ダイエットにイイかも? タイの家庭料理ナムプリックとごはん【タイ料理】

Pocket

タイ料理って、炒めものや揚げ物などけっこう油をたくさん使うものが多く、毎日毎食食べているとときどき、
「もう脂っこいタイ料理はイヤーー!」って思うことがある。

そういうときに助っ人になるのが、ナムプリック
そして付け合せに野菜と魚と、主食の白いごはん♪

ナムプリック

写真にうつってる魚、なんかの動物のミイラみたい〜〜(;゚ Д゚)
これは、「プラートゥー」と呼ばれる、タイではとても一般的な魚。
アジみたいな味(シャレではなく)で、クセがなくてなかなか美味しいと思う。

そしてナムプリックは、一言で言うとタイ風ディップ(つけだれ)。タイのサルサソースみたいなものかな〜?
野菜や魚にこのナムプリックをつけて、ごはんと一緒に食べるのが、タイの昔ながらの家庭料理スタイル。
日本で言う「粗食」にあたるタイ料理が、これかもしれない。

市場やフードコートなどに行くと、よくナムプリック専門のお店がある。
ナムプリック専門店では、どのお店でも数種類のナムプリックを売っていて好きなものを選べる。
野菜や魚も、好きな種類を好きなだけ選んで買う。

ナムプリックは基本の材料はにんにく・唐辛子・カピ(えびみそ)・ナンプラーで、それらにさまざまな食材を加え、そのまま食べたり加熱したりして作る。
それぞれの家庭、地方、お店によってレシピが様々あって、とても奥が深い食べ物らしい。

辛さはさまざまだけど、基本的には日本人にとってはかなり辛く感じるものが多い。
でも、魚風味でスパイシーでコクがあって、辛いものが好きな人なら日本人の味覚にもかなり合うんじゃないかなと思う。実際、私は大好き。
白いごはんに、軽く湯通しした葉野菜とほぐした魚をのせて、ナムプリックをかけて、さらに日本の醤油をちょっとだけ足すのが私がハマってる食べ方 (*´∇`*)

脂分は少ないし、魚と野菜をたっぷり食べられるので、非常にヘルシーなメニューだと思う。
タイの人たちは、このナムプリックやソムタム(パパイヤサラダ)なんかをよく食べているから、太らない人が多いんだろうな〜

私も、炒めものだのカレーだの油や糖分が多い料理をやめて、かわりにこれを毎日食べたら、きっと健康的にダイエットができるような気がする!
うーーんでも、そもそも白いごはんがあまり好きではない私には、ちょっと難しい話だけど……

Pocket

ダイエットにイイかも? タイの家庭料理ナムプリックとごはん【タイ料理】” への2件のコメント

  1. 我家の休日のランチの光景にそっくりです。
    ただ我家の場合は、プラートゥーはないので代わりにイカや魚の干物になります。こういう食事ですと脂っけも多くないですのでヘルシーな感じですね

    ナムプリックは作り方も色々あるようですね。
    イサーンはタイのなかでもしく文化的には他の地域と異なる物も多いですが、ウチで作る場合は、ジャックフルーツの缶詰を使ってつくる物が多いです。写真のものよりはもっと汁気がないものが多いようです。手で丸めたカオニャオを指先に持って親指を使ってナムプリックをちょこっととり一緒に食べると言う感じで食べています。

    ナムプリックに限らずソムタムも同じようにして食べたり時にはヤムのタレをカオニャオに吸わせたりとご飯中心の食事スタイルですね。白いご飯が苦手というakikoさんとは対象的に「米がないと生きていけない。アジアで良かった」と思っている私にはご飯を食べすぎてしまいます(笑)
    なので私はタイに行くと太るのかな(爆)

    • こういうお料理は、日本の普通のタイ料理レストランではなかなか食べられないですよね。家庭だからこそ味わえるスタイルだと思います。
      ジャックフルーツの缶詰入のナムプリック、そういうのもあるんですね〜。フルーティーですごく美味しそうです。もしいつかナムプリックを自分作る機会があったら、真似してみようと思いました。
      イサーンの方は、ナムプリックもやっぱりもち米で食べるんですね。こちらは、普通のお米で食べる人が多いです。もち米を食べるのは、イサーン料理レストランに行った時だけ、っていう感じです。いろいろと違いがあって面白いですね (*´∇`*)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>