タイの田舎に泊まろう![タイ・スラタニ]

Pocket

タイの年末年始のお休みは、日本ほど長くはないけど、多くの学校・企業がお休みとなる。
この期間、 実家に帰って家族と過ごすというタイ人も多い。

私のタイ人友人2人が、スラタニという県の同郷同士。
この2人の里帰りに、純日本人の私と、“プーケット生まれプーケット育ち”のもう一人の友人が、物珍しさについて行ってみた♪

スラタニ県は、 プーケットから車で3時間ほど北東の位置にある。
(※ 地図参照。変な地図で申し訳ないけど、無料画像がこれしか見つからなかったので)

image

プーケットを出発したときは、そこそこ良いお天気だったけど、スラタニに着くと土砂降りの雨。
なんでも、プーケットとは雨季になる時期が微妙に違うらしい。
プーケットでは11月頃に雨季がおわるけど、スラタニはその頃から雨季に入る。
私たちが訪れた12月は、まだ雨の多い時期。

……いやでも、これ、一体何でなの?

だって、スラタニよりも、さらに北東に位置するバンコクは、プーケットとほぼ同じ時期に雨季になる。
タイ中央部・北部など、他の地域も同じ。
間にあるスラタニや、スラタニ沖の島々だけが、雨季がずれているという不思議。
友人に理由を聞いたら、「そういうものだから」的なことを言われた。そうですか……

ーーさて、たどり着いたスラタニの中心地は、そこそこ大きな街だった。
でも少し郊外に出ると、どこまでもどこまでも、南国らしいゴムやヤシなどの農園が広がる。 タイ南部っていうのは、ゴム農園をはじめとして資源・産業に恵まれていて、タイの中でも比較的、裕福な地域らしい。

友人ビアの実家も、ゴム農園の森に囲まれていた。
ゴムの木は少し白樺に似ていて、整然と並ぶ様子がとても綺麗。
優しい木漏れ日と、風が木々の葉を揺らす音に、癒される〜〜

image

ビア宅のお庭で、夕食をごちそうになる。
メニューは、手作りのカレーと野菜炒めのようなもの。
カレーは味はおいしいけど、とんでもなく辛かった。タイ人も咳き込む辛さ。

森に囲まれているからか、食事中に寄ってくる蚊が、異様にでかくて怖い。
私は、長袖のスウェットにジーンズという、かなりの重装備でこの田舎滞在に挑んだけど、巨大蚊はひるむことなく、スウェットとジーンズの上から刺してきた(−_−;)
でも刺されてもそれほどかゆくなく、しばらくすると無くなっていた。

ビア宅は、この日親戚がたくさん集まっていて、家自体もそれほど大きくなかったので、私と友人は、近所にあるホテルに宿泊。

翌日は、ビア以外の3人で、もうひとりの友人の実家へ。

その話は、また次回のブログで( ´ ▽ ` )ノ


↑ゴムの木の森

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>