プーケット名物?の海藻料理♪at レームヒン・シーフード【タイ・プーケット】

Pocket

海に囲まれたプーケット島は、シーフードが名物。
島内には、先日のブログで紹介したガンエンやパトンのサボイ・シーフードなど、有名なシーフードレストランが数多く点在している。

⇒「海沿いのシーフードレストラン「ガンエン@ピア(Kan Eang@Pier)」【タイ・プーケット】

先週、そういったシーフードの有名店のひとつ、「レームヒン・シーフード」に行ってきた。

レームヒン・シーフード

レームヒン・シーフードは、プーケットタウン市街地の北東の方角にあり、ココナッツ島(ゴ・マプラーオ)に向かう船が出発する桟橋のすぐそば。
ここに至る道中ではイスラム教徒が多く住む集落を通るので、ムスリム独特の短い円筒形の帽子をかぶった男性たちがぞろぞろと通りを歩き、モスクでお祈りする姿を見れたりして、ちょっとだけ異国の雰囲気。

店内の写真を撮り忘れてしまったんだけど、テラス席のすぐ横は海。
海の向こうには、ココナッツ島が見える。
ロケーションも味も最高のお店 (*´ω`*)♪

このお店に、プーケットならではの一風変わったシーフード料理があったのでご紹介。
エビの揚げ物なんだけど、エビと一緒にあまり見たことがない不思議な植物のようなものがくっついている。

レームヒン・シーフード

この植物の正体は、海藻
なんでも、タイの他の地域では食べられない、このあたりでしか取れない珍しい海藻とのこと(友人談)。
名前は「ブア」とか言うらしい。
タイ語では蓮のことも「ブア」っていうけど、多分発音か綴りが微妙に違うのではと思う。

食べてみたら、フライにしてあるせいかもしれないけど、風味や香りなどはほとんど無く、クセの全く無い味。
見た目は硬そうに見えるけど、全然そうでもなくて、サクサクとした軽い食感。
食感を楽しむ食べ物なのかな?
とりあえず、甘くプリッとしたエビたちと一緒にチリソースにつけて食べたら、とっても美味しかった。

プーケットの人たちは、以外と海藻を食べる。
他のお店でも、これとはまた違う種類の、ノリのような黒いワサワサとした海藻を食べたことがあるし。
プーケットのシーフード料理店に来たら、他では食べられない海藻料理にチャレンジするのも良いかも♪


 

レームヒン・シーフードへの地図

Pocket

プーケット名物?の海藻料理♪at レームヒン・シーフード【タイ・プーケット】” への4件のコメント

  1. 変わった食べ物ですね。
    プーケットでしか食べられないとなると、そちらに行った時は要チェックですね。
    日本でも海苔を天ぷらにすることがありますがそんな感覚でしょうかね。

    タイ語の発音は難しいですね。
    微妙は発音の違いを訂正されてりしますが、私の耳には
    その違いが判らないなんてこともしばしば発生します。

    • ま〜くさん、こんにちは。
      プーケットだけでしか食べられないかどうかはわからないのですが、おそらく、プーケット周辺やタイ南部だけなのでは、と思います。プーケット内の他のシーフード料理店でもこのメニューを扱っているところは結構あるみたいなので、こちらに来る機会がありましたらぜひ食べてみてください。食感は海苔の天ぷらに近い感じですが、海苔よりも風味が無いです。クセがなさ過ぎて、ものすごく美味しいというわけではないのですが、話のタネにはなると思います。
      タイ語の発音は難しいですね〜 タイ語を学ぶ上で一番の難関なのではと思います( ´ ▽ ` ;)

  2. 来月、初めてプーケットに行きます♪
    ガイドブックよりAkikoさんのブログでの情報の方が見ていて楽しいし濃い〜〜ですね。
    場所も詳しく書いて下さってるのでぜひ何軒か行きたいと思います。
    魚介、、おいしそうです!!

    • maryさん、はじめましてこんにちは。コメントありがとうございます!
      プーケットに来られるんですね。11月は気温もそれほど高くなく、良い季節だと思います。
      プーケットのガイドブックって、どれを見ても情報が古かったり少なかったりしてイマイチですよね……私のブログも情報に偏りがあるので人のことは言えませんが、少しでもmaryさんの旅の参考になれば幸いです。
      プーケットのシーフード、美味しいですよ(*´ω`*)。プーケットはシーフードレストランが本当にたくさんありますので、ぜひ行ってみてくださいね。
      maryさんのプーケット旅行が、思い出に残る素敵な旅になりますように♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>