお願いします。

      • ピマーイは仕事で2年滞在していましたが、確かに他に仕事で来ている日本人はいませんでした。ピマーイ遺跡から徒歩数分のところにある中高校で日本語を教えていました。小さな町なので、町の誰もが私のことを知っていて、逆に安全というか、町のみんなに見守られて過ごした2年間でした。
        田舎で過ごした私にとってプーケットは大都会です(笑)でも色んな文化が入り混じってて素敵なところですよね。南部はまたイサーンと文化が違うので、また訪れたいと思っています。これからもお邪魔します!

        • ららさん、お返事ありがとうございます。
          そうなんですね、ららさんはピマーイで素晴らしい時間を過ごされたんですね。
          プーケットはピマーイと比べるとずっと都会ですが、それでも長く住んでいると近所の人たちが顔を覚えていてくれて、親しく話しかけてくれたりします。一人暮らしですが、おかげであまり寂しくなりません。こういう人情の温かさが、タイの良いところですよね。
          ぜひまたプーケットにいらしてくださいね。その際にはご連絡いただけるとうれしいです。今後も当ブログをよろしくお願いします。

  3. 写真見ると十分広いような気がしますが、これよりも大きいアンコールワットって、本当にすごいんでしょうねヾ(*´∀`*)ノ
    仏教建築見るの好きなので、イサーンもアンコールワットも一度行ってみたいです。

    • ゆ。さん、コメントありがとうございます!
      ピマーイ遺跡は思っていたよりもずっと大きく綺麗で、見応えがありました。
      アンコールワットはまだ行ったことないので、いつかは絶対行ってみたいですね〜。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>