タイの野良犬たち

Pocket

タイは、どこに行ってもノラ犬がたくさんいる。

タイは暑いので、犬が生活をするにはちょっと厳しい。
日差しが強い日の昼間は、建物の陰や、クーラーの効いたお店の前など、涼しい場所を陣取って、みんな死んだように眠っている。

日本と違って、ノラ犬がいるからって、通報したり追い払おうとする人なんかいない。
むしろ、近所の人がわざわざえさを与えたりして、可愛がっている。
たまにお店の中にまで、勝手に犬や猫が入ってきてウロウロしてたりするけど、誰も気にしていない。

日本でも、私がまだ子供の頃は、たくさんのノラ犬が近所を徘徊していた。
だけど、私の記憶に残っている日本のノラ犬は、タイのノラ犬とは何か違っていたと思う。

日本のノラ犬は、いつもビクビクしていていたり、やたら吠えてばかりいるような、神経質な性格の犬がとても多かった。
でも、タイの犬たちは、みんなのんびりしていて温和。
人間のことなんてほとんど気にしていないか、しっぽを振って懐いてくる犬ばかり。
(たまに病気っぽい危ない犬もいるので、近づいてはいけないけど)

この違いは、気候のせいじゃなく、人間が犬をどんな風に扱っているかの違いなんだろうなって思う。
昔の日本には、ノラ犬が敷地に入って来たら、乱暴に追い出したり怒鳴ったりする人がたくさんいた。だから、犬たちも警戒心が強く神経質な性格になった。
敬虔な仏教信者の多いタイでは、昔から生き物を大切に扱っていたんだろうなって思う。

今の日本の犬たちは、運良く優しい飼い主に巡り会えれば、健康に長生きして、とても幸せな一生を送ることができる。
だけど、そうじゃない犬も、すごくたくさんいる。

タイの犬たちは、長寿も安全も得られないけど、みんなが平等に幸せそうだ。
鎖にしばられることもなく、毎日自由に好きな場所に行って、好きな場所で心地よく眠る。

どっちの国の犬の方が、より幸せなのかなって、思う。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>