クラビーで一番賑やかなエリア、アオナン・ビーチに滞在【タイ・クラビー】

Pocket

krabi

クラビー旅行記の続き☆
(※前回の記事はこちら⇒「プーケット近郊のリゾート地・クラビーに遊びに行ってきました〜♪【タイ・クラビー】」)

クラビーは、私が想像してたよりもずっと広くて、いくつかのエリアに分かれていた。
その中でも特に観光客がたくさん集まっているのは、クラビー県の中心地でローカルの人々の生活エリアであるクラビータウンと、欧米からのバカンス客が集まるリゾート地アオナン・ビーチの2箇所。

クラビータウンの方が安宿が多く何かと便利らしいんだけど、ローカルの生活エリアというからには、今住んでるプーケットタウンとあんまり変わらないんじゃ?と思ったので、アオナンビーチに滞在することにした。

アオナンビーチは、クラビーで一番賑やかなビーチだと聞いていたけど、プーケットのビーチと比べたら、断然静か!
ハイシーズンはすでに終わった後とはいえ、お昼近いのにほとんど人がいない〜 
泳いでる人もすごく少ないし……もしかしたら泳いだらダメなの?って思ってしまうぐらい
(多分問題ないはず)

img3

プーケットのビーチって、どこに行ってもたいていパラソルとビーチチェアでびっしり砂浜が埋まっているので、こんな風に端から端までほとんど何もないというビーチは、なんだか新鮮。

海の透明度はそれほどでもないけど、少し沖合に出ると、透明度抜群の美しい島々が点在しているらしい。
アオナンビーチの波打ち際では、たくさんのロングボートが待機していて、片道100バーツ(約300バーツ)でボートに乗ってそれらの島々に行くことができる。
500バーツ(約1500円)ぐらいで、いくつかの島を一日かけて周るランチ付きのアイランドピクニックツアーもあるみたい。

img2

私も、滞在最終日に往復200バーツを払ってライレイというビーチに行ってきた。
そのときの話は、また後日のブログで。

アオナンビーチエリアの町並みは、こんな感じ(↓)。
ビーチから続く一番大きな通り沿いでも、行き交う車や人はそれほど多くなく、とても落ち着いている。

img1

道路脇の街路樹は綺麗に手入れされているし、落ちてるゴミも少ないし、なんかタイじゃないみたい……
人が少ないとはいえ、レストランやマッサージ店、おみやげ屋さんなどのお店はとても充実していて、滞在していて不自由は何も感じない。
タイっぽさはあまり無いけど、のんびりバカンスを楽しむ場所としては最高だなーと思った♪

Pocket

クラビーで一番賑やかなエリア、アオナン・ビーチに滞在【タイ・クラビー】” への4件のコメント

  1. クラビ…やっぱり行きたい!!でも、海そんなに綺麗じゃないんだぁーー(/´△`\)
    でも、毎回blog読むの楽しみしてます♪(*≧∀≦*)(笑)

    • miuさん、twitterではいつもありがとうございます(*´ω`*)
      クラビの海、とってもきれいですよ! このアオナンビーチが、クラビの他のビーチと比べるとちょっぴり見劣りするだけです。
      今回の旅行では残念ながら行かなかったのですが、クラビ周辺の島巡りツアーに参加すると、白い砂浜に透き通った水の、本当にきれいなビーチに行けるそうです。

  2. 私も2月にクラビに行きました!タウンとアオナン、どちらに滞在するかとても悩みましたが、昼間はアイランドホッピングツアーに参加するので、夜はマーケットを楽しめるようにタウンに滞在しました。その後、プーケットに移動してタウン泊。 リゾート地に旅行する意味あるのか?って感じですが(笑) 
    アオナンビーチエリアの町並みの写真は、ゴチャゴチャしてなくて歩道の幅も広くて、タイっぽくないですね!次はアオナンに泊まってみたいです♪

    • こんにちは。アイランドホッピングツアーに参加されたんですね!いいですね〜
      今回一緒に旅行した友人が海遊びがあまり好きじゃなかったので、アイランドツアーには行かなかったのですが、ツアーのパンフレットの写真とかみると、アイランドツアーの島々は本当にきれいですよね。次にクラビーに滞在する時は絶対行ってみたいと思っています。
      アオナンビーチエリアは便利だしうるさすぎないしで、なかなか良かったですよ。クラビータウンのナイトマーケットはとても楽しいって聞いたことがあるので、次はそっちに行ってみたいですね〜。クラビーも素敵な場所がたくさんあって、2〜3日の滞在じゃ足りないなーと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>