タイの食べ放題レストランの定番、その名もムーカタ[タイ・プーケット]

Pocket

タイの鍋料理といえば「タイスキ」が有名だけど、ローカルの人たちには「ムーカタ」と呼ばれるスタイルの鍋も大人気。

「ムーカタ」は、直訳すると「豚鍋」という意味。
ジンギスカン鍋のように、中央の盛り上がった部分で豚肉を焼く。そしてそこから落ちてくる肉汁が周りのスープに落ちてダシになり、そのスープで野菜などの具を煮て食べる。
鍋というよりは、タイ風の焼き肉といった感じかも?
もともとはタイの北部で流行していたスタイルで、それがあっという間にタイ全土に広がったらしい。

こうして見ると、本当に美味しそうだ〜〜♥♥

ちなみに写真は、うちから歩いて3分ぐらいのところにあるムーカタ屋さん「ナーヨック・ムーカタ」で撮影。
このお店、私が市場に買物に行くときにいつも横を通るんだけど、いつ見ても大繁盛してる。

つけだれは、多分お店によって多少違うんだろうと思うけど、私が今までに行った事があるお店は全部、タイスキのたれと同じようなピリ辛味だった。
だったらタイスキとほとんど同じじゃん、ってなりそうだけど、全然違う〜〜
ムーカタはタイスキとは別の魅力がある。

なんといっても安い (*´∇`*)
「ナーヨック・ムーカタ」(うちの近所のお店)だと、180バーツ(約550円)でいくらでも食べ放題。
プーケットは全般に物価が高いので、バンコクあたりだと100バーツぐらいのお店もあるらしい。

どのお店も必ずビュッフェスタイルになっていて、鍋の具材は好きなだけ選べる。
また、具材だけじゃなくて、揚げ物や焼きそば等のお惣菜も食べ放題。

お店によっては、お寿司コーナーがあったり、魚やエビなどを自分で炭火で焼けるシーフードバーベキューコーナーがあったりする。
それらも全部込みで、180バーツ!

肝心のお肉の味はどうかというと、まぁぶっちゃけ「そこそこ」といった味だけど、この値段で好きなだけ食べられるんだから文句無し。
タレや野菜の美味しさのおかげもあって、お箸がどんどんすすむ♪

今後プーケットに遊びにこられる予定の方々、もしローカル向けのお店にチャレンジしてみたかったら、一緒にムーカタ屋さんに行きましょう (。・ω・)ノ゙

Pocket

タイの食べ放題レストランの定番、その名もムーカタ[タイ・プーケット]” への1件のコメント

  1. ピンバック: プーケットタウンのレストラン「SPグンガタ」で、焼き肉・鍋料理ほか何でも食べ放題〜! | Phuket Diary

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>