雨季のプーケットの楽しみ♪ラフティングツアーに行って来た【タイ・パンガー】

Pocket

プーケットラフティング

10月ももうそろそろ終わり、プーケットではベストシーズンの乾季がいよいよはじまる時期。
つい最近までしばしば見られた暴風雨やどんより天気がうそのように、ここ1週間ぐらいは短時間のスコールはあれど晴天の日が多く、気分も爽やか♪

プーケット旅行といえば美しい海のイメージが強いけど、雨季のプーケットの海の荒れ方は半端ない。
うねる波で水は濁るし、ときにはまるで冬の日本海さながらの大荒れの海になる。

だから雨季のプーケットは楽しくないのかというとそうでもなく、実はたくさんの楽しみ方がある。
ショッピングや街歩きはもちろん、象乗りやイカダ下りなど南国ジャングルを満喫するアクティビティも充実している。

もう数ヶ月前の話だけど、そんな雨季ならではの楽しみのひとつ、ラフティングツアーに参加してきた♪
プーケット島から橋でつながった向こう側にあるパンガー県の、山間にある川まで行って行う。
午前中は象乗りや象のショー、午後からラフティングという日程。

午前中のアクティビティの終了後は、ラフティングの前に川沿いのレストランでランチビュッフェ。
食後川辺でのんびりしていたら、他のツアーの参加者がこれからボートに乗り込むところに遭遇。

プーケットラフティング

しばらく見てると、前方にものすごい段差が!!
まさかこれをそのまま下っていくの? これはすごい!

プーケットラフティング

……と思ったら、なぜかこの箇所だけボートを降りて、みんなでボートをかつぎながら徒歩で下っていた。
だったら最初から、この段差の下流からスタートすればいいのに……
実際、私たちが参加したツアーでは、この下流からのスタートだったし。縄張りがあるんだろうか?

さていよいよ私たちがラフティングのボートに乗り込む直前、バケツをひっくり返したような雨が降ってきた。
屋根の無い川辺で、ツアー参加者全員豪雨に打たれて呆然と立ちつくす。
「なんてタイミングが悪い」と悲しくなったけど、これが逆に良かったと思う。

ボートに乗ってしばらくすると、雨はおさまってきた。
急な豪雨のおかげで川の流れのスピードが増し、濁流になってラフティングの迫力がさらにアップ!
ボートはいろんな岩にぶつかったり乗り上げたり、大きく揺れたり飛び跳ねたりして、とにかくスリル満点。

必ず2人のスタッフがついてオールを上手に操作するので危険は無いんだけど、このスタッフたちが、かなりやんちゃ。
突然オールで水をかけてきたり、ボート同士でわざとぶつかり合ったり、どこからか見つけてきたカエルをボートの中に投げてきたり。やめてー!!

別のボートに氷川きよしそっくりの若いスタッフがいて、私たちは勝手に「きよし」と名前をつけたんだけど、きよしは特に暴れまくっていた。
何度彼に水をぶっかけられたりボートをぶつけられたりして、叫んだかわからない。
顔は同じでも、日本の氷川きよしとは雰囲気が真逆なジャングルの野生児。
でも彼のおかげで、童心に返ってさらに楽しむことができたかも。

途中写真撮影ポイントがあって、写真はあとで買うことができる。
私たちと、一緒にボートに乗った中東の美男美女カップルの、記念の一枚♪

プーケットラフティング

たしかフレーム付きで500バーツだったかな?
この写真は、友人がフレーム付きのを買ったら、おまけでつけてくれたプリント写真。
適当な紙にプリントしている感じで、すでに劣化してきているような。。。。

5キロという距離のラフティングだったけど、キャーキャー叫んでいるうちにあっという間に終了。
タイ南部ならではのジャングルの景色も堪能できるし、本当に楽しかった〜〜 5キロじゃちょっと物足りなかったかも?
オプションで距離を増やすことができるので、次回また参加することができたら、もっと長い距離を楽しみたいなと思った。

最後に川の写真。
こんな感じの濁流を下りました♪

プーケットラフティング

Pocket

雨季のプーケットの楽しみ♪ラフティングツアーに行って来た【タイ・パンガー】” への2件のコメント

  1. 私にとってラフティングって今まで経験したことがない
    アクティビティの一つです。どうしても水に入るのなら
    海の方に行ってしまいますので川の方には足がむきません
    でも一度くらいは経験してみるのも楽しそうですね。

    それにしても途中でカエルを投げつけられたりというのは
    少々悪ノリが過ぎるような気もします。なかなかやんちゃな
    ツアーのようですね

    • こんにちは。私もどちらかといえば海派なので、ラフティングははじめてだったのですが、とっても楽しかったです。
      日本の川だともっと流れが激しそうなので、もっとスリリングかもしれないですね。日本でもやってみたいと思いました。

      カエルは、女性がみんな悲鳴をあげてましたね……(;´∀`)
      カエルが本当にダメな人って時々いますよね。私はカエルなら平気なのですが、もしこれが「G」だったらと思うときっと怒りすら覚えると思うので、たしかに悪ノリすぎるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>