日本には明太子スパゲッティが、タイにはスパゲッティ・キーマオがある

Pocket

明太子スパゲッティに和風キノコスパゲティ、納豆スパゲッティなど、日本には日本独自のパスタ料理が多い。
タイにも、実はこういったパスタ料理がけっこうある。
グリーンカレーのスパゲッティ、トムヤムクンのスープパスタ、アヒル肉の醤油煮込みパスタ、などなど。
ご飯に合うタイ料理は、パスタと一緒に食べても美味しい。

こういった料理の中でも特に代表格と思われるのが、「スパゲッティ・キーマオ」。
パスタ料理のメニューがあるお店なら、かなり高い確率で食べられるタイの定番スパゲッティ♪♪

スパゲッティキーマオ

タイには、パット・キーマオと呼ばれる麺料理がある。
バジルとたっぷりの唐辛子、ニンニク、ナンプラーなどで味付けした、具だくさんの焼きそばのようなもの。
この料理で使う麺をパスタに変えた料理が、スパゲッティ・キーマオ。

ちなみに上の写真はカニが入ったスペシャル版だけど、普通は残念ながらカニは入ってない。
たいてい、豚肉または鶏肉や、エビなどのシーフードがメインの具として入っている。

img2

バジルと唐辛子の風味が、パスタと本当によく合っていると思う。
メニューにこの料理を見つけたら、ついつい頼んでしまう大のお気に入りメニュー。

注意しないといけないのは、お店によってはハンパなく辛いときがあること
そもそもこれの元になっているパットキーマオっていうのが、激辛の焼きそば。
少し食べただけで汗が出てきて胃が熱くなるくらい辛いときがあるので、胃が弱い私が注文するときは、必ず「辛くしないで下さい」と言うことにしている。

タイって、普通のイタリア料理のパスタでも、めちゃくちゃ辛いときがある。
辛いものを避けるためにイタリンレストランに行き、普通のトマトソースパスタを頼んだら、激辛で最後まで食べられなかった、なんてこともしばしばあったりする。
タイでは、タイ料理以外のレストランでも油断できない(−_−;)

一番最近食べたスパゲッティ・キーマオは、プーケットの旧市街地にある「ディブーク・レストラン(Dibuk restaurant)」のもの。

img6

写真がイマイチであんまり美味しく見えないけど、かなり美味しかった!
辛さが、かなり辛いけど食べられないことはない、という絶妙な辛さでGood。
値段はたしか200バーツぐらい(約630円)。
他のお店と比べるとちょっと高いけど、ムール貝や大ぶりの海老などがたっぷり入っていて、むしろ200バーツで安いぐらいの満足感。

ディブーク・レストランは、旧市街地の古民家を改築したとっても素敵なフレンチ・レストラン。
以前に見たガイドブックで名前を覚えていたので、通りすがりにひとりでフラっと行ってみた。
お店に入ってみて分かったけど、ジーンズにTシャツの人が一人で行くべきではないお店だったよ、ここ…………( ノД`)

img4
img3

民家にもともとあったらしき中華風の祭壇や折衷的なインテリアなどをそのまま残した、古い時代のプーケット文化を思わせる内装。
素敵すぎる。

テーブルのセッティングやスタッフの対応もしっかりしていて、かなり本格的なフレンチレストラン。
高級店ではないのでドレスコードはなかったけど、一人でパスタだけ注文して食べるのはとても肩身が狭かった。
次は絶対、誰かとデートで来ようと心に誓う。
大きな海老のスパゲッティ・キーマオ、またいつか絶対食べたい!


Dibuk Restaurant(ディブーク・レストラン)

img5

Pocket

日本には明太子スパゲッティが、タイにはスパゲッティ・キーマオがある” への4件のコメント

    • miuさんありがとう。私もパスタ大好きです〜♪♪ 
      プーケットは本当に、美味しいお店・美味しいお料理がいっぱいですよね。

  1. スパゲッティ・キーマオという料理は存在は知っていますが
    いまだに食べたことがない料理のひとつです。
    冒頭の写真のものは海産物が使われていてプーケットらしい
    アレンジのような気がします。

    パッキーマオは日本のタイ料理屋さんでも見られることがあり
    たまに注文しています。大抵は「タイの激辛焼きそば」なんて
    訳がついていますが、残念ながら辛いと思ったことはありません。
    まぁ私の場合はイサーン人が辛い辛いと言っているものを平気な
    顔をして食べている人なので特殊なのかもしれませんが・・・

    Dibuk restaurantは店内も雰囲気が良い感じですね。
    席数は多くないですし、くつろぐことができそうな空間に
    なっていますね

    • スパゲッティ・キーマオは、なんとなくですが女性好みな料理のような気がしますね。パスタのツルツルっとした食感で、パットキーマオとはまたひと味違った美味しさだと思います。
      パットキーマオの辛さはお店によって全然違うのかもしれません。プーケットでも、お店によっては全然辛くないことがあります。でも本来はキーマオ(=酔っ払い)の名前の通り、酔っぱらいも目が覚めるぐらいの激辛で食べる料理だと聞いたことがあります。すぐお腹を壊す私にはちょっと厳しい料理のひとつです。
      Dibuk restaurantはとても素敵なレストランでした。でも、記事に書いてあるとおり、ひとりだととても居心地の悪いお店です( ´ ▽ ` ;)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>