スープが絶品!プーケットタウンのスープ&おかゆの専門店ゴーベン(Ko benz)【タイ・プーケット】

Pocket

カオトム

クイッティオ(タイ風ラーメン)から麺だけを抜いたような、具だくさんのスープ料理のことをガオラオと呼ぶ。
プーケットタウンオールドタウンの近くに、このガオラオとカオトムタイ風おかゆ)の人気店があると聞いて、行ってみた♪

このお店を教えてくれたのは、先日プーケットに遊びにきてくれた日本人の友人たち (*´ω`*)
彼女たちはプーケットに何度か遊びに来ていて、私以外のローカルの知り合いがいるので、私がまだ知らないお店もたくさん知っている。

お店の名前は、ゴーベン(タイ語表記はโกเบ๊นช์)。
私の家から徒歩10分ぐらいの場所にあり、日頃からバイクでしょっちゅうお店の前を通ってるんだけど、いつ見てもお客さんがいっぱいで、たまに並んでいる人もいたりする。
何のお店かなーとずっと気になってはいたんだけど、ローカルの家族連れや友だち連れが多く、ひとりでは何となく入りづらい雰囲気だったので今まで行く機会がなかった。

友人たちに教えてもらって、そのお店がかなりの有名店だったことをはじめて知る。
あとで調べたら、私がずいぶん前に買ったプーケットのガイドブック(タイ人向けのタイ語のガイドブック)にも載ってた!
なんで今まで気が付かなかったんだ〜〜

お店の外観はこんな感じ。
タイではよくある、壁が無くて全体がオープンになった食堂スタイルのお店。

ゴーベン

とりあえず、壁に貼られていた人気メニューを何種類か注文して、4人メンバーでシェアすることに。
メニュー表に値段が書いてないし割り勘で払ったので正確な値段は分からないんだけど、ガイドブックによると1品45バーツ〜とのこと。

ゴーベン

注文したのは、カオトム(おかゆ)、ガオラオ(スープ)、クワイジャップ(麺料理)、そして豚の骨付き肉の煮込み。
クワイジャップは、タイ料理の麺類の種類のひとつで、平べったい麺がクルっと丸まっている。見た目はパスタの一種のようだけど米麺。

ゴーベン

写真にはうつってないけど、このあと追加でカオトム・ヘン汁なしおかゆ)とインスタント麺入のスープも追加注文。
汁なしおかゆは、盛りだくさんの具がのせられた白米に、別の器に入ったスープをかけて食べる。
お茶漬けのような食べ方で、最初から煮こまれた状態で出てくるカオトムとはまたひと味違った味わい。

いろいろ頼んだけど、どのメニューも基本は同じスープを使っているようだった。
コショウがぴりっと効いていて、あっさりめだけど深みがある豚ダシのスープ、どれを食べてもめちゃめちゃウマイ!!
いつ見ても満席になっているだけのことはあると思った。家から徒歩圏内だし、これからしょっちゅう通いそう〜。

特に私が気に入ったメニューは、クワイジャップと汁なしおかゆ♪♪
このお店のFacebookを見ると、「汁なしおかゆの店 ゴーベン」と書いてあるので、汁なしおかゆが一番人気のメニューなのかも。

このお店、営業時間が19時からなんと深夜の3時まで。
どのメニューも食欲がなくてもさらっと食べられる味とボリュームなので、プーケットタウンのバーで飲んだ後、小腹がすいたときの夜食に良さそうかも。

教えてくれたみんな、本当にありがとう!
短い間だったけど一緒に過ごせて楽しかったです。また会おうねー!


↓ゴーベン(Ko Benz、โกเบ๊นช์)の場所

Pocket

スープが絶品!プーケットタウンのスープ&おかゆの専門店ゴーベン(Ko benz)【タイ・プーケット】” への2件のコメント

  1. まだタイでガオラオもカオトムも食べた経験がない私です。
    ただインスタントのジョークは好きで日本でも売っているのを見かけると思わず手が伸びてしまいます。常に我が家に在庫がある状態です。

    こちらの写真を見ると、かなりの人気店のようですね。こういう風に地元の人でにぎわっているお店というのはよいですね

    • ま〜くさん、こんにちは。
      タイには美味しい食べ物が本当にたくさんあるので、タイ旅行中にあえておかゆやガオラオを食べようとは、あまり思わないかもしれないですね(^ ^;。こういった人気店であれば別かもしれませんが。
      どうやらこのお店、夕食のあとの夜食に利用する人が多いらしくて、9〜10時ぐらいに通りかかるとたくさんの人が並んでいます。プーケットで行列のできる店は結構めずらしいです。
      インスタントのジョークは美味しいですよね。私も家に常備しています♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>